WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日々のたわ言
CATEGORY ≫ 日々のたわ言

「寄与」の解釈

「寄与」=社会や人のために役に立つこと。貢献。例「世界平和に寄与する」




長いし、今更ですし、あまり面白くないので、おヒマな方だけどうぞ。






まず、

民法では相続人になれる人を決めており、

亡くなった人(被相続人)の夫・妻(配偶者)は常に相続人で、直系卑属(子、子が死亡していれば孫)が第1順位の法定相続人になります。

第1順位の法定相続人がいない場合は実父母、養父母が第2順位、実養どちらの父母もいなければ祖父母が相続人、

第2順位もいない場合は亡くなった人の兄弟姉妹、兄弟姉妹が亡くなっていればその子(甥・姪)が第3順位となります


が、



お気付きのように、亡くなった人の配偶者以外、相続人は亡くなった人の子や孫、親、兄弟と血の繋がりのある人に限定され、
子の配偶者、孫の配偶者、甥姪の配偶者は

「相続」には一切絡みません。


と言うか、基本、相続とは同居別居に限らず血族対象の民法の話であり、
子以下の配偶者は無関係の「他人」
です。
相続人リストに子や孫の名前の欄はあるのに、嫁や娘の夫は名前書く欄が無いんだぜ。



という基本をまず押さえておいて、ですね。

この「法定相続人」の中に、亡くなった人の財産(法定相続人全員に分配相続される財産)を増やすことに特段に協力した人物がいた場合、

単に直系家族というだけで相続に浴する人と同列に扱うのは如何なものか。

増やすだけでなく、相続財産減少を防ぐことに尽力した場合も同様で、相続が開始された時、当該財産が有るのは相続財産の増殖に協力した相続人がいるおかげであり、その働きのおかげで、他の相続人も恩恵にあずかることができたという考え方です。

その貢献分を考慮し、貢献した相続人には他の特段な働きのなかった人より優遇しようという制度が「寄与分」です。


口開けて待ってるだけだった他の血縁者より、貢献のあった相続人の働きを評価し、感謝し、相続額を増加させる という配慮です。


で、


共同相続人のうち、特定の相続人だけに増加を認める制度ですから、基本重視の法定相続分制度においては重大な例外になりまして、

どのような形でもすぐ寄与分が認められるかというと、そう簡単には参りません(笑)




民法上、寄与分が認められる場合は、
「被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付,被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした」場合に限定されています(民法904条の2第1項)。


まず一つは被相続人が事業を行っている場合に、その事業に関して労務を提供、つまりは事業を手伝って、被相続人の財産の維持や増加に貢献した場合です。

また、被相続人に対して、生活費や医療費等の援助などの財産的な給付を行い、それによって、被相続人の財産の維持や増加に貢献した場合も、寄与分が認められる場合に当たります。

さらに、被相続人が病気などになってしまった場合に、その療養看護をしてあげたことによって、被相続人の財産の維持や増加に貢献した場合も、やはり寄与分が認められることになります。

これら以外でも、被相続人の財産の維持や増加に貢献したといえる場合には、やはり寄与分が認められることになります。

ただし、上記のとおり、寄与分が認められるのは、あくまで「被相続人の財産の維持や増加」に貢献した場合です。

したがって、単に被相続人の事業に協力したり、財産上の給付をしたり、療養看護しただけで、結局、被相続人の財産が減少することを防ぐことに貢献できなかったり、財産を増加させることに貢献できなかったりした場合には,
寄与分は認められないことになります。
アタシ一人になんもかんもおっかぶせておいて、公平だなんて冗談じゃないわよー!とか、
介護したくらいで一人占めしようなんて欲張り!許せないー!とか、
血で血を洗う争いはこういう良かれと思って作られた制度によって一層助長されてるような気が。

こういう例を見ると、実子介護っつーのもご苦労が多いなあと。
一人っ子ワンオペ介護もしんどいとは思いますが、一致団結協力体制取れるなら大勢兄弟は有り難いですが、役立たずの口先外野だらけなら雑音対応で却って気疲れ多そう。


たとえば、被相続人が認知症となり、その介護をしたとしても、その介護によって被相続人の財産の減少を防止したり、または増やしたといえるような場合でなければ、
現行法上、介護したことだけでは寄与分は認められません。
この辺が如何にも在宅介護が少なかった頃の法律だよね。
介護しながら株で大儲けしてる人なんて、居なくは無いだろうけど、出る額の方が絶対多く無いか?
老親介護で仕事も失い、自分の貯金も親の貯金も切り崩し、今日明日生きるのだけで精一杯の実子さんがどれだけいると思ってんだ。

売れっ子作家で印税でビル建てちゃったり、マンション建てられるレベルならまだしも、小冊子級の出版印税なんてお小遣い程度で寄与だの遺留だのといったレベルでは無いような。
記念としての仕事の意味合いの方が大きいと愚考してますけど。



しかも、繰り返しますが、ここまでの説明はあくまで共同相続人の人達
亡くなった人の 夫 妻 子 孫 親 兄弟 甥姪 の話
でありまして、

子の配偶者、孫の配偶者、兄弟の配偶者が
亡くなった人と何年同居していようと、
口の中からお尻の穴まで世話した実績があったところで、

それは相続には全く無関係の話になります。

ヨメの端くれと致しましては、食事、洗濯、掃除、買い物、着替え補助、スケジュール調整、与薬、電話連絡、支払い、美容院予約、車椅子外出付き添い、
喀痰補助したり、オケツ覗いて軟膏塗ったり、摘Benしたり、Ben付着した下着手洗いしたり、夜中のコールに飛び起きて駆けつけたりしてんのに、単なる同居の他人扱いって。


まず、この同居配偶者の実績を評価する法律の立法を早急に実現されたい。

つか、

世の中「察してくれる人」なんて滅多に居ないんだよ。

労働に見合った報酬くれよ!!

義親のシモの世話なんか1日も早く卒業してえーーーー!!!






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

ひ孫王子夏の来訪

もう間も無く到着予定。

コブサラダ作ったった。

詳細は夜にでも。



…すんません、王子と遊び過ぎて足腰にきたので、詳細は後日にさせてくだされ。
とりあえず、おいでになったのは甥くんと嫁子ちゃんとひ孫王子です。
京都から取り寄せた生ゼリーセット、お土産にいただきました。
国賓ご一家来訪は今回は無しです。
東京下町は9水は37℃というとんでも猛暑でしたが、昨日今日は最低23℃最高27~25℃とゆー、え?夏終わり?というような肌寒さで、楽でした。
コブサラダとなすと豚バラのポン酢炒めはワタシが作りましたが、来訪が確定した時点で馴染みのイタリアンシェフに泣きついて、食べ応えの有る前菜5種類テイクアウトオーダーして、それを皆で頂きました。

そして、明日はワタクシ的ラスボス、実家ジツボ詣でが控えております。
ジツボと弟はさらに険悪関係になり(苦笑)、近所に住んでいながら最近は顔も合わせていないそうです。
(その分、弟嫁ちゃんに間に立って頂いていると思われ)
(弟嫁ちゃんにワタクシ、土下座しても足りないくらい感謝しております)
これだけ実子全員に毛嫌いされてるっていうのに、あの人は自覚も自省も無いんだぜ。
2~3時間義理果たしたら、とっとと帰って来るべ。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

東京は猛暑になるらしい

予報では37℃。所によっては38、39のところも出そうな雰囲気。

不要不急の外出を控えるようアナウンスが出されていますが、

今日はこれから進物品購入で、日本橋まで出ます。
(´Д`;)/ヽァ・・・

ほんとは昨日のうちに行ってしまいたかったんだけど、

結局、昨日、婆さまは和太鼓イベント欠席だったので、
(朝起きたら台風はもう日本海側に抜けてたのに)
(さんざんニュース映像で河川氾濫や暴風雨の映像見てたら、これから東京が大荒れになると固く思い込んじゃってて)
(帰りが大変だの何だのとゴネ、ものすごく改まった態度で「お休みさせてください」)
(そうまで言われちゃあ、イベント参加だけでお風呂もないのに無理に送り出すのもどうよって)
(で、欠席の電話連絡入れて、10時のお茶とお昼と15時のフルーツ出して休んでもらいました)

今日の通常デイにはご機嫌よく出かけてくださいましたので、

これから、なるべく地上を歩かないルートでバラの包装紙の老舗百貨店まで出張ってきます。

浅草橋までJRで行って、地下鉄の都営浅草線で日本橋、地下道でB1出口が一番陽に当たらなそう。

北陸東北は大雨、近畿九州も局地的な雨を警戒する予報が出ています。
東京はお盆は済んでいますが、全国的にはこれからお盆休み。
どちらさまもご無事でお過ごしください。

前記事のお返事はすみません、帰宅してから書かせて頂きます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

ついに洗面所照明が

先週から調子悪かったんですよ。

脱衣所兼婆さま専用洗面所の照明。

チカチカしてるので、キックバネ式のカバー外したら、丸形蛍光灯が真っ黒。

慌てて手持ちの、昔間違えて買ってきた昼光色(青色系)があったので、それと交換して、

一週間ばかりは何事もなく済んでいたんですが、

じゃっくさんが出張に出かけた今夜、夕食後の婆さまが歯磨きしてる洗面所の照明がずっとチカチカしてるのに気づき、

蛍光灯交換したばかりなのにな〜と再度カバー外してみたら、点灯器(クリアタイプ)が真っ黒。

うわうわうわ、これも交換しないとダメだったかーと、脚立持ってきて、新しいのと交換したんです


が、



点灯器も蛍光灯もチカチカするだけで、安定点灯せず。


ぐぬぬぬ〜?と困った時のグーグル先生に
「蛍光灯 点灯器 交換してもチカチカ」で検索かけましら、

「安定器」のトラブル=5~10年が寿命→本体交換 がベターな選択ということのようで。
(2000新築時から使用で、現在2017。蛍光灯と点灯器は何度か交換してるけど、17年って、そらー寿命もはるかに超えてるって)
(経年劣化からの発火とかならなくて良かったかも)
(物持ち良すぎるのも考えものだわ)


ただーし!


先月、リビングの照明交換大作戦では最初から天井にシーリングソケットが設置されてましたので、
(中央のボックス器具ね)
l6.png

取り付け作業はじゃっくさん一人でも出来たんですが、

うちの洗面所の照明、何故か↓天井直付けになってまして、
(居室はオーダーしたけど、洗面所照明はハウスメーカー一任)
(キッチン照明もそうだったんだけど、メーカー一任した照明ってどれもメンテや交換がすっごくしづらくて苦労したわ)
senmenright1.jpg
(参考写真)
(実際は丸い蛍光管の小さいタイプが1本だけ)
つまり、天井から本体外したら、多分配線コードがにょろっと生えてるだけなので、

そこに改めて↓こうゆうソケットを設置しなきゃならないと思われ、
siring.jpg

そうなると、作業自体はそんな大掛かりじゃないんだけど、配線工事になるので電気工事士の免許持ってる本職じゃないとちょっと難しいんですよ。
つか、電気工事士以外の人がやるのは違反。

まあ、地元で親切な電気屋さんがいるので、いよいよとなったらそこにお願いして、

LED照明交換まで依頼するだけなんだけど、幾らくらいかかるのやら。

詳細はじゃっくさんが帰宅してからだなー。
支払いは婆さまのお金からでいいよねー。
車椅子の婆さまがスイッチの点消灯するのも難儀そうだし、今更だけどいっそこの際人感センサー式にしちゃうとかさー。

とりあえず、数日は洗面所入り口のスイッチは使用不可。
(日中は小窓から光が入るし)
(洗面台の鏡の上にも照明があるので、夜はそれを使えば大丈夫なんだけど)
(車椅子の婆さまには、薄暗い洗面所に入ってから洗面台の照明スイッチ入れるのって結構大変だよね)
(なるべくワタシが先に点灯しておくか、いっそ18時〜ワタシ達が2階に上がるまで点灯したままにしておくか)


台風5号の影響で各方面に被害が出ているようです。

相変わらずノロノロした速度で、海や川の近くにお住いの方、山や崖の近くにお住いの方はくれぐれも油断なさらず、命を最優先に考えて行動してください。

係留した船や港の様子、用水路や田んぼの様子を見に行くことは控えてください。

台風が通過した後も高温が続くようですから、適切に冷房して体調を崩さないようにしてください。

被害ができるだけ少なく済むよう祈っています。


明日は本来はデイのない日だったんですが、和太鼓のボランティアさんたちが来るというので、本人大いに乗り気で臨時で参加する予定だったのに、

ここにきて急に気乗りがしなくなったらしく、暴風雨(とは決まったわけではないのですが)の中、わざわざ行く必要もない、そんなひどい天気じゃ太鼓の人たちだって来ないかもしれないと言い出してまして、
(普段から雨だ雪だっていうと、今日は施設が休みなんじゃないかとか言いだしてどうにか休もうとする)
(雨嫌いよねー)

まあ、明日の8時までにお断りすれば済む話ですが、そうなると…台風接近でそれほど遠出もできないとはいえ、ワタシの束の間の休みが一つ消えるわけね…
昼飯も10時のお茶も3時のおやつも用意するのね…
号(┬┬ω┬┬)泣
ま、しょーがねーか。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

放置してて申し訳ない

寒いくらい涼しくなった東京下町で、

我が家は滞りなく、婆さま要介護4、新体制の8月を迎えております。

エアコン無しで居られる快適室温なので、在宅中の婆さまは暇さえあれば口開けて爆睡。

ワタシは要介護4適用の介護サービス申請手続きに回ったり、
庭の雑草と戦ったり、
(じゃっくさんが週末刈ってくれたんだけど、裏の方がぼうぼう状態だった)
フライパンの蓋を買いにニ○リまでチャリで走って道間違えて迷子になったりしてます。
(親水公園自転車ロードで行ったら、大幅に行き過ぎて戻ってくるのに時間がかかった 汗)

ここ数日、茨城を震源とする地震も続いていたり、
某公共放送の朝ドラが一気に緊迫の盛り上がりを見せて来て、

地元の創業80余年の老舗和菓子屋がついに閉店したり、
5月の連休訪問以来、国賓からは電話一本、メール一つ無く、
管理入院間近な筈のよめこちゃんの様子も気掛かりですが、

先日の首都圏の雨では横浜や藤沢、座間の浸水被害があり、
台風5号も接近しておりますし、川に囲まれた当方も正直他人事とは思えません。

台風針路圏内にお住いの方におかれましてはくれぐれも御身お大切に、
皆様のご無事を心からお祈り申し上げます。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝