WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Category [爺様入院騒動2 ] 記事一覧

本ボシ確定

爺様入院騒動2010 その6・完婆様の病院から、東△伊勢崎線と亀☆線を乗り継いで、最寄り駅から徒歩5分の、◯田中央病院へ。3階に上がり、ナースステーションの入口近くに居る男性看護士に声を掛ける。POTE「昨日、ICUに入れて頂きましたPOTE村爺(仮名)の家の者ですが」ちょっとお待ち下さいと言われ、廊下で待っていると、別の看護師が出て来て、どうぞと招き入れてくれた。一番奥のベッドですと言われ、ごつい医療機器を避けなが...

立って歩けてこそ

爺様入院騒動2010その5爺様が入院したおかげで、一日の時間の使い方は物凄く自由になりましたー。ヽ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノだって、ダンナが出勤しちゃえば、本来手抜きな掃除洗濯なんて30分もあれば終わっちゃうし、(そもそも一番汚してた張本人が入院で不在なんだから)リハパン交換や着替え、顔拭き、食事、薬、目薬、歯磨き介助しなくていいって、なんて自由でパラダイスヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!。で、早々に家を出て、ファミレスでお昼...

嘘つき嫁は何枚舌?

爺様入院騒動2010 その4爺様を入院させ、何日ぶりかの夫婦水入らずの外食ランチのひと時の後、婆様の病院へ。いつもなら午前に来る筈の息子夫婦&爺様が、午後になってから、しかも爺様抜きで息子夫婦だけが来たことに、婆様は無邪気に「お爺ちゃんは?」と尋ねてきたが、鉄面皮POTEの「今日は私達だけー!」に、婆様「お爺ちゃん、来るって言って困らせなかった?」POTE「大丈夫、口開けて寝てるから」に、あっさり納得して下さ...

準備万端整えて

爺様入院騒動2010 その328(日)状態変化なし。おむつにおしっこあり。大量。さすがに空腹になったようで(最後の食事は金曜の通所介護のお誕生会のお昼ご飯)、表情もかなりはっきりし、ご飯食べます?の問いかけに「うん、そうだね、食べようか」と返事してくれたので起こそうとしたが、やはり痛みがあり断念。ことここに来て、漸くPOTEが119番通報を決断。 \( ̄^ ̄)/ 決定!!お産でしか病院に入ったことのない婆様と違って、...

救急車呼んでいいのか悪いのか

爺様入院騒動2010 その2ダンナも同様だったようで、翌27(土)は出勤日だったので、まず6時にダンナが起きだし、トイレとガスのスイッチ入れがてら和室の様子を覗いてみたら、取り敢えず、生きては居る。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ息はしてるし、ベッドで寝てることは寝てる。ただし、布団は半分ずり落ち、夜中に大きな物音は無かったけれど、入り口のふすまは全開、トイレのドアも開けっ放し。階段下の収納扉も開いてると言う。( ̄□ ̄;)や...

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード