2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

2010 秋、爺婆様ダブル在宅介護スタートを機に、

婆様が費用を出して下さって新規購入した、しゃ/ーぷ/の全自動洗濯機。

爺様の大洪水騒動にもめげず、多い時には一日4~5回、

晴れの日も雨の日も寒い時も猛暑の時も、

黙々と、風呂の残り湯から吸水してくれたふろ水ポンプ

今日突然御昇天

今朝は雨降りの間隙を突いて、婆様を床屋に連れて行き、

その帰り道、どなたかに呼ばれるように、

途中、菩提寺に寄り道したところ、先日石屋さんに依頼した、爺様の法名が既に墓石に彫られてまして、
(これについては、ちょっと仔細がありまして、それはまたいずれ)

良かったねー。これであとは四十九日の法要と納骨だけだねーと帰宅し、
さて、洗濯しようとしたら、昨日までは元気よくウィンウィン言ってたふろ水ポンプが、うんともすんとも言いませぬ。

購入2年でオシャカは短いようですが、何しろ諸般の事情で、

常時ではないですが、失敗モードに突入すると、シーツ(普通のと防水シーツそれに当然着衣一式)のストックがなくなるくらい、とにかく一日の洗濯回数がやたら多かったので、
(朝・昼・午後に、就寝前に洗濯して、夜間干して、翌朝取込むなんざ当たり前)

通常4年で寿命だそうですから、まあ頑張ってくれた方だと思います。

水道水洗濯は出来るから、それでもいいんだけど、ふろ水で節水もしたいので、早速らくteんでネット購入。

早ければ、明日には到着の予定。
(最寄りの電気店や大手家電店だと、取り寄せ一週間掛かるそうですから、ネットショッピングってすんばらすぃー!)

それにしても、家族が亡くなると、なんか厄落としなのか、後追い?なのか、
妙に壊れたり、紛失したりするものが続くってことありませんか?

まあ家族も色々疲れて、注意散漫になってるってこともあるんでしょうけれど、何だか新旧の入れ替わりのように、それまで使っていたものがダメになったりすると、そんな迷信めいたことを考えたりしてしまいます。
(取り敢えず、うっかり道行きに連れて行かれないよう気を付けます)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

【日常】
だいぶ日常が戻ってきたようですね。
ガクッ、ときて転んだりしませんように。
母親が亡くなったとき、ある程度覚悟が出来てたし、大変だったので泣いたりしませんでしたが、それを連れ合いはケロットしてたね、って抜かしました。泣いてどうなるものでもないし、やらなくてはいけないことが多くて泣きませんよね。
【そう言えば】
そうですね
実家の父が亡くなった後実家冷蔵庫が昇天

義母が亡くなった時は空気清浄機
それから私の車のジャッキが突然壊れて
自宅でタイヤ交換出来なくなりました

やっぱりなんか有るんですかね…

突然寒くなったり暑くなったりと天候も不順です
お疲れから体調崩したりなさいませんように
【】
うち、まさに今洗濯機がヤバいんですけど・・・。
これって何かのお知らせでしょうか?

我が家は熱帯通販をよく使ってますが・・・便利です。
とにかく探すのが大変なモノまであっという間にやってきますし、お値段だって高いわけじゃない。
ありがたいことです。O(-人-)O アリガタヤ・・
【>みかんさま】
通夜葬儀で、義姉上やその子供達、遠方の親戚の人達は泣いておられましたが、ワタシは生花の数と火葬場に行く人数と弁当手配、途中帰宅する婆様の付き添いと遅れて火葬場に駆けつける段取りで頭がいっぱいで、全く泣けませんでした。
我ながら、酷いヤツだと思います。
(ワタシだって、呑気に泣いてて良いんだったらそうしたかったですけどね)

コメント有り難うございました。
【>ツンデレさま】
東京も朝晩は随分寒くなりましたが、日中はかなり暑いです。
気温の変動についていけず、風邪引きさんも随分増えて来ました。
ふろ水ポンプにとどまらず、爺様関与のものがいろいろ故障・破損してます。
何だか、いつまでもくよくよと引きずるなと爺様が言っているようです。

コメント有り難うございました。
【>こらいおんさま】
去年、じゃっくさんが骨折した時も密林には大変お世話になりました。
店舗がショールーム化していると言われているようですが、家に居ながら品定めが出来て、注文、翌日(ホントに翌日来ました)配送されるんだから、わざわざ交通費かけて店舗に行く必要ありませんね。
ウインドーショッピングも楽しくて好きですが、如何せん、時間が無い。
婆様一人になったところで、二人も一人も拘束時間は変わりませんね。
つか、婆様という人は爺様より遥かに茶飲み話が長くて(爺様は直ぐ和室に戻って寝たがる人だったので手がかからなかった)、付き合うのも一苦労です。
だからって、お骨と遺影が飾ってある和室に、一人で居ろっていうのもねえ。

コメント有り難うございました。
この記事へコメントする















POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30