WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

神はかく宣いき

通所介護では、レクレーションやら体操、歩行訓練に積極的に参加しているという爺様ですが、自宅に居ると甘えもあってか、寝て、トイレに起きて、食事して、寝て、テレビ見て、寝て…という具合に、家では殆ど寝ています。

あまり昼寝の時間が多いと、夜眠れなくなるから、昼間はあまり寝かさず、成る可く起きて過ごすように、かかりつけ医からも介護施設からもご指導頂いているのですが、

寝ていないと、何かもう疲労困憊の呈で、目はくぼみ、頭はふらふら揺れ、ろれつも回らず、正直見てられないような有様です。

あの姿見てると、もー、生きてるだけで精一杯という感じで、家族としては、夜間徘徊があるわけでなし、夜中喚く人でもないので、小刻みに睡眠摂る事でどうにか持ち堪える事が出来るのなら、寝る事くらい好きな時に好きなように寝させてあげたいという気持ちです。

寝るのも体力が要ると聞きますが、ワタクシなどは気絶するように入眠し、朝まで爆睡してるのに、爺様は1~2時間位しか続けて眠れません。

1時間、大口開けて(年寄りは寝る時口が開きます)くか~くか~と乾いた鼾をかいた後、徐に起きて、トイレ行って、夜間はそのまままた寝ちゃうし、昼ならちょっとおやつつまんだり、テレビつけて、しばらくするとまたベッドに潜り込んでくか~くか~の繰り返しです。

で、そんないつも通りの昼寝の後、改まった様子で婆様に宣言したそうな。

「夢に神様が出て来た」
「赤い薬はやめろと言われた」
「だから、赤い薬はもうやらない」

…はあ?(; ̄Д ̄)

最近は嚥下障害というか、薬飲むのに随分苦労してて、もうこんなに薬飲むのはイヤだとか、目薬さすのも面倒がっていたからなー

爺様の常用薬で赤い薬と言えば、
点眼薬ミケラン 眼圧を下げる緑内障の症状を和らげる薬
内服薬ユベラN 末梢の血行を改善し、高血圧症に伴うしびれ等の症状を改善する薬

勝手に服用中止するのは良くないけれど、さりとて厭がるものを無理矢理飲ませたり点眼するわけにもいかんし。

婆様と相談し、ここは当分爺様の気が済むまで、薬休んで、様子見かなー。

それにしても、神様出して来るとは。
毎夕、仏壇に向かい、読経を欠かさない、信心深い御仁だけど、随分都合のいいお告げじゃないの?

どうせなら神様も、婆様と嫁の言う事を聞くようにとか、そういうお告げでお願いしたい。

>18日拍手からコメント下さったn様
善良で大らかな方なんですけどねー。
まー、余計な波風立てないよう、上手にやっていきたいです。
応援ありがとうございました。

【 2009/06/20 (Sat) 】 爺様 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・91才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード