WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

折角の有り難い申し出を

ダンナさん骨折騒動記 7

すいません、ちょっと話が戻ります。

じゃっく入浴大作戦の前に、ひとつ、忘れてました。

22(火)(骨折した日の翌日 「歩けども歩けども」の日です)の午後、

ケアマネs氏が、11月のサービス利用票の押印を求めて来訪。

s氏「如何です?ショートからお帰りになって、変わり無いですか?」

(そういや、10~16迄、ショート入ってたんだっけ)
(骨折したの一報から、内心バッタバタで、すっかり忘れてた)

で、思わず、

POTE「お爺ちゃん達はご機嫌よくデイに通ってるんですけどー」

s氏「けど?」

P「昨日ダンナさんが骨折しちゃって、今日、三角巾で腕吊って出勤していきました」

s氏「ということは、足ではないんですね」

P「腕ですけど、利き腕」

s氏「それは、また、どうして」

P「納品途中で転倒して、肘から下がへの字に曲がったって」

s氏「2本?」

P「いえ、1本。橈骨(とうこつ)っていう太い方。救急搬送された病院の整形外科のドクターがその場で矯正して下さって、単純骨折で、全治6週間だって。手術もしないで済んだから、まあ、軽い方だと思ってますけど」

s氏「でも、利き腕じゃあ、色々と不便でしょう。車の運転は?」

P「当然出来ません。指の付け根から肘の上迄、ギプスでがっちり固定されてるんですから」

s氏「大変じゃないですか」

P「ホントですよ。ダブルの在宅介護でひいひい言ってるのに、ダンナさん迄加わって、トリプルですよ。もー、笑うしか無いっていうか。でもまあ、左手は使えますから、何が出来て何が出来ないか、本人もワタシも少しずつ探ってる状態です」

s氏「お風呂は?」

P「まだ、清拭だけで、湯船には入ってないんですよ。骨折したの、昨日の午後だから。ネットで検索すると、皆さん、色々工夫なさってるけど、やっぱり濡らしちゃうみたいで」

s氏「そうなんですよ。お風呂は大変なんです」

P「でもね、ネットで「骨折 あると便利 グッズ」で検索すると、濡らさないで入れる防水プロテクターっていうビニールの長手袋があるんだって。3千ちょっとするんだけど、もー、それ買っちゃおうかって思ってて」

s氏「…流石ですねえ」

いや、それほどでもー (● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

全く凹んだ様子のないPOTEに(多分)感心して(それとも呆れて?)、それでも、大変だと思いますが頑張って下さいと、励ましの言葉をかけて下さったs氏に対し、

P「てけとーに頑張りむぁーす」

などと、甚だ不真面目な態度で応じた鬼嫁に、

その数時間後の夕方、s氏から電話が入る。

s氏「老健のぞみ(仮名)さんから連絡が入ったんですが、
24(木)~29(火)迄、お二人揃って入れるそうなんですが」

P「…」

予想外の朗報に、思わず呆然、しばし絶句。
。。。( ̄◇ ̄;)。。。


反応の無さに、s氏、重ねて、
s氏「ショートですよ、ショートステイ」

一瞬、幽体離脱しかけた意識を引きずり戻し、
目紛しく思考を巡らした揚げ句、
POTEの口から出た言葉は、

P「本音は今すぐ行かせたいですけどー、その方が断然ワタシが助かるって分かってますけどもー、16に帰って来たばかりで、24から、また一週間行けとは、ワタシ言えません~~~」
半(┬┬ω┬┬)泣

(ええ、分かってます)
(非難囂々ですよね)
(何遠慮しとるんじゃー!この機を逃すなんて正気の沙汰とは思えないー!)
(すぐだろうが何だろうが、入れるんだから、選り好みしてないで、さっさと行かせちゃえばいいのにー!)
(年寄り二人に、ダンナ迄だなんて、一人で何もかんも被るなんて、POTEさん、どこ迄人が好いのー!!)
(そんな風に、ワタクシを心配して下さる皆々様の怒りと悲しみの悲鳴が聞こえて来るようでございます)

s氏「いいんですか」

(ケアマネと言う職業柄、数多の介護家庭の苦悩と呻吟、懊悩と怨嗟、悲しき崩壊を目の当たりにしてきたs氏は、
恐らく、誰よりもPOTEの苦境を正しく理解してくれている人物であり)
(老健からの一報と言ってはいたが)
(或はs氏からの働きかけで、爺婆様揃ってのショートを押さえてくれたのでは無いかと)
(それは単なるワタシの自惚れかもしれないけれど)

P「頑張ります。断腸の思いっていうか、ホントは涎だらだらなんですけどねー。折角、組んで頂きましたのに、申し訳ありません」
(。´Д人)

s氏「いえいえ、じゃあ、3人のお世話で大変でしょうが、頑張って下さい」

そういう訳で、ワタクシ、折角のショートをお断り致しました…
(あっ、石を投げないで下さい。石を)
(落ち着いて下さい、皆さん)
(どうか、どうか冷静に~~~!)
||| \( ̄▽ ̄;)/ |||


続く





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

 

あっらまぁ~、もったいないっ!
私だったら二つ返事で行かせますわよ。 ̄m ̄ ふふ
もぅ、POTEさんったらぁ~、優しいんだからぁ~。
  • posted by こらいおん 
  • URL 
  • 2011.12/12 02:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

震災で半壊の判定が出た我が家は、ショートステイの料金が半額以下になるのよ。
だけど、立て続けに行ってくれ、とはやはり言えないわね。
行ってくれれば一日中の大音量やら、お酒、風呂、ご飯がどれだけ楽か。
お気に入りのショートステイは中々空きがないので、別のあまり気に入らない所に行って、とは出来ないわね。それでもPOTEさん、頑張るわね~ファイト!
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2011.12/12 11:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

>こらいおんさま 

優しいのとは、ちと違うかも。
二人分の荷作りって、結構キツいんですよ~。
しかも、婆様は相変わらず持ち込み私物が多いので(爺様の荷作りなら20分で完了)、本人に一々お伺い立てながら、早くて二日、下手すると三日かかったりするので、毎回そっちのストレスで爆発しそうです。
だから、在宅で放置しておいた方がまだマシという判断です。

コメント有り難うございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2011.12/13 19:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

>みかんさま 

人気のある施設は、競争率高いですからね。
応援有り難うございます。
だーいーぶ、手抜き、スルー、放置が上手くなって来ましたです。はい。
ご自宅の修繕もこれからでしょうか。
手続きやら予算やら色々大変だと思います。
みかんさんこそ、ファイト!

コメント有り難うございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2011.12/13 19:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード