WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ ヨメの立ち位置

ヨメの立ち位置

今日、御親戚の方が、先日の法要接待と返礼品のお礼に、わざわざおいでになりました。

お昼時だったので、オriジン弁当人数分買って来て下さって、
急ぎ、きのこの味噌汁とサラダを作り、
3人で美味しく頂き、

お弁当以外にもお土産をお持ち頂いて、

婆様へ、今風のドルマンニットカーディガンと部屋用ズボン、
(若い人用なのでズボン丈が長いから、後で縫ってあげてね だそうです)

じゃっくさんに、ボージョレヌーボー、

で、




… … …

… … …

… … …

おしまいでした。
(  ゚ ▽ ゚ ;) ハ?


ふーん…

身内には手厚い人達だわね。



それでいて、口では「ほんとによくやってくれて」とか「良いお嫁さんで、お爺ちゃんは幸せだった」とか言ってらしたけど、

まー、言うのはタダだからなー。


そういう常識の人達だから、平気で事前出欠無視して夫婦で来て、ワタシの分の仕出し喰って、帰りがけしゃらっと「ゴメンね」って言って、その後なんの謝罪もフォローも無い訳だー

帰りがけ、何も手土産用意しておかず、手ぶらでお帰り頂いたので、

それを知った婆様からは、そんな人の道に外れるような真似をして…と御叱り頂きますた。

柿と鯛焼き買って来て、お茶菓子で出したのは、評価外らしい。

今更だけど、ある意味徹底してて、凄いわ、ここん家。



hannya.jpg

いや、こっちも思わず本性が…(笑)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

でましたね
編集
はんにゃどん。
お腹立ちごもっともです。
でも、分からんヤツ(すみませんよそ様のご親戚ヤツ呼ばわりで)は
どんなコトしてもワカラン。
ああ気の毒なヒト。
そういう人はどこかで帳尻合わせもありましょう。
・・・って、あるのか?

しょーがない。
さらっと高みから流しちまいましょ。
2012年11月22日(Thu) 21:15
裏顔
編集
私も持ってるな~般若
いつもいい顔ばかりしてられないもの。

POTEさんは嫁さんだから尚更大変だわね~
姑さんの意見も聞かなくちゃいけない立場ですものね~
私は娘ですから自分のやりたいようにやっちゃいます。嫌ならでていくぞ!って宣言してますから。
2012年11月23日(Fri) 09:17
>山田あしゅらさま
編集
思い出すだけでドロドロむかむかしてきます。
それでも、婆様達にとっては可愛い身内v-403
ええ、失礼の無いよう接待させて頂きました。
(何だか沢山返礼頂いちゃったので)
(今日は皆にプレゼント持って来たわ)
(いいのよいいの、ほんの気持ちだから)
(あら?ごめんなさい、POTEさんの分忘れて来ちゃった だそうです)
(ふ−ん)
腹の内では、もー悪口雑言垂れ流しでしたわよ、おほほ。

コメント有り難うございました。
2012年11月26日(Mon) 22:41
>みかんさま
編集
60年連れ添った夫を亡くされたんですから、優しくしてあげなければと思うのですが、こちらも生身の人間。
小間使いかハシタ女か?というくらい、次から次へと言いつけられても〜。
大体、前回の8月末のショートから、連勤ぶっ通しでいい加減、体力気力忍耐力が底尽きかけてます。
鬼嫁から鬼そのものに進化しそうです(笑)。
相変わらず実子さん達は逃げるの上手いし。

コメント有り難うございました。
2012年11月26日(Mon) 22:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL