本日で、拙ブログ5年目に突入です。

かように飽きっぽく、ちゃらんぽらんな性格のワタクシめが、
ブログを続け、
介護を続け、
爺様を無事送り出すことが出来ましたのは、

ひとえに皆様の温かい応援と励ましがあったればこそと、
心よりお礼申し上げます。

益々増長の様相を帯びて参りました当スーダラブログではございますが、
今後とも皆々様の御指導御鞭撻を賜りますよう、すみからすみまでずずずいい〜〜〜〜っと、
御願い奉り申し上げます〜〜〜る〜〜〜〜。

また、ブロ友さまから御紹介に預かり、多数の方の訪問を頂き、コメントも頂戴致して居りますことは望外の喜び乍ら、いかんせん生来のものぐさ故、お返事が遅れることも多々ございますれば、

ここはこーゆーとこなのねーくらいに寛容に受け止めて頂きたく、

また、トップブロガー諸姉の如く、日に数10件ものコメを頂いた場合、当方の処理能力超過につきレス不可能となるのは明らか、

頂きましたコメントは全て有り難く読まさせて頂いて居りますが、場合によってはお返事出来ないこともあろうかと存じますので、その旨ご承知おき下さればと思います。

(○ `人´ ○) タノンマスー!



ところで、

菩提寺から、年会費(維持費)の請求書、並びに3月のお彼岸法要の案内が送付されてきました。
Σ(゚∀゚ノ)ノ

年会費は11,800円。
お彼岸お塔婆は一基6,000円。
(通常は一基3,500円。春のお彼岸は普段より割高…の筈。ましゃか、値上げじゃないだろ)

で、婆様に諮りましたところ、

お塔婆は先祖代々で一基、爺様法名で一基、いずれもじゃっくさん名義での、
@6,000×2

年会費と合わせ、春の祭礼出費は23,800円。

(=n=;)ムムゥ 菩提寺さんとしては、かなり良心的な価格設定と承知して居りますが…







うん、まあね、今年は新盆だし、一周忌だし、来年の三回忌までは、きちんとやるつもりですから。

と、思ってた
(でも出費は婆様のお財布からお願えします〜 ( ̄∇ ̄;))



ら、



婆様「あと、お婆ちゃん(先代 爺様母)の


五十回忌があるしね」






… … … はい?



( ̄Д ̄;)
ごじっかいき?



いや、だって、確か、爺様がお元気だった時に、

もー、三十三回忌やったじゃないですかー。


あれ、「弔い上げ」ってことで、義姉上一家始め、爺様弟妹方ほか親戚関係各位にも御足労賜って、

かなり大掛かりにやったのに、


今更五十回忌って…
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

ただ、その場では「そうですね〜、また近くなったら、その時に考えましょう」と逃げ、

慌てて年月日確認したら、

先代は昭和43年没でらしたので、

五十回忌やるとしても、2017年、まだ4年先の話しです。
ε-(;ーωーA フゥ…


いやいやいや、油断すると、どこまで要求されるか分かったもんではございません。
(声かけられる親戚筋だって、爺様の法要ならともかく)
(先代のって…)
(当然手ぶらじゃ来れないんだし、やっぱり困るでしょう)

びっくらこいて、眉間のしわがまた深くなったので、
IMG_0546_convert_20130210144412.jpg
ミドリムシのエッセンスシートでもして寝ます。

(先日の弾丸突発中部編にて、こらいおんさんに教えて頂いた、多様生物シリーズマスク)
(ヘビと蜂は効き目ばっちしですた)
(近所のスーパーでも置いてあったので思わずゲト)
(ミドリムシ&カタツムリで、ハリとつやとキメを整えてくれるそうで)
(決して罰ゲームではございません)
オホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 8

There are no comments yet.
ぽんぽこママ  
おつかれさまです

POTEさん、お疲れ様です
つくづく頭が下がります
うちは、分家だし、姑さんの素晴らしい(?)性格のおかげで、親戚付き合いがほとんどありません。
あっても姑さん側の親戚ばっかりです
わたしの場合「アンタは他人なんや!」としょっちゅう言われています。
実際、旦那の実家近くに住む姑の姉が亡くなった時も「アンタは来んでいい」と言われ、仲良く旦那と舅姑3人で通夜、葬式と諸々のことをこなしておりました。
新婚の頃は、メソメソしたり落ち込んだり、離婚も考えましたが、
現在は「楽でいいや!」と開き直っています。
でも最近は、老いには勝てないらしく「あんたのことを娘と思っているよ。」と言います。
そんな時は、突き放したりしませんが「はぁ」としか言えないです。
それでも時期が来たら、お世話しないといけないですよね
介護の方法より、舅姑との接し方をいろいろ勉強したいと思います。

2013/02/10 (Sun) 19:36 | EDIT | REPLY |   
山田あしゅら  
5年目ジロー

あ、タイトル 特に意味ありませんから。

たまたま同居
たまたま跡継ぎ(今時死語の世界)
そんだけで
面倒みている間はもちろん
娑婆ご卒業後も何かとわずらわしいアレコレが・・・

わかって嫁して来たんジャンと言われればそれまでですが
ミケンのシワは増すばかり。
ワタシも使ってみようかしらん。
ミドリムシ、カタツムリ、ヘビドク。

何はともあれ5年目おめでとうございます。

2013/02/10 (Sun) 23:09 | EDIT | REPLY |   
みかん  
大福

先日、私の運動練習日に同僚が美味しい大福を持って練習にきました。
どうした?何があったの?と聞けば
ご先祖様の50回忌があったので、おすそ分け、だって。
お思わず「えぇ?50回忌って誰が覚えてるの?」
とのたまったら、「私、月命日もしてるよ」ですって。
上には上がいます。
私は絶対やらないけどね。大福美味しかった(笑)

2013/02/11 (Mon) 09:33 | EDIT | REPLY |   
TOMAMA  
おつかれさまです

5年ですか いやあ~お疲れ様です

正直 爺さまをお見送りしたら 2-1=1 
御苦労は 今までの二分の一に… \(^o^)/
と思っていたのですが どうも小学校レベルではない数式の様で…

五十回忌って…… (@_@。 
うちは父の十七回忌をした時に 
母が「私もう出来ないから 今回で打ち止め」宣言をしたのですが
婆さまはまだまだ がむばるつもりって事ですか??

こらいおん直伝かたつむりパック 手元にございます
感想文のアップ お待ちしています  m(..m)ははっー  

2013/02/11 (Mon) 16:21 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ぽんぽこママさま

いえ、うちだって本家と言う訳ではないんですよ。

でも、爺婆様は困った時は真っ先に駆けつけて力になり、気前良く衣食を分かち合い、正しく親しく付き合って来られた人達ですので、「男はつらいよ」のおいちゃん一家とか「サザエさん」的古き良き時代の人と人の繋がり方を当たり前のこととして体現してきた人達でもあります。

それでも、実際のところ、そのお付き合いも直接交流があった代までで、子や孫の時代となりつつある昨今、余分な出費は切り詰めていくのは当然ですし、そういった交際スタイルまで引き継ぐことは難しい。
これはその代の当事者が判断すべきで、善悪では計れません。

親戚って居れば居たで、口出されたり何かと気を使ったりしなきゃいけませんから、居ないのは寂しいかもしれませんが、確かに楽で良いかも。

>介護の方法より接し方を
そうなんですよ。
介護のポイントは、実は技術よりも、先ず「気持ち」なんですよね。

外野は「愛情があれば」などと、愚にもつかない理想論を言ってきますが、愛情は何の役にも立ちませんし、寧ろ冷静な介護には不必要ですらあります。
愛ではなく、熱意と関心、あと観察力とこまめな記録。
(有事の際の経緯は殴り書きでもメモっておかないと、落ち着いてから思い出そうとしても、時系列めちゃくちゃです)
そんな感じでしょうか。

コメント有り難うございました。

2013/02/13 (Wed) 10:06 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>山田あしゅらさま

「跡継ぎ」「惣領」「長男の嫁」に、面倒くさい役回りだけ押し付けて、「子」は平等の相続権を持つそうです。
それが、我が国の「法」なんだそうです。
…ふぇっふぇっふぇっ…

ヘビ、蜂、ミドリムシ、カタツムリ。
単価100円のコスパはどれも上々。
装着時の心地良さは、カタツムリが一番良かったです。(当社比)

コメント有り難うございました。

2013/02/13 (Wed) 10:07 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>みかんさま

爺様がお元気な頃は、やること無くてヒマだったこともあって、毎日過去帳開いては「今日は誰それさんの月命日だ」「日命日だ」ってやってましたけどねー。
うちの過去帳、享保辺りからの御先祖が全部記されてあるんで、一年の殆どがどなたかの命日なんですけど、そんなの、ひとまとめで良いじゃないすかー(笑)。
「御先祖様が護って下さる」
「御先祖の居ない人は居ないんだから」
「御先祖を大切にしないとバチが当たる」
…反論したいことは山のように有りますがー、もーめんどいので、不心得で不信心で罰当たりな鬼嫁は素知らぬ顔 です。

コメント有り難うございました。

2013/02/13 (Wed) 10:08 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>TOMAMAさま

2−1=2 みたいですよ(笑)。
確かに、夜間早朝コールで叩き起こされることも、オムツも歯磨きも着替え介助も無くなって、身体的には随分楽になりましたし、二人看てた時より疲労感も軽減された分、気持ちの余裕も出てきました。

が、

一人看てた人は卒業だけど、ダブルがシングルになっただけのワタシはまだまだ真っ最中〜。
双六の、「振り出しに戻る」感はハンパないです(笑)。

五十回忌ってねえ…。
でも、それを励みに頑張りたいという気持ちを、無碍に砕くのもどうかと思いますし、実際その時、親戚だってどうなってることやら。

かたつむり、いいですよー。
ヘビも蜂もミドリムシも、皆、潤い効果ばっちりでしたけど、顔に貼った時の気持ち良さはカタツムリがダントツでした。
ナマコもあるらしいんですけど、まだ見つけられません。
是非、多様生物シリーズ踏破してみたいんですけどねー。

コメント有り難うございました。

2013/02/13 (Wed) 10:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply