2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

いつまでも寒いですね。
昨日は東京でも雪になり、午前中で溶けてしまいましたが、
朝のうちは、庭が雪化粧で覆われてて、綺麗でした。

今日は、気温の低さもさることながら、風も強くて、

買物から帰宅したら、
リビングの、気温・湿度計付きの時計が、見慣れない表示を
IMG_0142_convert_20120218163710.jpg

L.Oって…

IMG_0141_convert_20120218163757.jpg
測定不能!?
(; ̄Д ̄)なんじゃと?

湿度20%を切ると、この表示になるらしいんですが、
実際に見たのは初めてです。

慌てて、やかんでお湯を沸かしたら、すぐ27%になりましたが、
IMG_0143_convert_20120218163831.jpg
その後、爺婆様達の食事の支度や、食事中は40%近くまでいきましたが、
お二人の夜支度を手伝い、20:45現在、また湿度29%まで下がってます。

まっずいな~。
まだインフルエンザの流行も収まってないし、

この低温と乾燥じゃ、入眠すると口が開いちゃう年寄りはあっさり気管支やられちゃう。

いちおー、和室には洗濯物吊るして、なるべく湿度上げるようにしてるんですけどね。

立春過ぎて、バレンタインも終わって、
普通なら、そろそろ春の気配が感じられる頃の筈なのに、今年はいつまでも寒いですねー。

そういや、コンビニの棚に、(早春メニューなんだろうけど)冷やしたぬき蕎麦とか、ざる蕎麦売ってましたけど、
あれ、売れないと思う…

今朝の朝刊に入ってたユ◯クロのチラシも、春物一色だったけど、
ヒートテックのタイツ、もう2~3本買いたかったなー。
(爺婆の着るもの優先で買ってたら、自分の分買いそびれて、ワタシのヒートテックは一昨年買ったヤツばかりで、もーヨレヨレ)

皆様も、手首襟首足首冷やさぬように。
暖かくしてお過ごし下さい。
((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

【】
湿度管理もズバッとですね。(*^_^*)

今日主治医のところで「インフルエンザまだまだとても流行ってますから」と言われました。
ショートで利用する施設からは「インフルエンザ警報」と書いたお手紙?が届いてます。
施設内じゃ一人罹ったらアウトなんでしょうね。

それにしても春はいずこへ・・・。(ノ_-;)ハア…
【】
舅の入所している施設は、湿度管理はもちろんインフルエンザウイルスなど除去する空気清浄機そしてスタッフ全員マスクの無菌状態。こんな環境だったら100歳まで長寿?自宅じゃ絶対できないっす。
湿度計って結構アバウトですよ。冬は音の静かな加湿器が結構役に立ちます。
【測ってみた】
温度計なら狂ってても許せるわね(笑)
家はエアーカウンターを買いました。

福島の隣だもの放射線が来てないわけがない。ってことであっちこっち測ったら、やはりおいでになってました。
自然界では存在しない程度に来てます。

多分、急に健康被害が出るほどではないので、ほったらかしだけどね。
旦那さんの会社の社員さんにも貸して測ってみたら、野菜に以上に高い数値が出た人がいたそうです。困ったもんだ。
【】
>こらいおんさま

集団感染で死者が出たところもあったようですが、高齢者施設は大変だと思います。
消毒スプレーや、うがい手洗いを徹底していても、認知症老人なんてのは、何処で何を触ってるか、分かったもんじゃですから。
まー、でも、今年は寒過ぎましたね。
それでも、2月もあと僅か。庭の花壇の土から、水仙の芽が小さくですが出始めてました。
漸く春が近付いてきたようです。

コメント有り難うございました。
【】
>pegiさま

お舅さま、施設で良くして頂いているようで、安心ですね。
なかなか皆さんともお目にかかれなくなってしまいましたが、お陰様で、ダブルの在宅介護も何とか続いております。
一度、介護鬱で痩せて、それから鬼嫁モードのヤケクソどか喰いで、今現在ちいっと横幅に育ってしまいましたものですから、次に皆さんにお会いするまでには、なんとかこの下半身の贅肉をどうにかせねばと思いつつ、今日も膝掛けに包まって、ホットカーペットの上で惰眠を貪っています。
う~ん、まずいぞ、まずい(汗)

コメント有り難うございました。
【】
>みかんさま

あれだけの事故があったのですから、避難区域のみならず、関東首都圏だって綿密に計測したら、大パニックになりかねないくらい、そこここで線量値が出てしまうんじゃないでしょうか。
実際、ワタシの実家がある市は、ホットスポットと称される始末です。
それでも、現実、電気に頼らない現代生活(節電なんてレベルではない、この国を支えている、動力としての電気の必要付加価値)は有り得ない訳ですから、あつものに懲りて懲りてなますを吹くような原発反対運動には、大筋では理解出来るものの、今ひとつ論点のズレを感じています。
今回の件で問題視されるべきは「原発」ではなく「運営管理する側の怠慢」だと思っているので。
電気が復旧し、水道が使え、ガスが使え、電話が使えるのを人間らしい生活が戻ったと表現し、製造・物流・経済が復活するのが復興の一つの象徴だとしたら、そこに電気が介在しない生活は有り得ないのではないでしょうか。

あれから、もうすぐ一年になりますね…

コメント有り難うございました。
この記事へコメントする















POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30