在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

昭和の面影

100000hit記念感謝特別企画

この企画は終了致しました。
沢山のご訪問誠に有り難うございました。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

コメント

お義父さま素敵ですね。
馬に跨った兵士姿も凛々しくて素敵でしたけど、ヴァイオリンを弾いている姿も素敵です。
お義母様もずっと楽しげな様子が伝わってきますね。
そういえば、実家の両親も、主人の両親も、みんなこうして一張羅着て写真に納まっておりますね。
デジカメで気軽に写る写真もいいけれど、こうして写真館にて、きちんとポーズを取って写してもらう写真は本当にいいですね。
わたし、本当は結婚したら年に一枚ずつ記念写真を撮るのが夢でした。
「馬鹿馬鹿しいわ!」という主人の捨てゼリフで、あえなく夢は散ってしまいましたね。
主人は、新婚の頃にわたしに対して行った、もはやいじめとしか思えない言動を今になって
「すっごく反省しているから、本当に反省しているから、あの頃ぼくや親がした行為を、もう口にしないで!
思い出したくないんだ!」
と言います。
が、あまり変わりません (^^;;

本当はお祭りが好きなわたしなので
「わたしらが恥をかくから来るな!」という言葉に、低空飛行なりに落ち着いていた鬱が悪化し、ちょっと大変でした。
認知症でなくても、姑を責めたところで、逆上しヒステリックに喚き散らし、手当たり次第にものを投げつけられるだけで何の解決にはなりません。
わたしが気にしないようにするしか方法がないのは、わかっているのですが、
これが本当に難しい

POTEさんのおとなのOFFをゆっくり読ませていただきながら、わたしも自分に合ったOFFを探そうと思います。
100000hit、おめでとうございます。
そして先日は、あたたかいお返事をありがとうございました。

ほんとうに素敵なお写真ですね。まさしく、古き良き時代って感じがします。
お義母さま、いいご友人に恵まれたのですね。介護される本人を気遣っても、介護する側を労ってくれる人って、なかなかいないもんです。
「今でも使えず、お守りとして大切に持っております。」・・・わかります。その気持ちが嬉しいのですものね。

とても記念になる写真ですね~

父親も写真が好きで、押し入れいっぱいの写真を残してます。
あまりに多いので処分もちょっとしちゃったけれど、内緒。
でも何年か後に見てみるとやはり記念になるんでしょうね。

100000ヒットだそうでおめでとうございます。
長く続けるって大変ですよね。
これからも愚痴を言わせてくださいね。
10万ヒット おめでとうございます
素敵なお写真を拝見しました 有難うございます

そう 昔 一人前の男子は 背広に帽子でしたよね
(今は 後ろ姿では15か60かも分からん)

婆様の素敵なお友達の話も 感動です
そのお札を見たら 力づけられますよね
まずは100000ヒットおめでとうございます。
アメブロのマイページが『改悪』されて以来
他社ブログの更新状況が分かりにくくなってしまい
御無沙汰ばかりで申し訳ありません。

セピアの素敵なお写真
しかと脳裏に焼き付けておきますわ。
お爺様イケメン!

PS
教えていただいたcssの変更
・・・ありがとうございました。
ちょっと手ごわそうなので
もう少しかかりそうです。
文字もグレーになったり黒になったりで
うまくコントロールできず。
お見苦しくて申し訳ありません。

PCオンチにも困ったものだ。
30代の頃、写真館の人に頼まれて撮った写真だそうです。
改めて好い漢だったんだな〜と思います。
ワタシがお会いした時はもう70才のお爺ちゃんでしたから(笑)

子供の頃や若くて血気盛んだった頃は、努力は必ず報われる、頑張っただけご褒美が有ると信じていましたが、大人になるとそうとも限らないなと(笑)
頑張っても報われない事の方が多いし、上手くいかない事や好きになれない人ばかり、その中でどれだけ自分の中で折り合いをつけ、スマートに立ち回り、自分で自分を褒められるのか。

反省はしても後悔はしない。
今までもそうやって来ました。
これからも、その生き方は変えないと思います。
(いや、ちょっと変えた方が良い部分もあるってか?)

コメント有り難うございました。
ああ、その節は失礼致しました。お元気でしたか?
こちらこそ、そのように言われては却って恐縮でございます。
婆様は良家の出と言う訳では有りませんが、家族中から可愛がられ大切にされて育って来た人なので、戦中戦後の苦労が有りながら、人を恨まず、憎まず、疑う事をしない可愛い人で、そういう人の周りにはやはり善人が集うようです。
ご友人の方はもう亡くなられてしまわれたのですが、リューマチでお身体が悪いのに随分ワタクシを心配して下さり、ケータイで何度もお話しさせて頂きました。
長年の友人だった婆様だけでなく、あの方にもう会えないのだと思うと、ワタシも無性に寂しくやるせない気持ちでいっぱいです。

コメント有り難うございました。
いつも構って下さって有り難うございます。
爺様の骨折入院から始まった介護ブログですが、無事爺様は送り出せたものの、まだ婆様が残っていて、相変わらずというか一層丸投げ状態の実子さん達にムカムカドロドロしながら何とか毎日過ごしております。

これからもどうぞ宜しく。

コメント有り難うございました。
まさかこんなに長く続けられるとは思っていませんでした。
そして、これほど丸投げされるとも思っていませんでした。
それでも、爺様からは有り難い言葉ももらったし、婆様も娘は別格だけれど、ウチの嫁もそこいらの嫁の中ではかなり「当たり」な方だと、漸く理解して下さったようです。
(やっと?つか、今頃?)

コメント有り難うございました。
更新通知については、フィード(RSS)リーダーというのがありまして、次の記事で提案させて頂きます。
hmltとかcssとかタグとか、馴れないとなんやこらぁ〜〜〜状態ですよね。
でも、根気よく調べて行くと、ユーザーフォーラム(知恵袋とか教えてとか)で答えて下さる方が居たり、動画や画像で分かり易く解説してくれる人も居るので、お母様の為にもまずは簡単なところから挑戦してもいいかと。

そろそろそちらさまの例の一大イベントも近くなって参ったかと存じますし、動くようで動かない割には監督係の目を盗んで勝手に動こうとする「山」のことも気がかりですが、それでも、随分感謝してらっしゃるとは思うんですけどね。
口には出せない恥ずかしがり屋さんだから。
取りあえず健康第一で、皆様ご自愛下さい。

コメント有り難うございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/945-c010527d
<< おとなのOFF・3 | TOP | おとなのOFF・2 >>