WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 太腿パンパン

太腿パンパン

昨日の東京の午後の夕立は、天気予報通りの荒れっぷりで凄かったですね〜。

朝一で、チャリで区内の特養施設4ヶ所を回り、爺婆様の入所申請更新を済ませ、
(去年は雨だったので、都バス乗り継いで行ったんですけど)
(今年は午前中は天気保つみたいだったので、葛西臨海公園付近までチャリで行ってもうた)

時間に余裕があったので、老健のぞみ(仮名)に立ち寄り、

洗濯物を回収、

爺様は爆睡中だったので、そのまま起こさず、

婆様と少しお喋りしてたら、

TVの速報で、竜巻警報が出て、

窓から外を見たら、何か怪しげな空模様。
ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

慌てて、帰り支度して、ko松川大橋で、荒川渡り始めたら、

進行方向の、錦si町方面の西の空が、

これ、もう、絶対ヤバいでしょっていうくらい、おっそろしく真っ暗で、
∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

しかも、時折雷が光ったりして、

吹き付ける風は、たっぷり湿気をはらんでる。

いーやー、ここ(橋の上)で、土砂降りに遭うのだけは勘弁と、

もー、死に物狂いでペダル漕いで、
ε≡≡≡ヘ(l|i゜囗゜*)ノ゙ ぎゃぁぁぁ

ぽつぽつと顔に当たる雨の雫を感じながら、自宅に辿り着き、

へろへろになりながら、玄関の鍵を開けてると、

その背後で、俄に滝のように降り始めた豪雨。

まさしくぎりぎりセーフ。
ε-(;ーωーA フゥ…

もー、傘なんか差したって、何の役にも立ちゃしないってくらい、横殴りの雨が吹き降りですよ。

それでも、小一時間ほどで、雨は峠を越し、

その後は気温も急降下、

日中23度もあったのが、一気に16度まで下がって、寒いくらいの夜になり、

そして、必死にチャリ漕いだ反動で、

太腿パンパンになったワタシは、家の中、這いつくばって動く羽目になりますた…



教訓、中高年は、激しい動きの前は、充分準備体操をお忘れなく。
◎☆(♯××)┘イテテテテ~~!!





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

申請ごと
編集
ワァ~きわどいところでセーフだったのね~

老健に申請などはケアマネがやってくれるのでは?
母親の時は全部ケアマネが申請してくれました。
それにしても役所の申請ごとは面倒よね。母親の死亡でつくづく感じました。
2012年05月12日(Sat) 09:04
>みかんさま
編集
通所(デイ)・老健(デイ&ショート)・訪看・訪問入浴は、在宅サービスなので、ケアマネさんが手続きして下さるんですけど、
特養(特別養護老人施設=自治体老人ホーム=住民票を移動する、在宅ではない、文字通り終の住処)は、家族が手続きするんです。
区内に12施設ほどありまして、どこも2~100人以上待機中。
当初は、ワタシ自身の為(負担軽減)に申請してるつもりでしたが、更新二度目の今回、はっきり思ったのは、これは爺婆様本人と、私に丸投げしてる実戦未経験の実子さん達の為に手続きしてるということでした。
だって、ワタシは恐らく、今よりもう少し大変になっても、老健やデイ、訪看、訪問医の協力で、凌げそうだけれど、万一ワタシに何かあったら、その時点で、ダンナや義姉上は何一つ出来ないでしょうから。
(いや、それでも、何とかなるとは思いますよ。ワタシもそうだったけど、皆さん、そうやって苦労して学習して工夫して、慣れていくわけだから)
(でも、きっと、今まで楽してた分、物凄ーーーーーく苦労するだろうし、それを我慢しなきゃいけない爺婆様も大変だろうと)
(だったら、信頼のおける専門施設にお願いした方がずっとマシ)
今回、更新したのは4ヶ所で、今月末までにあと5ヶ所申請の予定です。
どの施設も、親身になって話を聞いて下さいますが、流石に全施設に申請更新し続けるのも大変なので、アクセス条件が良かったり、実際自分が行ってみて、良い印象を受けた施設に更新お願いしてます。
いや、ホント、出来たらワタシが入りたいですよ(笑)。

コメント有り難うございました。
2012年05月12日(Sat) 09:37
編集
太腿パンパンって・・・、その下は折れてるはずじゃ・・・。
大丈夫ですか?とても骨折している人のブログじゃないですよ。
それだけ介護は大変だってことですが、ダブル介護だけに心配です。
今年はおかしな天気が続きますね。
ご自身の体調も気をつけてください。
2012年05月12日(Sat) 10:00
編集
POTEさん、お久しぶりです。
書き込んでる余裕がなかったのですが、、、
足がまだ治ってないのに自転車フル運転、って大丈夫ですか?
お大事になさって下さいね。

特養の入所申請更新…それは常に更新を済ませておくと
いざという時、いつでも入所できるということですか?
私はそういった危機管理が全然できていなくて。。

そうして万全を期しておいて在宅、というのは理想的ですね。
しかもその上、甘く流れないでとことん在宅で頑張っておられる姿勢って
POTEさんやっぱりスゴいです。

2012年05月12日(Sat) 11:13
編集
確かPOTE さん骨折していたのでは?
…………自転車こいじゃ危ないじゃないですかー

と言っても動いちゃうPOTE さんてすもんね
あまり無理はしないでくださいね
2012年05月12日(Sat) 19:23
>スティックさま
編集
えへへ〜、9水にレントゲン撮ったら、まだ折れたままでした(当然)。
足の指の骨折でも、バカに出来ませんね。
4月中は本当に痛くて、足引きずってましたが、痛みはずいぶん薄らいだので、今はかなり動けるようになってます。
何しろ、ワタシ、免許持ってない東京もんですので、離れたところに行くには、タクシーか都バスかチャリ使うしかありません。
タクシーは高いし、バスも、乗り継ぎは時間が掛かるし、最寄りの停留所から目的の施設は少し離れてるので、その間歩くのはやはりまだ辛い。そこへいくとチャリならドアtoドアで行けるので、凄く便利なんです。
ご心配頂きまして、有り難うございます。
もー、スティックさん達しか、心配してくれませんよ。
(うちの家族はゼッタイ、ワタシが骨折してること忘れてる)

コメント有り難うございました。

2012年05月12日(Sat) 21:18
>piccoさま
編集
お久しぶりです。お元気でしたか?
いざという時の為に、入所申請していますが、必ずしも、有事の際に即いつでも入所できるかというと、実はそういう訳ではありません。
何しろ、先ず、その時点で部屋が空いていれば(先住者の方が亡くなって空室になる)、入所出来ますが、なかなかそう上手くはいかないんですね。
ならば、有事が発生してから、入所申請すれば良いかというと、それでもいいけど、やはり予め事前に諸情報を伝えて手続きしておいた方がベターなようです。
それと、申請は早いもん順ではなく、要介護度が高く、諸事情で緊急性が高い方(身寄りの無い独居老人の方は優先的に入所出来るらしい。ウチみたいに同居家族の専業主婦が介護してるとどうも条件的には後回しになるようです)は優先措置が取られることが多いようです。
何しろ、どの介護サービスを利用するにしろ、とにかく契約ありきが介護ですから。
ウチは9ヶ所の特養施設に爺婆様二人分入所申し込みをして、何ヶ所から入所打診の連絡も頂きましたが、先ず本人達に入所の気持ちが更々ないこと(笑)と、今のところ何とかワタシ一人で介護出来ているので、この先ワタシの身になんぞあって、在宅介護が事実上不可能になった時、是非お願いしたいということで、他の方に入所順番をお譲りしています。
入所申請したから、順番が来たら必ず入らなきゃいけないことも無いですし、勿論待ってましたでお入りになる方も居られるようですが、その辺りは割とアバウトというか、夫々の御家庭の事情によってまちまちのようです。
婆様は、困った時は身内が助けてれると信じておられますが、この2年間の在宅生活で、それはないことと、頼れるのは公的専門職だけということが骨の髄まで染みて分かりました。
御参考までに。

コメント有り難うございました。
2012年05月12日(Sat) 21:40
>ツンデレさま
編集
自転車漕ぐのは、案外楽なんですよ。
停車して、足つく時が、悲鳴上げそうになるくらい痛くて、先週までは出来なかったんですけど、幸い、今週は足ついても大丈夫になったので、ホームセンターで培養土二袋積んで買って来たりしてます(笑)。
先日、回った施設は、普通なら車で行く距離なんですけど、河川敷のサイクルロード使ったりしたので、片道30分くらいで到着出来ました。
最後は土砂降りに遭わないように、必死爆走する羽目に陥りましたが、前半は快調なサイクリング日和でしたよ。
(ちょっと日焼けしました)
(中高年は紫外線にも要注意)
おかげさまで、足の指も大分よくなって来ました。
時々、忘れて正座したり、爪先立ちして、後で、イタタタ…となります。

コメント有り難うございました。
2012年05月12日(Sat) 21:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL