在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

新旧交代

突然ですが、


長らく、ワタクシの同志であり、

相棒であり、

腹心であり、

誰よりも頼りになる無二の親友。


実父の余命宣告、闘病、逝去。

日をおかず自分の発病、告知、入院、手術、治療。

義父の介護の本格的スタート、

義母の脳梗塞によるダブル介護、

ダンナの利き腕骨折による、トリプル介護の最中ですら、


不平不満も言わず、常にワタシの支えであり、

多くの友と繋がる架け橋となってくれた、

ある意味、ダンナ以上にワタシに寄り添い、

喜びも悲しみも、

怒りも笑いも共有してきた、愛するMac i-Book G4が、

ついに、引退することになりました。
( ̄ーÅ)ホロリ

もー、あちこち動作は怪しいわ、
(勝手にスクロールしおる)

ダウンロードは出来ないは、
(ただでさえmacはアプリ少ないのに)

動画再生もカクカクのコマ送りみたいだし、
(最近のテラ情報量動画には全然付いてけまへん)

時々やたら本体が熱くなって、内部ファンが必死に回転しとるし、

それでも、ネットするくらいなら、支障なく使えてはいたんですが、


やはり、いきなりクラッシュされるよりはと、
(それだけは勘弁〜〜〜!!(。´Д人))

じゃっくさんが買ってくれました。


こちらが↓ワタクシの新しい相棒 MacBook Air OS X v10.8 Mountain Lion でございます!
IMG_0593_convert_20130312192703.jpg
美しい…(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

Mac OS X v10.4 Tiger (2005)に比べ、

薄いわ、軽いわ、動作が速いわ。


しかもですね、タッチパッドには慣れてたんですけど、

こやつ、スマホみたいに、タップ、スクロール、ピンチ、スワイプ操作が出来るもんですから、

便利っちゃー便利なんでしょうけれど、

こちらが予期しない動きをするもんで、

ガラケーアラフィフには、順応するのに、時間ばかりかかって大変です。
o><)oモォォォォ〜ッ!!


折角、東京大空襲(3.10)、東北大震災(3.11)と、

色々静かに考え、考察したい時期だったのに、

データの移行やら、フリーアプリのダウンロードに四苦八苦したりしてて、

もの思う余裕すらありませんでした。
ε-(;ーωーA フゥ…


WBCも、当初の危惧はどこへやら、

日本は快進撃を続け、今日もオランダ相手に大量得点しています。
(゚∀゚ノ)ノ


韓国が敗退したり、

キューバが敗退したり、

アメリカでの予選では、ベネズエラも負けてるそうで、
∑(-x-;)ナ、ナニッ?!

強豪国が軒並みコケ負け、或は野球新興国だった国々の躍進ぶりを評価すべきなのか、


スポーツも産業も外交ですら、

確実なんてものはないのだと、

物事は常に変化し、それに対応できないものは撃破され、後塵を拝するしかないのだと、


栄枯盛衰は歴史の必定なのだと、思い知りながら、

最新式高性能のノートブックにひいこら言っております。


そうそう、老健からもケアマネからも、

ショートに関する連絡は未だ無し。

連勤45日目経過…
((((_ _|||))))ドヨーン





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

コメント

新しいパソコンって、慣れるまで時間かかりますよね。
主人も仕事で使うパソコンが壊れて最新機種のノートパソコンになったら、
喜ぶどころか、ため息ついて悪戦苦闘しています。
POTEさん、本当に大変だったのですね
義母さんの介護だけになったとはいえ、まだまだ大変だと思います。
ショートステイ取れるといいですね
やってしまいました、ぎっくり腰。
くの字型に曲がってしか動けません。

それでも動かないと我が家はどうにもならないので
呻きながら動いてます。咳で呻き、くしゃみで呻き
大変です。
家は旦那さんがpcのプロみたいな人ですから
なにかあればさっさとやってくれるのでそれだけが
取り柄です(笑)
いえいえ、実父の逝去で弟が一時無職になったり(現在は復職)、妹が子供連れて出戻って来て、離婚調停がうまく進まず、妹夫が夜中実家に乗り込んで来て、大立ち回りで警察沙汰になったり(その後、じゃっくさんの会社の顧問弁護士先生のお力添えで無事離婚成立、子供も春から大学生です)、
婚家が清く正しく、サザエさん的あるべき日本の家族風景を体現してるような家ですので、羞恥もあり、あまり詳しく話していないのですが、
よそ様から見れば「壮絶」「悲惨」「気の毒」なようでも、当の本人たちは案外淡々と現実を受け止めているという感じで。(笑)
でも、順風満帆、絵に描いたような、愛にあふれた幸せな出自でなかったからこそ、ダブル介護にも普通の人より耐久性があったかもしれません。
(相当危なっかしかったですけど)
(皆々様の応援がなければ、ホントどうなっていたことやら)
それと、本当に大変な状況の人ほど、自分から喧伝しないので、ワタシなど足下にも及ばない状況で頑張っておられる方はたくさん居られます。
ワタシも早いとこショート決めたいですけど、今なおぎりぎりで踏ん張っておられる方にも、一日も早い休息休養卒業を願っています。

コメントありがとうございました。
やってしまいましたか…!
どの部位でも痛みがあるとテンション下がりますのに、よりによって腰ですか。
くしゃみも響きますよね。
なるべくご主人に手伝ってもらって、休んで下さい。
お大事に としか申せませんが、痛みが少しでも軽くなりますように。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/803-6a811dac
<< 物語はここから始まった…のか? | TOP | 「諦めたら、そこで試合終了ですよ」 >>