WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP爺様 ≫ 在宅介護は風雲急 6 完

在宅介護は風雲急 6 完

爺様が軍歌「広瀬中佐」を歌い続け、躁不穏が鎮静せず、婆様の安眠妨害となる為、婆様の眠剤デパス0.5mg×2錠を2回服用。

その後は、大人しく就寝し、

深夜コールされる事も無く、爺様は朝まで大人しく眠り続け、

翌朝6時30分に、シャッター開けに行った際、声を掛けても、
10時のお茶も、
お昼ご飯も摂らず、

爺様は爆睡し続けた。

…爆睡って…これって、もしや、昏睡?
ΣΣ( ̄◇ ̄;)!?

声掛けには、うっすら目を開けるものの、すぐ眠りに落ちてしまうので、食事は断念。
(まー、1~2回抜いても大丈夫だろ)

しかし、放置出来ないのが、オムツ交換で、

ウチの場合、就寝後から起床までの夜間9時間は、POTEの食事、入浴、睡眠時間確保の為、局部用尿パッドと一晩用尿パッド、テープ式オムツの吸水能力に全てを託し、放置状態なので、

普段でも起床時のオムツは、洪水寸前のぱんぱん。
(眠りが深ければ深いほど、緩んだ蛇口から漏水する如く排尿量は多い)
(朝の交換時、外したオムツが重くないと、あまり眠れなかったのが分かるという)

なので、とにかく、オムツ交換だけは敢行せねばならず、トライ。
ガンバ!o( ̄へ ̄o)

ええ、交換は無事出来ましたけどね。

ただ、いつものような、左右のサイドバーに掴まって体位を変位してもらう本人の協力は望めず、

傾眠状態の46キロの体躯のオムツ交換を単独で行う(支えながら、使用後のオムツ抜き取り、新しいオムツを差し込む)って、

結構大変で、往生しますた…_ノフ○ グッタリ

昼過ぎに、婆様の弟のI川のおじさんご夫妻が、和菓子とフルーツ持って、お見舞いに来て下さったのだけれど、

爺様は目覚めず、おじさん達は婆様と小一時間歓談し、辞去なさったので、

再度、声掛けすると、初めて覚醒し、反応もあり。
Σ(゚∀゚ノ)ノホッ

空腹だと言うので、急ぎ、リンゴとイチゴとのり巻きを持って行くと、ぺろりと平らげ、

それ以降は、平静。

夕方6時には、お経も上げ、

夕食前の晩酌(日本酒150cc位)、夕飯(用心して、圧力鍋で具沢山粥煮ますた)も摂り、

この夜は、デパス服用の必要も無く、大人しく就寝。

躁暴走の発現契機と法則性に付いては、まだ掴めず。

認知症、見当識障害の不可思議さを見せつけつつ、

我々には見えない「来訪者」を歓待し、気に入りの軍歌を歌い、爺様は絶好調マイペースで、年の瀬の日々を送っています。

どの辺が絶好チョーかというとですねー。

先日、「お昼ですよー」と起こしに行ったら、

手を差し出すので、起こしてもらいたいのかと手を握ったら、

有り難そうに、両手で押し頂くように握られ、

爺様「ホントに世話になったねえ。有り難うねえ。私はね、ずっと思ってたんだよ。
POTEちゃんが、じゃっくのお嫁さんだったら、
どんなにか良かったろうかってねえ…」




(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
…ワタシって、ヨメじゃなかったんだ…

ヘルパー?
家政婦?

「家政婦のPOTEです」ってか。
おー( ̄o ̄)ーい
あんな風に、仕事パーフェクトにゃ出来ませんけどね。



>拍手からコメ下さったnさま
続きでお返事させて頂いております。



ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

>nさま
怒る事も泣く事も出来なくなった時、人に残されているのは笑う事だけだそうですが、
空虚で痛々しい笑いではなく、ポジティブな笑い飛ばしでいけるようテケトーに頑張ります~。

コメント有り難うございました。

Comment

NoTitle
編集
お爺様、無事覚醒されたようで、まずは一安心?

私一度測ったことありますの、夜どれくらい出るかって・・・。
1.4kgございましたのよ。
そりゃそんじょそこらのパットじゃ吸いきれませんわ。(;´д`)トホホ

んで、pote様の正体は?(*^m^*) ムフッ
2011年12月25日(Sun) 22:15
NoTitle
編集
お疲れ様でした。
ヨメだったらよかった・・・と?
まーったくがっくりしますよね。
先日、義母は、「タッちゃん(うちのダンナね)、いつになったら結婚するのかねぇ」と言ったとか・・・
私や孫のことはわかっているはずなのにね、一瞬とんじゃうんでしょうね。
2011年12月25日(Sun) 23:45
編集
お久しぶりです。トリプル介護ご苦労様です。。
我が家のチチも、寝たきりになり会話も繋がらなくなった頃から、私の事は理解されて無かったようです。看護師さんかヘルパーさんか。。お下の世話をしていたので、照れもあったのかもしれませんが…。
病院に入所してからは『通りすがりの人』という事にしていました。毎回毎回説明するのも難儀なので。義姉は毎回必死でした…が。
急に寒い日が続いてますが、お身体お大事に♪
当方は、雪に籠もりがちですv-276
2011年12月26日(Mon) 18:27
45キロ
編集
認知症の母親の体重が45キロぐらいでした。

真冬の夜中におむつ交換は出来ないので、朝まで待ってしましたが、朝もメッチャ寒いこちらは何度か拒否されて苦労しました。
爺様にとってPOTEさんは誰なの?
私は母親にとって介護施設の職員さんでしたよ。
嫁に行って遠くへ行ってしまった娘は忘れられて、記憶の中から抜け落ちてしまったようです。
2011年12月27日(Tue) 09:23
>こらいおんさま
編集
不穏と正常を繰り返しながら、緩やか~に坂を下っておられるようなんですけどね。
その傾斜が殆ど水平なもんで、このまま延々と続くのか、はたまた唐突に落下するのか。
ケアマネとの付き合いが、6年目に突入、今後の見通しは、まったくもって、予想不可能です。

ワタシの正体ですか?ふっふっふっ…それは△*■☆※??∞…

コメント有り難うございました。
2011年12月30日(Fri) 21:15
>しーさま
編集
お久しぶりですー。
まだワタシの事は分かってるようなんですけどね。
「今」が10年くらい前の、矍鑠としていた頃に遡ってたりします。
そうありたい思いがあるんだろうと思うと、切ないです。

コメント有り難うございました。
2011年12月30日(Fri) 21:20
>いっぽさま
編集
スルーと、話に合わせ、何役にも扮する臨機応変さが必要ですねー。
お住まいの方とは比べ物になりませんが、東京も冷え込んでます。
御自愛下さい。

コメント有り難うございました。
2011年12月30日(Fri) 21:23
>みかんさま
編集
>爺様にとってPOTEは
…腰元 女中 小間使い?(笑)
でも、パワーバランスは、明らかにワタシの方が強いんですけどね。

コメント有り難うございました。
2011年12月30日(Fri) 21:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL