WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ お返事です

お返事です

>7/15 拍手からコメ下さったIさま

続きでお返事させて頂いております。




ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

>7/15 拍手からコメ下さったIさま

お久しぶりです、お元気でしたか?

決して積極的にやりたい訳ではないんですが、とにかく現状把握するには目視しなくちゃなりませんし、摘便(厳密にはその前段階ですが)もやっちゃった方が本人にも状況を説明し易いので。

見えない部位の異常って、恐怖感があるみたいなんで、すぐ「どうなってる?酷くなってる?」と心配します。

時々、背中に発疹が出たりして参加しなくて良い外野が「酷いことになってる」と考え無しに放言するので、修正するのが大変です。
「確かに、健康な状態じゃないですけど、ワタシ的には予想してたのよりずっと綺麗ですよ、大丈夫、そんなに心配しないで、酷くなんかありません。もっと酷い状態を知ってますが、それに比べれば可愛いもんです」
かなり盛って安心させないと、不安感から一層悪化するので、便確認なんかより、こっちの方が苦労します(笑)

コメント有り難うございました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL