WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)


似て非なるもの

  1. 2018/02/08(木) 20:07:29_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
フルボッコ状態の「あたしお母さんだから」。

ついに原作者が謝罪ツイートで全面降伏に至りました。

ご本人は純粋にお母さんを応援したい気持ちから作詞なさったとのことですが、

「お母さん、いつもありがとう」と料理用エプロン贈って、自己満足に浸ってるような上から目線の自分勝手な押し付けだったという自覚をお持ちではないようで、
料理エプロンって嬉しいですかー?嬉しいものなんですかー?昭和かー???お小遣いか小旅行、或いはその両方の方がずっと嬉しくないですかー????

応援してあげたのになぜこんなふうに拒絶されるのか、内心不思議でしょうがないらしく、多分正しく理解されるのは難しいと思います。
ボロ泣きした女優さんもおられるそうですが、うん、感動するのも自由だから、それは感涙する方もおられますでしょう。

これ、世代を問わず、男あるあるの勘違い、或いは意識のズレ、そして自分は安全圏に居ながらの声掛けだけの応援だと看破された結果だから。
この方、「ママがおばけになっちゃった」という絵本書いてる人だよね。
お話の趣旨は良いんだけど、そもそもママ離れ出来ないのが当たり前の幼児がわざわざ母親を亡くすというシチュエーションから始める辺りが、元々危うい人だった。


あら、タロちゃん、お手伝いしてくれたの、ママ嬉しいわー、ありがとねー なレベルから脱却出来てない自覚は到底無いんだろうから、そういう人に応援されても嬉しくないってのがお母さん方の正直な気持ちでしょう。


ともあれ、
#あたしお母さんだから で炎上始まって

#あたしお母さんだけど やら

#お前お父さんなのに やら

皆さんの気転と速攻ぶりに脱帽しつつ色々なアンサーソングが出てきて楽しいですが、
ワタシも調子こいて「ワタシ介護者だから」「ワタシ長男の嫁だから」で下書きしてみたらー、
ドン引きしかしない不平不満と悪口雑言だけのオンパレードで、全然笑えなくて、自分で読み返して思わず公開自粛(マヂで笑えないわー)。


猫飼いヴァージョンはかなりの名作で、絶賛の声が広がっています。
興味のある方は「あたし猫飼いはじめたから」で検索してみてくだされ。

猫飼いでも犬飼いでも、動物飼っていなくても、ほっこりさせてくれる微笑ましい良い詩です。



同じような詞調なのに、何故一方は完膚なきまで叩かれ、一方は評価されるのか。

色々考えてみたんですが、

「母という役割だから」ではなく「猫飼いはじめたから」という主体的な選択に基づいて、過去の自分も否定せず、今までの生活には無い様々な変化を受け入れ楽しんでいる姿に共感が持たれ、かつ心が打たれるのではないかと。

「あたしお母さんだから」も同じだと主張される方は、いやー、同じだと思う、そこがもう全然違うんですよ。あれ言外に押し付け感が凄いんだものとしか言えません。

少なくとも前者は聴くほどに拒否感湧いてきて、後者は「そうそうそうなのよ」と同意されてるんですから。

応援てね。
難しいんです。
声掛けりゃいいってもんじゃない。
寧ろ、その熱意が相手を傷つけ苦しめることだってあるんだから。

歌で応援したいのなら、「頑張れ」と言わない応援を心掛けるべきです。
いや、当該文中には「頑張れ」という文言は入っていませんが、暗に「いいお母さんを頑張らせようと」している雰囲気がプンプンと〜。
「応援」とか意図せずとも、聴いた人が「これ私への応援歌だ」と思って、初めて応援になるんだから。

ただ、だとしてもあまり行き過ぎた拒否反応で「母性」の否定にまで議論が及んでたりすると、それは全然別の話だよなあと思うわけです。

子供はお母さんが大好きで、
だからお母さんは元気で居なくちゃ。

テケトーに 頑張れ。






——————————————————————————————
このブログはこんなオニヨメが書いてます。ご挨拶&ご案内→
——————————————————————————————
ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2018_02_08  [ 編集 ]

副鼻腔炎手術

  1. 2018/02/07(水) 23:22:09_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
昨日、じゃっくさんが地元の耳鼻科で副鼻腔炎手術を受けました。

大事をとって、当日だけ関連病院に入院し、今日帰宅。

本人が持参した現金が全然足りなかった(5万しか持ってなかったのに、入院した関連病院だけで2万かかった)ので、
術後のメールがいきなり「金足りない」って、アンタ、事前に費用概算の説明聞いてないのー!?

銀行で10万下ろして耳鼻科医院に行って、ガーゼ摘出と消毒中のじゃっくさんと合流、一緒にドクターの説明も聞いてきました。

まだ切除部位から湿潤液混じりの出血があり、炎症抑える薬や粘膜修復薬のみつつ、4時間おき程度の鼻洗浄しながら、食事も入浴も、お酒もちょっとだけ普通にしてます。
出血あるので鼻腔に綿球詰めてるのが、ちょっと笑える

今回は左側だけで、また来月今度は右側の手術を受けます。

手術に至る経緯と、部分麻酔による手術レポはまた改めて。

それにしてもネタに不自由しない一家だなあ〜。






——————————————————————————————
このブログはこんなオニヨメが書いてます。ご挨拶&ご案内→
——————————————————————————————
ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2018_02_07  [ 編集 ]

見事な幕引き

  1. 2018/02/06(火) 10:35:29_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
有賀さつきさんが亡くなられました。

病名は故人の意向で伏せられていますが、

2016年から体調不良、激痩せ、カツラ使用だったということで、

唯一の身内である父親(84 母親は2年前に死去)にも一人娘(15)にも詳細は告げず、
「ちょっと体調不良なので入院して、良くなったら帰ってくる」と聞いておられたというお父上の呆然としたご様子からも、

まあ、その、やはり乳ガンあたりではなかろうかと想像される訳ですが、
でも、お父上は強く否定されておられた。

しかも、初発じゃなくて再発だったんじゃないかな。
ワタシも乳ガンと子宮体ガンで、ブログでは何度も書いてますけど、リアルで知ってるのは実家と婚家と国賓家、あとは介護関係者くらいで、

友人や近所は誰も知らないからなー。
そおなんですのよ。義親二人在宅介護してて、その最中に乳ガンと子宮ガンの手術したなんて近所は誰も知らないので、仮にワタシが近々に再発して死んだら皆さん、凄く吃驚されると思います。

有賀は離婚して、

フランスの料理学校の「Le Cordon Bleu(ル・コルドン・ブルー)」代官山校・菓子本科を修了
フランス菓子コンクール「シャルル・プルースト」シニア(22歳以上)部門3位入賞
近茶流懐石料理本科修了
漢字検定準1級、英語検定準1級、TOEIC930点、小型船舶操縦士2級、モータースポーツライセンス、アロマコーディネーター等々、

色んな難しい資格も幾つも取ってて、

年老いた親と娘を自分が守って行かねばと考えておられただろうに、

どんなにか心残りだっただろうと思う一方で、

本人以外では手続き出来ない金融口座の閉鎖等々も滞りなく済ませておられたということも聞こえてきて、
シングルや事実婚の人にはこれ本当に融通の利かない法の冷徹

でも、この件もお父上は正しくないと言っておられる。

最後の入院の意味というか、残された時間の覚悟はご本人にはかなり明確だったようなので、

以前、ワタシがちょこっと交流させていただいていた乳ガン患者の方も、
トリプルネガティブ乳ガン(生物学的悪性度が高い、早期に再発、治療が困難)で脳転移が発覚したにも関わらず、MCAセキュリティ(Microsoftの試験 2009当時)を受験し、見事合格。

「今度はMCPをもう一つ取れば、MCDSTという上級資格が取れるのでそれにチャレンジしたいな~と思っています。
※MCP070-271は昨年取得済です

という、大変ポジティブな方で、

「勉強は楽しい」
「何もしていないとどうしても病気のことを考え、不安で押しつぶされそうになる」
「それを救ってくれたのは勉強だった」
「勉強に没頭している間は病気のことを忘れられた」
「死の恐怖に取りつかれて日々悶々と過ごすよりも、夢のあることをするのがいいじゃないですか~」

と、とことん明るく書いておられ、

余命も切られていない、そこそこ健常な生活を送れているにも関わらず、努力すること勉学に励むことを嫌い、怠けてズルすることばかり考えていた自分を心から恥ずかしく思い、反省したものです。
でも全然、心入れ替えてないってところがどうしようもなく度し難い

ともあれ、

不適当な表現かもしれませんが、今は正直、天晴れな幕引きという言葉しか出て来ません。

ご冥福をお祈りします。





——————————————————————————————
このブログはこんなオニヨメが書いてます。ご挨拶&ご案内→
——————————————————————————————
ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
2018_02_06  [ 編集 ]

脊髄反射

  1. 2018/02/05(月) 10:00:29_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
片手に火炎瓶、心にお花畑
唇に呪詛、背中に無責任を〜♪
ジュリーの「サムライ」風に口ずさんでくだされ

今、「あたし おかあさんだから」という歌が炎上しているらしい。
で、検索して見たら、なるほど

確かに、ツッコミどころは満載 笑だけど。

そこまで言われるほどではないように思えるし、毎度のことながら、発端はこの歌なのにどんどん論点がズレてる気も。

作詞された方は純粋に「お母さんへの応援」を綴られたつもりだと言うし、
恐らくその気持ちに偽りは無く、この事態はあくまで受け手側の捉え方によるもので、

あの、泣ける「トイレの神様」にも噛み付いてる人はいた訳ですし、

その昔、さだまさしの「関白宣言」騒動もこんな感じだったし、
チューリップの「虹とスニーカーのころ」もかなりの歌詞だったけど、

今はSNSというツールのせいで(おかげで?)、同志同胞も寄り易いし、そうなると瞬く間に散見してた主張が奔流と化して世間を席巻、結果物凄いバッシングに恐れをなした発信側が平身低頭して退却〜という図式が多い。

本来、ネットの共有感て、もっと建設的に救いと癒しと励ましを盛り立てるべきものだったと思うんだけど、
火炎瓶片手に市中警備でもしてるようで、大変そう。

何か、自分も被害者だー被害者だーってシュプレヒコールしながら徒党を組んで押しかけてる一種の暴力みたいでねえ。

皆さん、いちいち媒体に脊髄反射しててお疲れになりません?
そこまでフラストレーション溜まってるって、ちょっと怖いわ。





——————————————————————————————
このブログはこんなオニヨメが書いてます。ご挨拶&ご案内→
——————————————————————————————
ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

2018_02_05  [ 編集 ]

さよなら日劇

  1. 2018/02/04(日) 14:19:17_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
byenitigeki.jpg
TOHOシネマズ株式会社の運営する「TOHOシネマズ 日劇 」は、2018年2月4日(日)をもって閉館。
——————————————————————————————
このブログはこんなオニヨメが書いてます。ご挨拶&ご案内→
——————————————————————————————
ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

2018_02_04  [ 編集 ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード