2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

じゃっくは、出張で不在だった。

いつものことだが、一人で年寄り二人の面倒を看て、

通所に送り出し、
訪看、往診歯科に応対し、
お惣菜利用しつつ、
べんべんとも立ち向かい、

家事に勤しんでいた。

そしたら、1階の(爺婆様専用)トイレの水が止まらなくなっていた。

数分前にトイレを使った婆様は、とうに和室に戻っていた。

水洗レバーを動かすも、スカスカと無抵抗で、水は勢いよく流れたまま。

急ぎ、マイナスドライバーで、止水栓を閉じ、

トイレタンクの蓋を開け、タンク内を確認。

タンク内に水はなく、

底の方に、ボールタップがチェーンが外れた状態で転がっていたので、掛け直し、

タンクの蓋を戻し、止水栓を開放、。

水洗レバーを再度動かすと、こんどはボールタップが浮く抵抗があり、

水は勢いよく流れるも、直ぐ止まり。

問題解決。

所要時間およそ10分。

爺婆様は、トイレの水が流れっ放しだったことも気付いちゃいない。

チェーン外れという、ごく簡単なトラブルだったということもあるが、
(チェーン切れ、フローボール破損だったら、業者呼ばなきゃ駄目かと思った)

この鬼嫁、こーゆー仕事は、結構手際良い。
(下手な業者呼ぶより、仕事は早いし、何よりロハ)
(でも、それが、実は自分で自分の首を絞めてるような)

(=n=;)ムムゥ



ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

【】
わが家も水回りトラブル頻発で
回数こなす分、ダメ嫁も慣れてはきましたが
POTEさんのように手際よくいきますまい。

ここは旦那さまにはだまっておいて
たまには出来ないフリして振ってみるのも。

…う~ん。それが出来ればラクなんだけどもね(泣)
【】
この生活になってから何かあると、まずは自分で直してみよう!って思います。
それでダメなら・・・。
いろんな事を乗り越えたから、ちょっとしたトラブルにも冷静でいられるのかもしれないです。
さすが、POTEさん!
【】
>山田あしゅらさま

いやいや、外れたチェーン掛け直しただけで、手際が良いとはお恥ずかすぃ(照)。
お元気だった頃から、電球一つ替えられなかった人達ですので、(遅くに帰ったら、トイレの天井灯が切れたとかで、真っ暗なトイレから出て来て、ヨメをビビらせたこともありました)チョットした大工仕事や補修はお手の物です。
でも確かに、菜箸持つより、潤滑油スプレーとかドライバーとかパイプレンチ使う方が好きなので、こーゆー性格の人間が専業在宅介護主婦って、無理があるというものです。

コメント有り難うございました。
【】
>スティックさま

元々、あれした、これした、ほら、ワタシって凄いでしょー とは言えないタチでして、別に褒められたり感謝されなくてもいいや くらいにしか思っていないので、うちでは誰も知らないうちに、ヨメが手直しして事なきを得ていることが結構あります。
何か、これ、いつの間にか直ってる…POTEがやってくれたのかな とまでは薄々気付いてるようですが、基本スルーの家です(笑)
いいんです。やらなきゃって、ワタシが勝手に思って、勝手に直してるだけですから。
スティックさん達が褒めて下さるだけで充分、ワタシ、報われてます。
有り難うございます。嬉しかったです。

コメント有り難うございました。
この記事へコメントする















POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30