WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 盆支度

盆支度

仏壇の奥からお位牌出して、

過去帳開いて、

真菰敷いて、

提灯各種飾って、

ほうずき飾って、

お花飾って、

甘いものに果物、ジュース供えて、




準備完了。
IMG_0773_convert_20130711224338.jpg
明日朝、なすときゅうり賽の目に刻んで、
ツワブキの葉(ホントは蓮の葉だけどうちはツワブキでやってます)に盛って、
小さく束ねたミソハギと、
水碗用意したら、

棚経においでになる菩提寺住職を待つだけ。

あ、あとお布施だ。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
わっ!すごい〜!
地に根付いてるおうちって、ほんと大変なんですね。

うちなんか両親は旅先。(二人とも宮崎人です)
親戚がご近所にいるわけでなし。
それゆえ極めて合理的に仏事を執り行ってきた母は
難しいことは何も言い伝えてくれませんでした。
信仰は厚かったのですが。。

父の初盆も、東京と同じく1ヶ月早いこの15日に行う予定ですが
もう全くの家族だけの初盆。
お寺さんは、さっと来てそそくさと帰って行く…

お仏壇だって、いつもより少しお供えが華やか、って位で
なぁ〜んにもありません。 ありがたいことです^^
2013年07月12日(Fri) 00:53
写真で納得
編集
ほほお~ こうなっているのですか!地域に根ざした風習をきちんと守っている、って感じですね。POTEさんのこと、心から尊敬いたします。

こちらは8月お盆です。夫の新盆なので、吊り提灯買おうかな。置くタイプはあるのでこれ以上いらないかな~と思っていました。でも、吊り提灯ならいいですね!

義母のショート中に納骨を済ませたので、義母の状態は落ち着いています。
ただね・・・毎日シーツとパジャマまで総とっかえで洗濯するのは、ちょっと・・・

早急に夜用の大型パッドを購入せねば!!
2013年07月12日(Fri) 08:34
豪華
編集
義母さんがおられるから、用意もいろいろと豪華ですね~

誰も来ない我が家、適当です(笑)
親の世代の親類はなくなってしまった人ばかりですものね。

それより、先日母親の死因の決着がまだついてないと、県警の方が見えてびっくり。もう丸2年も過ぎてるのに、何を今更。確かに施設のミスですが、今更騒ぎたくもないし、若い介護士の将来もあるので穏便に、とだけ伝えました。
2013年07月12日(Fri) 08:56
>piccoさま
編集
地に根付いてるのは「婆様」だけで、ワタシは見よう見まね、じゃっくさんに至ってはちんぷんかんです。

棚経は若住職が来て下さいましたが、午前中とはいえ朝から猛暑で、何だか申し訳ないくらいでした。
(って、ワタシが暑くしてる訳じゃありませんが)

コメント有り難うございました。
2013年07月13日(Sat) 15:27
>かたくりさま
編集
いやいや、本来ならお仏壇の四方に青竹立てて、そこにほうずき飾って、提灯は一対で何対も並べて…というのが本式だそうですから。
(東京の狭小住宅で、そんなスペース有りませんて)

おシモのことは本人もお辛いですが、世話する方も大変ですね。
お疲れさまです。
今のオムツはかなり高性能ですので、一晩タイプで大丈夫な場合が多いですが、うちも爺様が朝起こしに行くとシーツまで洪水になるので、パッドの中心部にハサミで切れ込み入れて、どうにか周辺滲出を食い止めようと悪戦苦闘してたものです。
(結局、本人の陰部弄りが元凶だったので、ひたすら洗濯するしか有りませんでした)
(ハーフサイズの防水シーツと洗濯機と太陽がワタシのかけがえのない戦友でした)

コメント有り難うございました。
2013年07月13日(Sat) 15:28
>みかんさま
編集
今年は焙烙皿出して迎え火焚くんだそうです。
脳梗塞やってから、爺婆二人を車椅子で外に出すのも大仕事で、迎え火送り火は割愛してたんですけど、今年は何かというと「お爺ちゃんが帰って来るのに」と、すぐ伝家の宝刀を出して来ます。
まあ、来年どうなるか分からないから、新盆くらいはね〜、はー(溜息)

ああいうのって、そんなに時間かかるもんなんですね。
別に遺族側から不服申し立てしてる訳でもないのに、決着がつかないって、誰が納得してないんでしょう。

コメント有り難うございました。
2013年07月13日(Sat) 15:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL