WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)


おとなのOFF・2

  1. 2013/11/10(日) 13:49:41_
  2. そぞろ歩き
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
100000hitやら震度4やらありましたが、

引き続き、おとなのOFF続編です。

折角だから、滅多に行けないところ と、
見学予約申し込んで、日本の司法の頂点 最高裁判所 に行って参りました。

他にも皇居とか日銀とか色々候補有ったんですが、2週間前までに見学予約しなければならなかったりで、
突発行程では無理でした。
(まあ、昨今の警備上、今日見学空いてますか、はい、どうぞ なんて訳にはいきませんわな)
(ANA整備施設とか工場等民間企業施設はもっと緩いけど、そっちはそっちで人気が高くてひと月先まで予約満員御礼)

金曜に予約申し込んで、火曜の午後の見学。
氏名住所電話番号職業(専業主婦だけど)を伝えます。

当日、指定された西門に集合。
この日の見学者は6名。
入り口で守衛さんに氏名を告げ、見学者が全員揃うまで待ちます。
(特に身分証等の提示は求められず)

見学者が揃い、指定時間になると、説明係の最高裁職員の方が出て来て、
その方の先導で建物内に入り、

まず、金属探知機の下を通って荷物検査。

その後、見学コースに案内されます。
IMG_0946_convert_20131031205043.jpg
見学と言えど最高裁内部は撮影厳禁なので、
以下は資料と、他の方からお借りしました。

15人の裁判官席が並ぶ大法廷 
前方正面両サイドに掛かっているタペストリーは太陽
back_convert_20131110102201.jpg
後方は月を描いたタペストリー、
05.jpg
頭上には吹き抜け天井、
吹き抜けの画像は←からお借りしました。
m_1003-3-53e63_convert_20131111090550.jpg

大ホール
02.jpg
定礎には最高裁判所が竣工した「1974」年と刻まれている。
またこの下には,最高裁判所長官名の「定礎の辞」が刻み込まれたブロンズの銘板、和紙数枚に墨書された「最高裁判所庁舎新営の記録」が鉛の箱に収納されて埋め込まれているらしい。
teiso_convert_20131110101913.gif
以前見学された方のブログでは売店に案内してもらって、見学記念のお買い物が出来たようですが、
今回売店には連れて行ってもらえませんでした。(やはり警備上の問題か?)

で、せめてもの記念に、最後トイレ使用して、見学終了。
帰りがてら、衆参議員会館周辺もお散歩しましたが、
あちこちに警備の警官が盾持って立ち番してて、うっかり写真でも撮ってると臨検受けそうだったので、
気後れして国会議事堂だけ撮って来ました。
IMG_0947_convert_20131031205207.jpg

続きます





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
2013_11_10  [ 編集 ]

<<昭和の面影 | BLOG TOP | 久々の震度4>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード