さあて、無事お彼岸宴会も終わったし、

2ヶ月ぶりのショートも決まったし、

ど〜こ、行ったろーかな〜と行く先を選定してて、

はたと気づいた。



実父の命日、忘れとった…


||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ?



いーやー、はははっ

ちょうどね、例の宴会の日だったんですよ。

直前までは覚えてたんですけど、もー、接待準備でいっぱいいっぱいで、

すまぬ、父よ。

薄情な長女で申し訳ない。
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

まー、こちらの家と違って、ぜーんぜん信仰心の無い家なので、

年忌法要も3回忌(それも親戚は呼ばず、母と子供達だけ)しかやらなかったからなー。


一応、弟(長男)が近所に住んでるんで、法要としての席は設けなかったけど、
(ワタシも婚家の生き仏(笑)二人抱えて、実家の法事どころじゃなかったし)

7と9回忌は、母と弟で何やらしたんだろうか…
(それすら知らない薄情娘)
(盆と正月だけはデイ外出の間隙を突いて行ってますけど)
(どんどんワタシが老け込んでいくんで(大笑)、実家の方では相当心配してたらしい)
(ワタシも意地っ張りなもんで、ひとっ言も介護の実態は漏らさなかったから)
(いや、知ったら、絶対うちの母親が怒鳴り込んで来るので、もー余計な波風はホント勘弁してほしかった)

(因に、食べきれないほどの食事と持ちきれない土産もので、力一杯客をもてなす婚家と180度異なり)
(うちの実家は、ワタシが行っても何も出ません)
(せいぜいミカンと落花生くらい)
(ダンナ連れてってんのに、お茶も出さないから、「お母さん、お茶煎れて」と言ったら、茶葉が無かったという…)
(そういや、食後にお茶飲む習慣も無い家だっけ)
(で、ですねー、最近は懲りて(ホントに何にも出ないから)途中でお惣菜やら寿司やら炊き込み御飯やらペット茶を買って行くことにしました)

(実家に行くと言うと、義姉上あたりは「良かったね。たまには実家でのんびりして来て」なんて言って下さいますが)
(上げ膳据え膳でヨメに出たムスメを弟ヨメが歓待してくれるのは、ここん家くらい)
(実家で実母なのに、何故ワタシがあれこれ買って、食わせねばならんのか)
(ー'`ー;)

ともあれ、実父は2003.3の逝去だったから、2015は13回忌にあたります。

でも、その前に、今年は爺さまの一周忌だし、来年2014は3回忌だから、

多分、そっちにかかりっきりで、うちの父親の年忌法要なんか、ここん家の誰も気にも留めないだろうなー。

そもそも、先日の命日だって誰も覚えちゃい無かったし。
(おまーもなー)
(実のムスメがそのていたらくなんだから、他人の命日なんか覚えちゃいませんわねえ)


驚天動地のガン告知と余命宣告を受け、

親戚兄弟婚家のトップを切って他界した、あの春からもう11年。

3/25が誕生日で、3/24が命日なので、どうせならもう一日頑張って、同じ日にしちゃえば良かったのに〜とか姉弟で言ってましたっけ。

何年も、桜を見上げるたびに、悔しさと切なさと悲しみが蘇り、歯を食いしばって平静を装っていましたが、

今ではそれほど構えずに、素直に桜を眺められるようになりました。


今年の桜を、皆様はどのような想いで眺められておられますか。

散る桜 残る桜も 散る桜


福島原発、加速する高齢化、TPP、外交、防衛と巷には難問ばかりが山積しておりますが、

桜を愛でることの出来るこのひとときだけでも、皆様が心穏やかに過ごすことが出来ますように。


そして、薄情な親不孝ムスメは、せめて実父のことを思い出し、考えるようにしています。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 14

There are no comments yet.
picco  
なんと!

私、お父さまと誕生日が同じ!
この日、日本で初めて電灯が灯った電気の記念日なんですよね〜☆

生まれ月のせいか、どうにもこうにも桜が好きな私ですが
もう何年も桜を愛でるひと時もありません。


でもね、その前日のお父さまのご命日。
婚家の行事(って言うの?)があろうがなかろうが…忘れて普通ですよ。

私なんて母が亡くなってまだ1年かそこらしか経ってないのに月命日さえ、うっかり忘れます。
母を忘れたことなんてひと時もないのにね〜

何と言っても生き仏さまには日々の生活がありますものね。

2013/03/29 (Fri) 01:44 | EDIT | REPLY |   
panndava  

うちも実家はあっさりしたもので、なにも出ません(笑)
で、信心深くありません。(爆)

ここ、2,3日発熱、癌による痛みで
ばったばったしておりました
もうあまり長くない感じなので、POTEさんのように
いつか桜を見上げていろいろ感慨にふけるのではないか・・・と
まぁ、苦節27年最後まで見送れればと思っております
(むこうもそうだと思っているに違いない)

見送った先輩として何か一言いただければと存じます

そうそう誕生日といえば、私
長嶋茂雄、志村けんと同じです。
最近

アントニオ猪木も同じと聞いて

なんか
悲しいです。



2013/03/29 (Fri) 10:05 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ  
お茶は出ないが

実家に行くときは大抵用事が有る時なのでゆっくりお茶を飲んでる暇はない
旦那が行っても同じ
すまない旦那…って言ったって旦那も大抵忙しい時に行くので飲んでる暇はない
すまない母さん
その代わりに母は色々と持たせようとする
自家製野菜、味噌、漬け物あげく頂き物のお菓子やら果物やら
しかし一人暮らしの母
気を付けないと賞味期限切れの品物も多数

それでも子どもに名にか持たせたいとの気持ちなのでありがたく頂いてます


幾つになっても親にとったら子どもは子どもなんでしょうね
少しPOTE家の義母さんの気持ちわかりますけど、あそこまでは甘えさせてはくれたことは無いです(笑)

2013/03/29 (Fri) 12:54 | EDIT | REPLY |   
みかん  
実家です

父親は兄夫婦が来ると、興奮のるつぼ状態です。

あれも、これももっていけ、あれはないのか?と言いまくりです。
私たちの生活はどうでもいいようです。
兄夫婦は私たちよりずっとお金持ちです(笑)
津波に家を壊されましたが、1千万円かけて、アッ!っというまに
リフォーム完了したぐらいです。
家は値切ってやっと外講工事が出来たのに(笑)

2013/03/29 (Fri) 17:02 | EDIT | REPLY |   
かたくり  
在宅介護ということ

POTEさんの過去の記録を読み返しています。
怒涛の日々だったのですね。。。

義父の最期は癌手術で入院中の夫のこともあり、有料老人ホームにお世話になりました。そこは家族以上に親身になって介護してくださったのですが、19日目に入院、入院8日目に亡くなりました。
夫の外出許可に手間取り、看取りには間に合いませんでした。
そんな経緯もあり、義母は自宅で看取ることを選択したのですが・・・

手のかからない病人とはいえ、孤立無援の介護は、やはりしんどい。

市内に義姉が車で10分の距離に住んでいるのですが、これまで父母の誕生日・敬老の日にすら実家に来たことのない人です。
お盆と正月には表敬訪問にいらっしゃいますが。。。。


寝たきりの義母の容態が好転したのはいいけれど、いつまで連勤が続くのか、今後の介護計画をどうすればいいのか思い悩む日々でした。
今日ケアマネが来て、ショートステイも可能ですよとのありがたーいお言葉を頂戴いたしました。(拍手)
問題は、自宅が3階なので、階段移動をどうするか。
でも、希望が見えてきました。

去年POTEさんのブログを知っていたら、もう少し心に余裕がもてたかもしれません。これからも参考にさせていただきます。POTEさまに、感謝。

2013/03/29 (Fri) 17:23 | EDIT | REPLY |   
TOMAMA  

うちの父も26日 春の彼岸といっしょくたで済ませていた 母流を
踏襲しております(汗)
(あっ母は 〇回忌ってな人目につく事には気合入りまくりでしたが)

実家ねえ… 行ったら 働かされて疲れる が私の印象
歓迎されて のべ~っとしてみたかったなあ 
との思いが 娘にのべ~っとさせて
私 ず~っと ビンボーくじみたいな気が… (;^_^A アセアセ・・・

わっ 昨日 母の月命日やった (@_@。 
でも 死んだ日なんて覚えてなくてもいいやん 適宜思い出す!!
でいい事にしよう (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

2013/03/29 (Fri) 18:45 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>piccoさま

そうなんです。個性豊かで気まぐれで、甘えん坊で威張りん坊で恐がり屋さんの牡羊座でした。
(あ、piccoさんがそうだと申してる訳ではございません うちの父のことです 汗)

思い出すったって、頼りがいのある家長の風格なぞは、残念ながらみじんも無く、厄介ごとがあると逃げて回り、
母や息子に丸投げして、最後美味しいとこだけ攫って行くちゃっかりさんだったことと、

でも、受験の頃は、塾の送り迎え(田畑のある田舎だったので、暗くなると途中で変なのが出没する)で車出してくれました。

婚家では、爺様の両親、兄姉(妹?)、婆様の姉、兄嫁と、何だか毎月どなたかの命日なので、いちいち過去帳めくるのももどかしく、最近の近しい人たちの分は書き出して、いえ電の脇に貼りますた。
(そうしないと、そろそろ怪しくなってる婆様が、○○の一周忌がもうすぐじゃないかと言い出すので)
(一周忌の人は爺様だけです)
(他の方は皆さん、3~4年かそれ以上経ってますっっ)

コメント有り難うございました。

2013/03/29 (Fri) 21:17 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>panndavaさま

ワタクシごときが偉そうに物申すのも如何かと思いますが。(大汗)
うちの場合ですが、その最中は、朝は検温に始まり、食事量や飲水量、排泄内容を記録し、気になることがあれば訪看や訪問医に電話で相談。
普通食が摂れなくなってからは、離乳食みたいにあれこれ工夫し、着替えやオムツ交換時には身体に変化が無いか要チェック。

とにかくやることが多くて、あまり不安だとか心細いといったことを考える暇がありませんでしたし、努めて目の前の作業に集中し、他のことを考えないようにしていたということもあります。
回復してくれれば良いけれど、いよいよ、これは難しいかもしれない。
そうであれば、ワタシに出来ることは何か。
もう食事はおろか水もスポイトで垂らすような段階でしたから、してあげられることは多くない。
だから、なるべく声かけの際は手を握ったり、顔や身体に触れるようにしてました。
体温計だけでなく、体熱を確認する為でもありましたが、少しでも安心してもらいたかったので。
これはワタシ自身、入院中に実感したことですが、誰かが優しく触れてくれるのって凄く安心するんです。

それと、実際にはありませんでしたが、臨終時に下血や吐血もあると聞いていましたので、その覚悟と、漠然とですが、その場合の処置の脳内シュミレーション。
ベッドはレンタルだからどれだけ汚しても返しちゃえば良いですけど、和室は今後も婆様が使うので、畳や壁に飛び散ったら困るから、万一のときは予備の防水シーツ総動員とか…

後は、あまり動揺した様子を家族に見せないようにはしてました。
脳内シュミレーションや終末期状態の情報等々で最悪のパターンばかり想定してたので、実際の場面では「これくらいなら、まだまだ」と妙な余裕が持てて、後日婆様からずーっと落ち着いていたねとお褒めの言葉を頂きましたが、思うに、オムツ交換の時に嗅覚や忌避感が無意識のうちにシャットダウンされるように、動揺したり不安に思う回路も一時的に停止してたような気がします。その方がスムーズに仕事が捗りますし。

つまるところ、考えるより手を動かす。ブレずに自分の信じる心の侭に。そして、慌てず冷静に。
あまり参考にならなくて、申し訳ありません。
何のお力にもなれませんが、POTEはpanndavaさんを心から応援しております。らぶ。

コメント有り難うございました。

2013/03/29 (Fri) 21:19 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ツンデレさま

>賞味期限切れ
はいはい、ワタクシ、傷んだ瓶詰め持たされたことあります(笑)
まあ、これは母が知らぬうちに、父がこっそり味見して、そのまま何食わぬ顔で冷蔵庫に戻し、開封された瓶詰めは冷蔵とはいえ賞味期限を過ぎた為、変質したという…
親御さんは何かしら持たせてやりたいんですよ。
まあ、うちも婆様が居る間はその習慣を踏襲しますけど、代替わりしても継続するつもりはありません。

コメント有り難うございました。

2013/03/29 (Fri) 21:22 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>みかんさま

どうでもいい訳ではないんでしょうけれど、たまに来る人にいいとこを見せたいんでしょうね。
そのことにいちいち突っかかったところでどうしようもありませんが、何だかなーという思いにかられます。
「あの子は可哀想だから」「あの子は苦労してるから」
…ふーん、そーすかぁ?…
(ンジャ、ワタスガ苦労シテナイトデモ?)

コメント有り難うございました。

2013/03/29 (Fri) 21:23 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>かたくりさま

ワタクシもたまに自分の記事読み返して、感動してしまいそうになります(笑)
その時は夢中でなりふり構わずやってきましたが、いやー、アンタ、漢(オトコ)だわ(自画自賛?大笑)
しかも、よそ様の過去ログで、「うわ、この人凄い良いこと言う〜」と思ったら、自分のコメだったと言う…
(誰も見てないけど超赤面)

ショート、早期に実現すると良いですね。
お一人でなく、いろいろな人との共闘で進めた方が、新しい発見もあるし、改良すべき点や保持すべき部分も明確になってきます。
何より、同じような他のご家庭を見聞きするのは、自分だけではない安心感に繋がります。

ケアマネさんと良く相談なさって、3階建ても最近では当たり前ですから、スタッフさん達と協力して良い方法が見つかるといいですね。

コメント有り難うございました。

2013/03/29 (Fri) 21:24 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>TOMAMAさま

そーなんですよ、婚家で小間使いのように働いて(異論噴出だが無視!)、実家でもあれこれ振る舞って(当然、清算してもらいますが)、んじゃ、ワタシの休息はいつなんだーーーっっ!!!と喚きたくなる訳です。
命日だ、彼岸だ、盆だって、所詮菩提寺の陰謀ですよ。(違います)
いつでも、どこでも、その人のことを思い、冥福を祈り、語りかけることの方がよっぽど立派な供養です…よね!
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

コメント有り難うございました。

2013/03/29 (Fri) 21:25 | EDIT | REPLY |   
こらいおん  

私実家と言うものがないので・・・。
接待するだけの人生でございまするぅ~。(;^_^A アセアセ・・・

ってか、父の命日にフィリピンに居ました。
まだお彼岸のお参りも行ってません。
もちろん婚家の墓参りに至っては・・・。 ヽ(* ̄皿 ̄)ヒヒヒヒィ
そのうち罰が当たると思います。ヽ(´▽`)/へへっ

2013/03/30 (Sat) 10:26 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>こらいおんさま

無きゃ無いで、諦めもつくっつーか、「そういうもん」で済みますが、こっちの実家でこれだけ歓待される実娘さんが居る一方で、向こうの実家の扱いはこんなもんで、結局、一人貧乏くじというか、どっちを向いても接待係。
で、薄情ムスメが出来上がるという…(笑)

まー、落ちて来ない実を待って、クチあけてたって、喉乾くのと首傷めるくらいが関の山。
さっさと自分ご褒美でも選んだ方が身の為ですね。

墓参とか供養は…生きてる人の為のものですから、やりたい人はなさればよろしいでしょうし、関心無い人間に強要するのだけは勘弁してほすいです〜。

>罰が当たる
山盛りご褒美の間違いじゃないですか?
孝行は生きてるうちにって言いますよ。
死んでから日参するくらいなら、生きてるうちに来るべきだし。
(でも、そういう自己満足身内が多いんだ)

コメント有り難うございました。
…って、あれ?台湾は行って来られたんですか、それともこれから?

2013/03/30 (Sat) 10:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply