WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

抜けば玉散る

九州、西日本では未だ梅雨が明けず、豪雨被害で大変な思いをなさっておられる方には心よりお見舞い申し上げます。
東京近郊にお住まいの方、今日は暑かったですね~。
水分補給、充分な休養、適度な冷房で御自愛下さい。

ところで、
うちのダンナさんの心臓は、時々不整脈起こします。

年齢的な事や、病歴絡みとか、まあ色々ありそうなんですが、原因は不明。
生死に関わるような発作ではないけれど、このところ割と頻々と起きるので、仕事で車にも乗ってる人だし、回避出来ないタイミングで起きたらやだなーと思うておりましたら、

ダンナさん曰く、最近瀕脈が多いのは、健康ネックレスをしていないからじゃないかと。

れっきとした会社員ですけど、撮影とか現場仕事が多いので、ワイシャツにネクタイじゃないんですよ。
(クレームの客に謝罪に行く時、ネクタイ締めるくらい)

夏場はポロシャツとか襟元緩めの服装が多いので、ごつい健康ネックレスしてると襟元から見えちゃうので、専ら休日にしか付けていなかったんです。

で、思い返してみると確かに、ネックレス不装着時に発作起こしてる事が多いんですよね。
健康レックレスなんて、眉唾ものだと思ってたけど、案外効くのかも。

P「材質なんだっけ?」
ダンナ「モリブデン」
P「…それ、包丁とかじゃないの?」

ゲルマニウムですた。

ヾ(T∇T)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!

(一文字違っただけだって言うけど、カタカナだっつーだけで、一文字も文字数も合ってません)

ともかく、私に爺婆様押し付けて、いち抜けたは許しまへんで。
【 2009/07/25 (Sat) 】 日々のたわ言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・91才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード