WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ ハガネの連勤 記録更新

ハガネの連勤 記録更新

前回ショートが8/26~9/5。

その後、爺様体調悪化、逝去、通夜葬儀、諸事手続き、法要と来て、

漸く今日、婆様、ショートに行ってくれました…
(もー、お骨が在る間はここにお爺ちゃんが居るんだから行きたくないとか)
(11月の誕生会(婆様は11月生まれ)が済むまで行きたくないとか)
(しかも、シングル介護になって負担減の筈だから、ショートにはもう行かなくていいとタカ括ってたフシが…)
(んなわけねーだろ)
(行って頂きますっっ)
(出来れば毎月2週間ずつ行って頂きたいくらいですっっ)

恐る恐る数えたら、
連勤、なんと81日でした…キツ〜〜〜

ショートもデイも利用出来ず、ずーーーーーーっと在宅で看ておられる方も居るんですから、
ワガママかもしれませんが、

前回の60連勤は蒸し死にそうな猛暑下のダブル介護で、

それに比べればマシッちゃあマシだけど、

いやでも、爺様が亡くなるまでの数日と、その後の緊張と多忙と相変わらずの一切合切丸投げを考えたら、
(結局、委任状持って預金解約までしましたよ)
(大した額じゃないけど、定期預金が出て来ちゃったんで)
(提出する法定相続人家系図に婆様と実子さん達の名前記入しながら)
(ナニやってんだろ、ワタシ。こんな一銭もならない仕事)
(同じ作業を税理士さんが依頼されればそれなりの報酬なのに、ヨメは御苦労さんの一言ですよ)
(ははっ)

どっちもどっちの、壮絶な日々。

本音はやっぱりショートは行きたくない、明らかに拗ねて御機嫌斜めの婆様を問答無用で送り出し、

東京地方は久々の大雨だったけど、

起きたら(…って、また寝てたんかい)雨は止んで、

既に夜でした。

(もうちょっと有意義な一日にしたかった…)
(いや、考えようによっては、有意義な自堕落ってヤツ?)
(婆様居たら、惰眠貪ることも出来ないもんね)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
あーーー、やっと一息つけますね〜

デイやショート、これはやはり決まり事としてカテゴライズするのがベストですね。
うちなんてついつい甘やかしてしまって、隔週のヘルパーさんでさえ
「今日はどうもしんどい」だの言うので、お断りしてしまうこと度々。

せめてお風呂に入れてもらってほしいのですが…
2012年11月28日(Wed) 01:40
行ってくれ!
編集
私も結構な年齢で、やっと自分のことができる年になったのに、やたら長生きの年寄りのおかげで時間ばかりに追われる運命です。
デイやショートが無かったら狂っちゃうわ。
惚けた母親をデイに送るのも一苦労だったけど、惚けてない父親を送るのもまた面倒。
グダグダ言うお姑さんを送り出すPOTEさんの気持ちがよ~~くわかりますわ。
2012年11月28日(Wed) 08:40
>piccoさま
編集
爺様のように、トイレ介助やおシモ洗浄、ひげ剃り、歯磨き、着替え介助がある訳じゃありませんが、三食と10時15時のお茶(15時はおやつ付き)があって、与薬管理、就寝前にはポータブルトイレセット、起床時にはポータブル洗浄という毎日なんですから、もーいい加減休みくれっっ、ポータブルの尿臭嗅がない日をくれっっって思ってました。
たかがその程度、されどその程度。
ポータブルの中身空けたり、洗浄したことのない外野は「楽になったでしょう」なんてふざけたこと言ってますけど、婆様一人だって立派な在宅介護です。
で、待望の休暇、あっという間に終わってしまいました…
次回は年明け中旬頃かな〜。

コメント有り難うございました。
2012年11月30日(Fri) 19:46
>みかんさま
編集
他意は無いんでしょうけどねえ…
いちいち仏壇に向かって、「皆が具合悪くなっちゃうから、私は施設に泊まりにいきます…」って、何すか、その当てつけがましい言い方は(笑)。
家と違って、朝御飯は遅いし、夜ご飯は早いし、室によって日当りが良過ぎて暑い部屋があったり、逆に日が当たらなくて寒い部屋があるし、トイレは順番待ちになっちゃうしって…
家じゃないんですから、施設なんですから仕方ないじゃないですかー(コブシぷるぷる)
ワタシが具合悪くなったり、介護拒否って出てったら、そんなこと言ってられないんですよー!とは言ってません。
ウチの婆様の環境って、相当恵まれてる方だと思うんですけど、御本人は不自由さばかり感じておられるようです。
長年連れ添った夫を亡くした人に、キツい言い方しちゃいけないんですけど、こっちもそろそろ限界です。
今後は是非、コンスタントにショート利用して頂きますっ(鼻息)

コメント有り難うございました。
2012年11月30日(Fri) 19:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL