WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 年内最後の

年内最後の

ショート、先ほど婆様無事出発しました。

今までの夫婦揃ってじゃなく、婆様単独だからショートに入り易いって言われてたのに、
結局、今年は4・5・9・10・12の5回しかショート利用しなかったな〜。
(盆供養に一周忌があったんで、ショート拒否られて、実子は説得する素振りも無く、6~8の猛暑時に在宅だったっていうのもキツかった…)

しかし、ショートの準備って、何で、あー煩雑なんですかね。
(煩雑にしてんのは自分だろと言われれば、まーそうなんですが)
(だって、誰が使ったか分からない箸や洗体タオルは気持ち悪いって、マイシャンプーとか本人が持っていきたがるんだもん…)

荷物表とか、服薬リストとか、申し送り事項とか。

我ながらよくこれ二人分もやってたもんだわ…

そんな訳で…ちょっと寝ます。
(今から?)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

お疲れ様です
編集
ショートの準備ってホント大変ですよね~

せっかく出来た荷物もお迎えが来るまで何度も出しちゃう
父親。あきらめてバックはあきるまで開けっ放しです。
先月なんか言われた通り、介護保険、後期高齢者保険証、
きちんとコピーして薬と一緒に渡したのに、コピーがないなんて言うし
ええ~?っと思ったら施設側が気づいてなかったりと。
POTEさんと同じく私しか荷物が作れない、って困ったものですね。
2013年12月03日(Tue) 16:21
すんごくわかります
編集
行ってくれるありがたみと
準備の煩雑さを天秤にかけるなら
1週間ほど行ってくださってやっとチャラってトコでしょうか。

さてさて山田家のショートてんまつ
どうなることやら
お楽しみに~(T_T)←イミシン
2013年12月03日(Tue) 18:02
>みかんさま
編集
パンパンに膨らんだ(冬場はフリースが多いので)バッグの蓋をようやく閉めて一息ついたら、やっぱりアレやめてコレ持っていくと言われ、バックの一番下に入れたソレを交換しましたよ(怒)。
言うだけの係は楽で良いっすよね〜。

おかげさまで各種検診検査結果も良好なので、ワタシが主介護者の役目からばっくれられる日は更に遠くなりましたが、
ワタシが出来なくなったら間違いなく婆様は施設送りでしょうな。
善良だけど、あの実子さん達がそう易々とワタシに取って代われるとは思えない…(自惚れ?)

コメント有り難うございました。
2013年12月04日(Wed) 08:26
>山田あしゅらさま
編集
いやいや、ワタクシの経験上、事前準備がチャラになるのは数日ショートでは無理です。行った途端に帰って来るまであと何日ってカウントダウンしてるんですもの(涙)
月単位(それだとステイじゃなくて入所扱い案件なので、また別個に契約作業が有ってやっぱり大変でしたが)で漸く実感でしたかね〜。
でも、折角の入所なのに週2で面会(爺様の失禁頻発でしょっちゅう洗い物回収)してたような記憶が…。

ショート顛末とご実家の方も気になっております〜、ワクトク♡あ、いかんハラドキ(汗)

コメント有り難うございました。
2013年12月04日(Wed) 08:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL