WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 新連載 その前に 3 完

新連載 その前に 3 完

ウチがフラ◯スベッドからレンタルしてるもの

爺様…電動介護ベッド
   マットレス
   柵(左右2本)
   外出用車椅子
   室内用車椅子
   ダンスロープ(1.8M)

婆様…電動介護ベッド
   マットレス
   柵(普通タイプ1、自立式(外側に90度に折れるタイプ)1)
   室内用車椅子
この他、婆様は四点杖とポータブルトイレを購入

夫婦揃って、要介護者という事もあって、結構、ヘビーユーザーでは無いかと思われます。

で、婆様の室内用車椅子のブレーキが緩くなり、月曜に調整を依頼したところ、木曜に訪問するというので待ってたら、すっぽかされて、その理由の説明も無く、翌金曜日の午後の訪問で手配したという話になり、

思えばその時点で、どういう事かと問いただせば良かったのかもしれないが、

とにかく、ブレーキ調整してもらうのが先決だから、無用な揚げ足取りは控えようと、一時は思ったものの、

何か、いいように扱われてるような気がして、時間が経過する毎に不愉快さは増幅し、
(ー'`ー;)

契約の時は、いつでも電話下されば駆けつけます なんて調子のいい事言っておいて、イザとなればこのザマですかい(今までは即応してくれて、それはホント助かったけど)
年寄り相手の商売だと思って、てけとーにやってんじゃないわよ。
別に、アンタのとこだけがレンタル業者じゃないんだから、契約解除して、他所に乗り換えたっていいんだし。
 
なんて、ムカムカカリカリしたままの金曜の昼過ぎ、フラ◯スベッドから電話が入り、妙に能天気な口調で2時15分頃到着予定と言われる。

冷静に温厚にと思いながらも、声音は我知らず低く、それほど愛想よく応対する事も出来ず、言葉少なに、お待ちしてますと言って、受話器を置く。

それに、あの明るい口調は、一連の事情などまるで知らなさそうで、
営業所の人間ではなく、配送組み立て専門の部署の人のような気がした。

そして、時間通りにチャイムが鳴らされ、ドアの外に立っていたのは、やはりツナギ姿の配送担当のお兄さん。

POTE「お車は?」
お兄さん「あ、大丈夫です。一人、(車の)中に残ってるんで」
POTE「じゃ、今、車椅子持って来ます」
お兄さん「あ、これ(廊下に出してある爺様の室内用車椅子を示して)じゃないんですか?」
POTE「それは、お爺ちゃんの車椅子なんです。お婆ちゃんのはベッド脇に置いてあるので」

和室から婆様の室内用車椅子を持って来て、右ブレーキを掛け、後ろから押すと、すーっと動くのを確認し、

お兄さん「結構、使われてます?」
POTE「そうですね、お婆ちゃんはお一人で、ベッドから移乗出来る人なので」
お兄さん「毎日使ってると、どうしても緩くなって来ちゃうんですよね」

と言いながら、モノの数分で調整完了。

作業終了の書類に印鑑を求められ、押印したものの、

POTE「この書類って、会社に持って行くんですか」
お兄さん「はい、自分がこのまま、営業所に持って行きます」
POTE「じゃあねえ、悪いけど、若奥さんがかんかんに怒ってたって、伝えてもらえます?」
お兄さん「は?」

一連の事情を話すと、
お兄さん「忘れちゃったんですかねえ、でも、最初にお電話なさったの、月曜なんですよね。それが木曜日ってのも、何でなのかな。この程度の作業なら、巡回してる営業さんでも、簡単に出来ちゃう仕事ですけどねえ」
POTE「イヤな伝言役させてしまいますけど、せいぜい大袈裟に言っておいて下さい。怒ってろくろく口利いてくれなかったとか」
お兄さん「いや、そういう事は言って貰った方が良いですから。営業所の方にもちゃんと話しておきます」

ま、ウチ的には、婆様の車椅子が安全に使えさせすればOKなんですけどね。
連絡ミスなんだか、とにかくウチの依頼は忘れられたのでしょう。

人間のする事だから、忘れたってしょうがないと思いますよ。
ワタシも人のことは言えないし。

でも、忘れたなら、一言、忘れました、ゴメンナサイ、これから気を付けますって言葉が無いと、信頼関係はあっさり瓦解しますよ。
この人はそういう人、この会社はそういう所なんだって。

後になって、あの作業終了の書類、持ち帰らせず、こちらの手元に置いておいて、営業所から誰か説明に寄越せと要求する手もあったのだけれど、

それだと、あの配送担当のお兄さんに迷惑掛かりそうだし、
今回の不手際は腹立ったけど、それまでは本当にすぐ対応してくれて信頼に足る業者さんだと思っていたので、今回の事だけで、そんなに大事にすることもないかーと、怒りのゲージがややトーンダウンしてきました。

とはいえ、こんなことがこれからも頻発するようでしたら、即ケアマネに契約解除、別業者紹介依頼に動きますけどね。
(ワタシがダメだっつったら、誰が何と言おうとダメなんですっっ)ヽ(`Д´)ノ

えー、ところで、前回までの記事を読んだ、うちのダンナさんからですねー。
でか文字について、見苦しいから、よせと言われまして、

いや、アレは、ワタスの嘘偽りの無い真の心の叫びなんですけどー、
ダンナ曰く、読んでて不愉快になるそうで、
(じゃ、読むなよ)( ̄曲 ̄)
もしかしたら、他にも気分を害されておられる方がいらっしゃいましたら、陳謝致します。
(折衷案としては、伏せ字で喚こうかと)
(止める気更々なし)(* ̄ー ̄*)ふふん!!

つか、それより、骨折騒動記はどうなっているのかと、
はい、一週間経って、何とか恐怖のトリプル介護も落ち着き始め、
今月11日に行ったばかりのコツバニア(骨盤矯正)に、またも駆け込み、
施術者の先生の方がへろへろになるほどの、頑固なコリを60分かけてほぐして頂き(「有り得ないコリっぷりでした」と言われてしまった)、(>д<)

多分、次回はいよいよ新章突入実現かと。
(だまし広告にならないよう頑張ります)
(○ `人´ ○) 



ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
オトナの対応、素晴らしいと思います。
これで何か学び取っていただければいいのですが・・・どうでしょ?

あら、デカ文字ダメなんですか?
私はよく伝わって良かったと思ってるんですけど・・・。
それぞれ感じ方が違うんですね。
ってことは・・・デカ+色つきのあたしのブログ・・・かなり顰蹙もの?w(゜ー゜;)wワオッ!!
2011年11月29日(Tue) 04:50
編集
デカ文字、よろしくってよ、最高!

気持ちがよ~く伝わるし。
私も一応ブログみたいな物は書いてますが、デカ文字は出来ません。

怒るときはちゃんと怒って相手に伝えるのは大事かと思いますよ。私はあまり怒らなくて、後で、しまったあれは怒っても良い場面だったのに、なんて思います。
最近は怒ると「ブログに書きますからね」と付け加えちゃいます。これ、効きますよ。
2011年11月29日(Tue) 08:12
>こらいおんさま
編集
最初に応対してくれた営業所の若い男性は、声はイケメンだったんですけどね。
大人の評価は、「結果」ですから、手強い顧客や頑固な上司、頼りにならない先輩や、生意気な後輩に揉まれて、良い仕事人に成長してくれることを願います。
(経過や姿勢が評価されるのは、慰める場合くらいですから)

コメント有り難うございました。
2011年11月29日(Tue) 13:45
>みかんさま
編集
でか文字は、素行不良な印象があるようです。
まー、確かに、品行方正とは言えません。
だけど、ここは、ワタシがワタシらしく居られる大切な場所です。
ここでも、自分を偽り、お行儀よくしていては、とても身が保ちません。

コメント有り難うございました。
2011年11月29日(Tue) 13:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL