WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP骨折騒動 ≫ 周知のところとなる筈が

周知のところとなる筈が

ダンナさん骨折騒動記 4

じゃっくは、男性の割には、指が細く長い(爺様の手とそっくり)のだけれど、

今、ギプスの先から覗いている指先は、別人のようにパンパンに腫れ上がり、肌の色も黒ずんで茶色っぽい。

痛みはあまり無いようだけれど、肘上から掌部分まで、がっちり固められたギプスが重くてしんどいそうな。

この日の、ワタシ達の夕食(爺婆様とは別メニュー)は、幸いな事に、中華の鉄人陳健一の陳さん麻婆豆腐だったので、左手スプーンで完食。

食後、消炎鎮痛剤のソレトン80と胃腸薬のレバミピド100を服用。

一週間分、毎食後服用で処方されているが、頓服だし、

体験記でも、最初は縋るように鎮痛剤飲んで、痛みに耐えていたけれど、日にちが経つにつれ、痛みは気にならなくなって、飲み忘れるくらいになったという人もおられて、必ずしも全部服用しなくても良いらしい。

入浴は出来ないので、ホットタオル数枚で身体を拭いて(爺様の清拭で手慣れてるから、拭いてあげようと思ったら、自分でやるというので放置)、下着を替え、

パジャマはユニ◯ロリラックスウエアだけど、ズボンは問題なく穿けるも、ギプスしてるので丸首トレーナーは着られず、上はフルジップのフリースで寝る事に。

今日のところで分かった事は、上半身の着脱は介助が必要。開衿ボタンの服は不可。
下半身(ズボンとか靴下)の着脱は左手で一人で出来る。

で、就寝。

ギプスが重くて、あまりよく寝られなかったようだけど、左手だけでも洗顔や歯磨きは一人で出来るので、

ワタシは朝食の支度を整え、爺婆様が起きて来る前に朝食を済ませ、

6時30分に婆様がリビングに入って来て、白い三角巾で腕を吊ってる息子とご対面。

婆様「…怪我したの?」
じゃっく「実は、骨折してしまった。全治ニヶ月」
婆様「ええーっ!」

続いて、爺様を着替えさせ、洗顔、歯磨き、入歯装着し、POTEが車椅子でリビングに連れて来ると、

爺様は、息子が三角巾で腕吊ってることに
全く気付かず、出された朝食にがっつきましたとさ。(笑)

続く





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
爺様・・・ナイス!
息子のけがより、目の前の飯でしたね。(* ̄m ̄)プッ
2011年12月08日(Thu) 03:15
編集
いずこも同じ、ジイの反応。

時々私が熱冷まシートをおでこに貼ってると、目立つのか「頭痛いのか?」「風邪引いた」
「ご飯作れるか?」
ご飯しか頭にないのか!つっこみたくなる。
2011年12月08日(Thu) 08:54
>こらいおんさま
編集
いちおー、爺様の名誉の為に弁護しますと、最近視力がかなり低下しているらしいんです。
緑内障もありますし、白内障も、左右2度ずつ手術してます。
最後にレンズ挿入手術して、もう10年以上経ちますから、大分濁って来てる筈で、多分、爺様が見てる世界は、ワタシ達が網戸とレースカーテン越しに見ているような感じだと思われます。
わざわざ知らせて心配させるのもナンだという事で、この時点では改めて骨折の事を告げなかったので、爺様が息子の骨折に気付いたのは相当後になっての事でした。

コメント有り難うございました。
2011年12月08日(Thu) 14:23
>みかんさま
編集
殊更、三角巾姿を隠した訳でもなく、そのままの格好でうろうろしてたんですが、いつ気付くか、様子見してたら(ヲイ)、一週間くらい後になって、突然気付きましたね。
気付いたら気付いたで、またちょっと大変だったんですけど、それはまた後ほど。
すいません、何か、忙しくて、眠くて、亀更新で申し訳ないです。

コメント有り難うございました。
2011年12月08日(Thu) 14:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL