WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ お返事です

お返事です

>12.2 13:00 拍手からコメ下さったIさま

続きでお返事させて頂いております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

>Iさま

暮れの東京はどこもかしこも綺麗なイルミネーションで飾られ、とても素敵です。

惜しむらくは婆様がショートに行って下さらないと、東京人でありながら、結局どこにも出掛けられないという在宅介護の現実。

12月〜正月休みはショート希望者殺到なので、年明け中旬くらいまで在宅の予定です。
おそらくクリスマスでイルミネーションはおしまいでしょうから(ギリギリ粘って大晦日)、あとはTVや動画で見るくらいです。

先日、ダンナのクルマで二つ隣の駅の大型スーパーまで出掛けたら、途中の町並みが、古い建物が新しいビルになってたり、店が変わってたりの激変ぶりに、まるで浦島太郎でした。

如何にここ1~2年、地元(自宅〜商店街〜掛かり付けクリニック)に拘束された生活だったか、思い知らされた次第です。

でも、爺様を見送ったとは言え、まだ婆様が居ますので、結局振り出しに戻っただけのような…(恐笑)
そこがダブルの怖いとこ。

コメント有り難うございました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL