Category骨折騒動 2/2

周知のところとなる筈が

ダンナさん骨折騒動記 4じゃっくは、男性の割には、指が細く長い(爺様の手とそっくり)のだけれど、今、ギプスの先から覗いている指先は、別人のようにパンパンに腫れ上がり、肌の色も黒ずんで茶色っぽい。痛みはあまり無いようだけれど、肘上から掌部分まで、がっちり固められたギプスが重くてしんどいそうな。この日の、ワタシ達の夕食(爺婆様とは別メニュー)は、幸いな事に、中華の鉄人陳健一の陳さん麻婆豆腐だったので、左...

  •  4
  •  0

まず、予習

ダンナさん骨折騒動記 3じゃっく「お前に申し訳なくてさ。車も運転出来ないし、字だって左じゃ満足に書けない。こんな年末の忙しい時期に、俺、お前の手伝いどころか、ウチの年寄り二人に加えて、俺までお前のお荷物になっちゃうなんて」確かに、社内各人の負担は増加するとは言え、外部代写を手配したりして、何とかじゃっくの穴埋めが可能な会社に対し、我が家はどう贔屓目に見ても、POTEの負担だけが倍増する訳で、でも、まー...

  •  10
  •  0

経緯と内容

ダンナさん骨折騒動記 2ダンナからの電話に、ちょっとスイマセンと、和室から廊下に出て、通話ボタンを押し、POTE「はい、POTE。どうしたの?何で、メールじゃないの?」じゃっく(ダンナ・仮名・本人はジャック・バウアーを気取ってるらすい)「ちょっと、報告する事があって」POTE「は?」じゃっく「実は、骨折してしまった」はい~~~~!?∑( ̄[] ̄;)!!!聞けば、納品の途中で転倒し、手を突いたところ、衝撃があり、...

  •  4
  •  0

その時、電話が鳴った

ダンナさん骨折騒動記 1ことは、11/21(月)の晩。爺婆様が夫々の通所からご機嫌良くお帰りになり、夕食、与薬、爺様に目薬点眼して、歯磨きして、パジャマに着替えさせ、歯磨き・トイレの済んだ婆様のパジャマ着替えを手伝い、ポータブルトイレセット、眠剤の用意、翌日着る洋服の選別と、ベッドサイドのウェットテッシュが終わってしまったので、新しいのを詰替え、婆様のお喋りに付き合っていたら、ケータイが「電話です」と割...

  •  5
  •  0

予告

次回から、新章突入。タイトルは「ダンナさん骨折騒動記(仮題)」乞うご期待。(ワタシは元気です)(ただ、ちょっと忙しいです)(お返事、もうしばらくお待ち下さい)ランキング参加中よろしければクリックを拍手して下さるアナタに感謝...

  •  4
  •  0