WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ がんばれ、日本

がんばれ、日本

オリンピックテンプレートに衣替えしてみました。

連日、熱戦が続いておりますが、

時差8時間のLive中継だと、決勝戦が明方3時4時という、夜は寝ていたい介護者にはかなり厳しい時間帯で、

今回は開会式も、聖火のところだけしか見られませんでした。


とはいえ、金メダル確実と期待されていながら、結果を出せなかった人、

今後の経験の為に出場したら、自己ベスト更新でメダリストになった人、

判定に翻弄された人等々。

様々な悲喜こもごものドラマは、

やはり、ノンフィクションに勝る感動はない との思いを改めて強く感じます。


近所のスーパーでは、いつもは夏の唱歌がBGMでかかってるんですが、

今日行ったら、ゆずの「栄光の架け橋」がかかってまして、

精肉コーナーで、スーパーのカゴ持って、赤ちゃんのバギー押しながら、割とはっきりとサビの部分を歌ってるママとか居たりします。
(シャウトしてる訳じゃないけど、鼻歌や小声程度ではなく、かなりしっかり聞き取れるくらいの声)
(きっと思い出の歌なんでしょう)


アテネ五輪で、日本体操男子が団体で金メダルをとった時の、

最終演技者冨田洋之の鉄棒の着地成功の素晴らしさもさることながら、

実況刈谷富士雄アナウンサーの「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」

の名調子も忘れ難い。

名曲ですよね。

スポーツはもとより、それ以外でも、様々な場面で、迷っている人、傷ついている人を励まし、慰め、導く歌だと思います。

今回の、いきものがかりの「風が吹いている」も、名勝負、名シーンを彩り、

その記憶を振り返る毎に、胸を熱くせずにはおれない思い出の歌となるのでしょう。



今のところ、ワタクシ、アーチェリー女子の、えくぼがカワユイ蟹江ちゃんが気に入っております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

う~ん
編集
今回のオリンピックもlive中継は自粛しとります
応援すれば負けるジンクス未だ健在…
いや私のせいだけじゃあ無いと思いますが

今回のいきものがかりのテーマソングはどうも勝てなかった選手がオリンピックを振り返る様に聞こえて…曲としてはらしくて好きなんですが…

こちらでは熱中症で病院が満床状態です
どうぞお身体お気をつけ下さい
2012年08月01日(Wed) 23:41
行くだけで
編集
私も運動してるし、一応選手として試合もこなしてるけど、元国体選手、って言うだけでとってもかなわない。
それがオリンピック選手となると、雲の上の存在で、国体なんかの低レベルの試合には出てきたりはしない。
オリンピックに行くだけで凄いんだから、メダルなんか気にしないで欲しいわ。
練習した自分を信じて世界を見てきて欲しい、なんて思うのが年寄りだわね(笑)
2012年08月02日(Thu) 09:22
No title
編集
私も車に「栄光の架け橋」とミスチルの「GIFT]、そしていきものがかりの「風が吹いている」を入れて聞いてます。
何だか自分までも頑張れるような気がします。
メダルを取っても取れなくても、頑張っている選手に感動しています。
2012年08月02日(Thu) 10:42
>ツンデレさま
編集
読売巨人軍の熱烈ファンでありながら、「敗北を呼ぶ男」じゃっく。
このところ、出張が連続し、オリンピックが始まったこともあって、殆どTV観戦してませんでした。
したらば原巨人連戦連勝で首位獲得。
で、先日、久しぶりに自宅のBS放送で野球中継見てたら、「引き分け」でした。
まー、負けなかっただけ良かったんじゃないかと。

オリンピックもダメなんですか?
必ずしもツンデレさんのジンクスで敗退してるんじゃないと思いますが…

コメント有り難うございました。
2012年08月02日(Thu) 20:35
>みかんさま
編集
祖国の威信が掛かっているという点では、オリンピックはやはり独特なんでしょうね。
分かり易く金メダルが幾つ、銀が幾つ…と盛り上げるのも結構ですが、たった一人の勝者より、その背後に消えて行った幾百幾千の敗北者のドラマに惹かれます。

コメント有り難うございました。
2012年08月02日(Thu) 20:41
>スティックさま
編集
この日に至るまでの、辛く苦しく厳しい練習が実を結び、晴れてメダリスト、国家の英雄になる人も居れば、メダルには届かなかったけれど、かけがえのないものを手にした人も居るでしょう。
「頑張る」ことの大切さと、何の為に、誰の為に頑張るのか、改めて考えさせられます。

コメント有り難うございました。
2012年08月02日(Thu) 21:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL