すっかり忘れられていた京都一人旅遊興三昧の続きです。

次に向かったのは、じゃっくから是非、行った方が良いと薦められた、東寺。

世界遺産にして、真言宗総本山。別名教王護国寺。

周辺は、幹線道路に囲まれ、車の往来も多く、現代的な普通の町並みなのに、

一歩、敷地に入った途端、

空気が変わるって言うんですかね。

清水寺とか金閣寺とか有名な史跡名刹名所は幾らでもありますが、

ここはちょっと違う。

ここだけ平安のままの時が止まったような、大変静謐な場所という印象を受けました。
IMG_0265_convert_20120627195644.jpg
東京府中の大国魂神社に初詣に行ったときも、同じような「清浄」な感じを受けましたが、

この不心得にして不信心なヨメをもってしても、神聖にして侵さざるべき場所であることを理解せざるを得ない、何か圧倒的な威厳。

そして、唐突に思い出したことは、ワタシはここ東寺が大好きで、

学生、OL時代の友人達との旅行で、コースを決める際に、毎回、東寺に行きたがっていたんです。

結婚して、仕事上、頻繁に京都にくるじゃっくが、プライベートで来ることを避けるので、自然、京都から足が遠のき、そのうちにすっかり忘れていたのですが、
IMG_0266_convert_20120627200817.jpg
ここの金堂や講堂で(写真は講堂…の筈 汗 中は撮影禁止)、菩薩像やら帝釈天、十二神将の像を眺めているのが、大好きだったんです。
IMG_0267_convert_20120627200841.jpg

東寺から市バスで京都駅に戻り、地下街で遅めの昼食。

体験舞妓スタジオへの往復と、東寺往復で、京都観光一日乗車券の元は取れていたけれど、

昼食済ませて、まだ3時だったので、もう一ヶ所観光をと、

じゃっくが以前、京都のタクシー運転手さんにお勧めポイントとして聞いていた

曼殊院 を目指す。

市バス乗り場の案内図に従い、観光客の居ない、地元のお爺さん達に混じって、乗り場に並び、乗車。

途中、買い物客やら通学生達が乗っては降り、

バスに揺られること60分。場所は京都市街地から北東、比叡山方面。
詩仙堂の先、修学院離宮の手前。

一乗寺のバス停で下車し、坂を上ること20分。

うっそうとした木立の中に、曼殊院門跡が現れ、
IMG_0269_convert_20120627200942.jpg

受付で拝観料を払おうとしたところ、

あと、10分で閉館時間で、表門を閉めてしまうということで、

ワタクシ、見学出来ませんでした。(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
IMG_0268_convert_20120627200907.jpg
ここは、大書院や本堂、枯山水の庭園等、大変見所が多いお堂なので、5~10分で、ちゃっちゃと見て回るというわけにはいかないようです。

後日、調べたところ、ここは幽霊の掛け軸を所蔵していることでも有名らしく、撮影は禁止。
勝手に撮って、あとでお払いしてもらう羽目になった人が居るとか居ないとか。

ともあれ、団体客も滅多に来ない、大変静かで渋いお堂でしたので、いつか、じゃっくと二人で訪ねたいものです。

帰り道、竹やぶを抜け、畑の脇を通り、住宅地に出たところで、茶色いヘビさんに遭遇。
ワタシより、明らかにヘビの方が慌ててて、必死にのたくって、敷石の陰に逃げ込んで行きました。
(ちったあ、怖がれ)
(でも、頭上の枝から落ちて来て、肩に乗ったとかならともかく)
(視界内の地面で、60センチ程度のヘビがのたくってたくらいでねえ)

再び、バスに揺られ(今度は45分位で京都駅前に到着)、

夕闇にライトアップされた京都タワーを記念に撮って、
20時の新幹線で帰途に。
IMG_0274_convert_20120627002232.jpg
東京着は22時。

その30分後には、自宅に到着してました。
(流石、都内)

一泊二日の、短い旅行でしたけれど、
思う存分、正真正銘羽根を伸ばさせて頂きました。

いやー、あれですね。

介護しながら、読み聞かせのボランティアなさったり、社交ダンスなさったりしてる方のバイタリティーは一体どこから湧いてくるのか、純粋に不思議だったんですけど、

自分の都合で動き回るのって、疲れないんだー。
YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!



普段、年寄りが動き終わるまで、忍耐強く待ってたり、
ワタシにはまるで興味に無いスピーカー売り場に付き合わされたりしてるから、

いつもあんなにへろへろに疲れてるんだ というのが、よーーーーっっく分かりました。


夏最盛期は暑いし、お盆料金で高いので、次回の旅行は秋のショート狙いになろうかと思いますが、

是非、これを習慣づけて、ワタシのリフレッシュに効果的に活用して行きたいと思います。
ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

ここまでお付き合い頂き有り難うございました。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 12

There are no comments yet.
ツンデレ  

一泊二日とは言え濃ゆい旅行でしたね
私はと言えば長年身に染み着いたタイムスケジュールがなかなか抜けず
出掛けていてもせかせか慌てて帰宅する癖が抜けません
とてもとても介護マスターのあのお二方には到底及びませんし
休みが取れてもなかなか一人で旅行する勇気も有りません
次はPOTEさんもレベルアップしてマスターの方々の後を追われますか?楽しみにしてます

2012/07/24 (Tue) 23:16 | EDIT | REPLY |   
こらいおん  

そ~なのよ、自分の事は元気にできるんでございますのよ。
オホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!

楽しみを見つけられて何よりでございます。
お盆はね・・・どこに行っても混んでるし、都内に居た方が良いかも?
近場でお楽しみって手もありますぜ。 ̄m ̄ ふふ

介護者は普段年寄りに生気奪われてるから、どこかで補充しないととてもとても・・・。
先に逝っちまいそうですわ。

2012/07/25 (Wed) 04:16 | EDIT | REPLY |   
スティック  

本当に自分の都合で動けるって疲れませんよね。
精神的に解放されてるって感じがして。
在宅介護の場合は見えない糸で繋がれている感じです。
介護離れたら、介護の辛さをより実感しています。
今、介護中より食べていないのに太ってきました(汗)
介護中はオヤジに隠れてつまみ食いもしていたのに。
また、どこかに行けるといいですね。
精神的に解放される時間は絶対に必要です。

2012/07/25 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   
picco  
よかったですね〜〜☆

ご自分を解放する方法を見つけられて拍手です!

そしてご主人様のお仕事をずっと傍らで見てこられたこともあってか
お写真がとても素敵です〜

また秋を楽しみに^^

2012/07/25 (Wed) 11:26 | EDIT | REPLY |   
山田あしゅら  
遅ればせながら・・・

POTEさんの京都漫遊記、しっかり楽しませていただきました。
舞子体験、先日テレビでもやってましたね。
ワダアッコはんの舞妓はんはなかなかド迫力でありましたけど・・・
POTEさんの写真も出来ればビッグサイズで拝見したいところ。

え?介護マスターってワタスのこと?
POTEさんのおっしゃる通り、『自分の都合』は別腹です。
(あとは、さっぱりぱりりんこ)

POTEさんの旅行報告。
次はどこかな?
自分のことのように楽しみです。

2012/07/25 (Wed) 15:36 | EDIT | REPLY |   
みかん  
必要!!

リフレッシュは絶対必要~~~!!

中々素敵な旅を満喫されたようで何よりですわ。

明日からまた頑張って介護しようかな~って思えるものね。

2012/07/27 (Fri) 08:28 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ツンデレさま

実は、当初は二泊三日を計画していたんですが、ダンナが四の五の言うもんですから、一泊に短縮しました。
主婦が出歩くには、色々とクリアしなければいけない些末な問題が山積してるので大変です。
でも、思い立ったら行き時ですよ。
マスター令姉には遠く及ばずとも、ワタシなりに自分が楽になる方法を見出せればと思います。

コメント有り難うございました。

2012/07/27 (Fri) 14:17 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>こらいおんさま

ワタシも、手術して、放射線治療にホルモン剤治療受けてるうちに、どんどん体調が悪くなって、うちの年寄りが元気なのは、ワタシから生気吸い取ってるからじゃないのかって、本気で疑ってた時期があります。
外野は親切心で、逝っちゃえば楽になるから、自由になるからと言ってくれますが、これがなかなか逝かないんだ(爆)
向こうが逝くか、こっちが潰れるか。冗談めいて言うんで、誰も本気にしてませんが、これ、かーなーり深刻な問題です。
ワタシが潰れたら、婆様辺りは義姉上に期待してるみたいですけど、在宅は無理でしょうから、保って一週間で施設送りでしょうねえ。
一生懸命尽くすのは美徳ですが、まずは御身お大切に。

コメント有り難うございました。

2012/07/27 (Fri) 14:18 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>スティックさま

太って来られましたか。益々、良い傾向です(祝)。
如何に、介護者が身体的にも気持ち的にも縛られているか ということですね。
5分でも30分でも半日でも、介護から気持ちを切り離して…という親身?なアドバイスを頂きますが、その程度の時間じゃ、うたた寝が出来るか、銀行行ったり自分の病院行くくらいのことしか出来ず、とてもリフレッシュまではいきませんから。
次の旅行はいつになるか分かりませんが、今度は何処へ行こうかと考えるだけで、今の生活の励みになります。

コメント有り難うございました。

2012/07/27 (Fri) 14:19 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>piccoさま

何せ、ダンナさんがプロなので、ダメ出しばかりですが、そう言って頂けて嬉しいです。
去年まではお先真っ暗な秋でしたが、楽しみが出来ただけで随分違うものですね。

コメント有り難うございました。

2012/07/27 (Fri) 14:20 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>山田あしゅらさま

何せ、ワタクシ、免許持ってないので、レンタカープラン等が使えないのが痛いところです。(東京下町在住生活だと全然不自由無いんですが)
まあ、バスツアーや航空機チケット付きのプランやら色々あるようですし、あれこれ選んでいるだけでも楽しみです。
またいつか、旅行記が書けるよう、てけとーに頑張ります。

コメント有り難うございました。

2012/07/27 (Fri) 14:22 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>みかんさま

以前から、事ある毎にダンナさんには言っていたんです。
「一人旅がしたい」って。
ダンナは「俺と一緒に行くのもイヤなのか」と不服そうでしたが、だって、爺婆様に関係する一切のことから、自分を切り離して、解放して旅行に行きたいんだから。
ダンナが一緒じゃあ、その肩越しに年寄りが見えるようで(笑)。
次回はいつになるか分かりませんが、先ず、この猛暑を耐えぬいて、秋の旅行に繋げたいです。

コメント有り難うございました。

2012/07/27 (Fri) 14:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply