WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 続・風邪ッ気も吹っ飛ぶ 3 完

続・風邪ッ気も吹っ飛ぶ 3 完

そして、第1幕の終盤、

怪人を悪し様に罵った大道具係の男が無惨に吊るされ、その死体を見たダンサー達が恐怖の悲鳴を上げた、その瞬間、

マナーモードにして、ジーンズのベルト通しに引っ掛けておいた、ワタシのケータイが激しく振動した。
(きゃーああああーっ!!!総毛立つ)
Σ(|||▽||| )

掛かって来るとすれば、老健のぞみ(仮名)しか有り得ないんだけど、

舞台では、新作の主役の座を巡って、オペラ座の怪人が才能無しと切り捨てたプリマドンナと、ヒロイン、劇場支配人達がすったもんだの真っ最中。

その最中、ケータイ開いて、モニター蛍光らせて、ワタシだけでなく、周囲のお客さんまで無粋な現実に引き戻す事等出来る筈も無く、

しかし、ワタシの葛藤をよそに、ケータイはまたしても振動し、

爺婆様のどちらかが急変して、救急搬送される可能性もあるわけで、

三回目が掛かって来たら、これはもう、途中退席し、ロビーで電話受けるしかないと思ったものの、

幸い(鬼嫁でスマヌ)、それきりケータイは沈黙し、
ε=( ̄。 ̄;)フゥ

若き貴公子がヒロインの歌姫に愛を告白し、
その事を知ったオペラ座の怪人が、裏切られた怒りと悲しみに猛り狂うクライマックスの後、暗転。
第1幕終了。

場内に照明が付き、ケータイを開くと、着信2件は、予想通り老健のぞみ(仮名)で、2件目は爺様の怪我の事で相談があるので、返信されたしとのメッセージがメモに録音されていた。

トイレ休憩やお買い物でごったがえすロビーの端っこで、掛け直すと、すぐ爺様担当の看護師さんに繋がり、

のぞみ(仮名)の看護師チームも、爺様の傷口を確認した事、
入浴後も同じような処置で大丈夫だと思うとの事、
ついては、交換用のガーゼと包帯が必要だが、荷物の中に入っていないので、なるべく早く届くて欲しいとの事。

…は?届ける?ΣΣ( ̄◇ ̄;)!?
そちらの医務室に常備してあるもので、処置して頂けないんですか?

看護師「ご自宅から、お持ち頂きたいんです(言い方丁寧だけど、有無を言わさぬ口調)」

…そーすか、分かりました。

看護師「滅菌ガーゼと包帯だけでいいですから」

…へーい。

どーもねー、のぞみ(仮名)内で負傷したならともかく、うちの場合、他の施設で起きたもらい事故での負傷なので、
治療と言うか、悪化しないように処置はしてくれるけど、衛生用具は自前で用意しろってことみたいなんですよねー。

看護師常駐してんだし、爺様は今回も個室ステイなので、1日9,000円前後払うんだから、ガーゼと包帯くらい出してくれよと思ったけれど、持って来いっつんだからしょうがない。

幸い、昼の部のお芝居なので、観終わるのが4時半。
カレッタ汐留というショッピングモールも併設してるし、確か中にマツキヨ(ドラッグストア マツモトキヨシ)が入ってたから、そこで買って行けば、うまくいけば、のぞみ(仮名)の夕食(午後6時)前には届けられる。

ホントはダンナが帰宅する時間までフリーだから、カレッタで遊んで、日テレの木原さんのお天気コーナーにでも映っちゃおうかなーなんてイタズラも計画してたんだけど、全部ちゃら。

まー、爺婆様のどちらかが救急搬送されてたら、うんもすんもなく、第2幕も諦めて、急行しなくちゃならなかったんだから、この程度で済んで良かったというべきか。

えーい、こうなったら、とことん、芝居堪能してやるー!と、

とぐろ撒くようなトイレ行列の最後尾に並び、
出すもの出してさっぱりして(失礼)、第2幕開演3分前に席に滑り込み、

再び、妖しい調べが支配する愛の迷宮に、ワタクシも浸って参りました。

THE POINT OF NO RETURN

Past the point of no return
no going back now:
our passion-play has now,
at last,begun . . .
Past all thought
of right or wrong -
One final question:
how long should we two wait, before
we're one . . .?

When will the blood begin to race
the sleeping bud
burst into bloom?
When will the flames,
at last, consume us . . .?


もはや退けない
二人きりの 物語が始まる
迷いに迷って いつの日か あなたと一つになる
恋の血が通い 恋の炎燃え 私を焼きつくす


第2幕第7場で、ヒロイン クリスティーヌが、陽の当たる世界の貴公子との愛と、闇に潜むオペラ座の怪人の痛々しい愛に迷いながら、密かに心を決め決然と歌う、このパートは、何だか自分自身のことのようで(笑)
(いや、ワタシはヒロインでも歌姫でもない、ちんちくりんの下町の鬼嫁ですが)
(身を裂かれるほど迷う愛も捧げられておりませんが)
(もはや退けないって、踏みとどまろうとする、そこだけなんですけどね)

で、舞台終了後、ガーゼと包帯買って、JRと都バス乗り継いで、のぞみに届けて参りやした。
(流石に帰りは真っ暗になるので、チャリで荒川超えるのは止めますた)

それが、11/10(木)の出来事です。

11(金)には、雨の中、尊敬する女性陶芸家の個展が開かれてる久我山へ、お花持参で出向き、その後、水道橋のコツバニアで60分たっぷり矯正。
12(土)は、夫婦50割で「素敵な金縛り」。
13(日)は、浅草観音様にお参りし、勝手ながらpicco さん絵莉さんのご加護をお願いし、もんじゃ焼きを食べたりしました。

そして、今日は早や16日(水)。
夕方には、爺婆が帰って来ます~。

長々とお付き合い頂き、誠に有り難うございました。
(*´∀人)感謝♪

…あれ、そういえばワタシ、風邪引いてたんだけど、いつ治ったんだろう…(笑)




ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

堪能されたようですね。
編集
それにしても、たかだかガーゼと包帯ぐらいわざわざ届けさせなくったていいのに。
父親のショートステイには食パン持参です。
朝はパンしか食べない父親はどうしてもパンじゃなきゃ嫌だと。
ちゃんと出してくれるショートステイ先はいつも満員で無いところは空いてるのよね~
2011年11月16日(Wed) 16:51
>みかんさま
編集
パン持参ですか。
朝はパンとコーヒーという人も、いらっしゃると思うんですけどね。
ウチがお世話になってる老健は、ご飯食、固めのお粥、柔らかいお粥、パン食が選べます。
施設によって、随分違いますね。

コメント有り難うございました。
2011年11月16日(Wed) 22:48
No title
編集
お疲れさまでしたe-351
オペラ座の怪人の舞台を思い浮かべながら…
それにしてもガーゼと包帯をわざわざ届けなければならないとは…

でも、風邪が治られて良かったですe-454
2011年11月18日(Fri) 16:13
>おかんさま
編集
ダンナさんから感染された筈なのに、一時はダンナさんより具合悪くなって、それでも、あっという間に治ってしまいました。
風邪の引き方も、せっかちなようです(笑)

コメント有り難うございました。
2011年11月19日(Sat) 10:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL