WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 台風26号

台風26号

10時現在、台風26号は茨城県沖を北上中。

幸い東京都心では若干の交通機関の乱れは有れど、順次再開、通常運転に戻りつつあるようです。

婆様はデイが休めるんじゃないかと内心大いに期待していたようですが(笑)、

送迎車は時間通りに来てくれましたので、とっととお出かけ遊ばしました。


じゃっくさんは10時に四谷にある担当校に出向く筈が、

何度も電話連絡するも不在で、
(先生が居たら2コール以上待たされる事が無いそうで)
(つまり誰も教員室に居ないということらしい)

そうこうしているうちに、架線に浮遊物が引っかかったとかで、JRが止まったりして、
結局、10:25現在まだ家に居ます。


今回はグリーンカーテン(まだやってます)支柱も倒れず、

生け垣や植木も倒れず(危なそうな背の高い鉢植えは昨日のうちから寝かせといた)、

2年前直した塀も無事でしたが、


伊豆大島の方が大変な被害を被っておられるようで、心底驚きました。

死者7名、連絡の取れない住民の方が30名。

住宅が立ち並ぶ町中の映像も出ましたが、何軒ものお宅の玄関や外壁に、

有り得ないサイズの巨大な木の根っこや株や枝がへばりついてるって…


だって、あそこ川なんか流れて無いじゃないですか。

そもそも伊豆大島にそんな大きな河川なんか無かった筈なのに、

低地だっていうだけで、あんなんなるんすか?


それだけ膨大な降水があったということなんでしょうけれど、

越谷の竜巻被害といい、災害がどんどん身近になってきているようで怖いです。

都は自衛隊に対し出動を依頼したそうです。
(伊豆大島は東京都)

被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げ、一日も早い復旧を祈ります。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

ご無事で何より
編集
昨夜の風雨はさすがに激しかったですが
近隣にさしたる被害もなく台風は去って行きました。
しかし未だ、ゴウゴウと強い風はふいています。

当地も数年前の豪雨で市内に死者が出るほどの惨事となったことがあります。
その時でさえ、気付かず「すごい雨だねぇ」と言いながら、暑いからと窓を少し開けて就寝していました。
朝になってニュースで知ってびっくりしたのを覚えています。
ほんの数キロの距離で起きていたことでした。

まさか自分の身には降りかからないだろう…は不遜な思い込みなんでしょうね。

被害に遭われた方たちに心よりお見舞い申し上げます。
2013年10月16日(Wed) 14:08
>山田あしゅらさま
編集
自宅からJR最寄り駅間では、さほどの被害はなかったので、安心していたのですが、午後買い物に出たら、幹線道路の五叉路交差点付近は床下浸水してしまったようで、
水は引いていましたが歩道は一面泥だらけ、
スーパーの床はたった今水拭きしたんですか?というくらいペタペタで、
その並びのマンションではEVの地階ホールからポンプで排水作業の真っ最中だったという…

いやいや、一歩間違えば危なかったかも。

コメント有り難うございました。
2013年10月16日(Wed) 20:38
編集
すごい風雨でしたね。10年に1度の大型で強い台風だったとか・・・
被害がなくて幸いでした。
私の住む地域も、大きな被害はなかったようです。
夜中から明け方にかけては、かなりの風雨でしたが、7時に起きたら晴れていて、仕事に行くのにも問題なく、ほっとしました。
千葉の成田にいる息子の所は、あちこちでかなりの冠水があったようで、送迎バスが、冠水・渋滞・迂回の連続で3時間遅刻したと言ってました。
小田急線も新宿~秦野間が止まってましたが、幸い今は電車通勤者がいないので特に問題はありませんでした。
昨日の仕事は、台風前に買い物を済ませようというお客が多くて、すっっっご~い混みましたが、その反動で、今日は暇~^^

大島など、被害が大きかった地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。
2013年10月16日(Wed) 23:15
編集
台風の被害に遭われた方は本当にお気の毒としか言えません
遠く離れたここY県でも風が強く今日は今から片付けです
昨日一日風が酷かった
新しい台風も発生したようですどうぞお気をつけください
2013年10月17日(Thu) 08:46
びっくり
編集
とんでもないところでとんでもない被害が出ちゃいましたよね。
本当に気の毒で。
台風雨が来るので覚悟してたら、予想とは全く違って被害は出ませんでした。それが一番なんですけどね。
まだ台風は発生しそうな様子なのでお互いに気をつけましょうね。
2013年10月18日(Fri) 17:44
>しーさま
編集
やはり水害に弱い江東三角州。
今日は信用組合に行ってきましたら、途中の歩道脇の花壇やら京葉道路の中央分離帯の植栽の土がごっそり減ってました。
歩道に残ってた泥はこの土だったようです。
ウチは無事だったけれど、周辺ではかなり冠水したらしい。

で、この後また27号が来るかもって…猛暑の時も思いましたが、もうええって。

コメント有り難うございました。
2013年10月18日(Fri) 20:25
>ツンデレさま
編集
京都嵐山の人達も、遠くの被災のニュースを見て「気の毒に」と思ってたでしょうし、
伊豆大島の人達だって、嵐山の浸水被害を見て「大変だ」と心配なさってた事でしょう。
明日は我が身。
いつなんどき、呆然と立ち尽くす住民として映像に乗るか、分かりません。

コメント有り難うございました。
2013年10月18日(Fri) 20:25
>みかんさま
編集
島嶼地方の生活は台風とは切り離せないとはいえ、この被害状況は尋常ではありませんね。
長年の経験と土木技術、治水事業の成果をあざ笑うかのように、我々人間の予想を超えた天災が降り掛かって来ます。
人間なんて無力なものだという思いを改めて実感しますが、それでも、お身内を亡くし、家を失って、どうしたら良いか分からないと茫然自失の伊豆大島の人達には、今直には無理だとは思いますが、気持ちを強く持って、復興に向かって立ち上がって頂きたいと思います。

コメント有り難うございました。
2013年10月18日(Fri) 20:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL