2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

先ずは一言(コホン)

打線爆発ーーーーっっっ!!!
よくやった!
鷹の逆襲は、これからだぜ!!!


どうも失礼致しました。



1986年にロンドンで幕を開けて以来、世界的なヒットを続ける極上のミュージカル、
「オペラ座の怪人」

L011504.jpg
アンドリュー・ロイド=ウェバーの甘美な旋律にのせ、豪華絢爛なパリ・オペラ座を舞台にくりひろげられる「世界でもっとも切ない恋」。

この作品は、フランスの作家ガストン・ルルーの同名小説を基にしたミュージカルです。パリ・オペラ座の地下に棲み、歌姫クリスティーヌに恋をする “怪人”。彼の愛と憎しみの様が、アンドリュー・ロイド=ウェバーの流麗で重厚な旋律によって紡がれます。 
1986年10月にロンドンで初演。以来、27カ国・145都市で上演。総上演回数は65,000回、入場者数は1億人を超え、名実ともに世界的名作と言えるでしょう。今年作品誕生25周年を迎えるロンドンでは、壮大なイベント“25周年記念コンサート”(10月1日、2日/於:ロイヤル・アルバート・ホール)が開催予定。ミュージカル界最大の祭典に世界中が注目し、大変な盛り上がりを見せています。

劇団四季での初演は1988年。1ヶ月程度の上演が主流であった当時の演劇界で、5ヶ月という異例のロングランを成功させ、新しいミュージカル時代を切り拓きました。以降、各地で上演が重ねられ、総公演回数は5,551回、総入場者数は560万人を数えます。

パイプオルガンの荘厳な響きに導かれると、そこはもう19世紀のパリ、
豪華絢爛たるオペラ座の世界…。 巨大なシャンデリア、オペラ座の舞台、
地下の湖を渡る小舟、湖底からせり上がる300本ものキャンドル…。
次々と展開する場面は、舞台装置の概念をはるかに越えて、見る人を驚かせ続けます。
また、ヨーロッパの本格的な民族衣装を再現した200点を超えるまばゆい衣装も見どころです。華やかに着飾った人々が大階段に勢ぞろいする仮面舞踏会は、まさに圧巻!
頂点に君臨するミュージカルの中のミュージカルが、
あなたを最高に贅沢な空間へといざないます。


いやー、良かったです。

昨年の夏、婆様がまだ入所中、ケアマネs氏の計らいで、同じ老健のぞみ(仮名)に爺様もショートで入り、
思いがけず夏休みを貰えて、ワタクシ、同じく劇団四季の「アイーダ」を見に行ったんですが、

その時は、席も後ろから数えた方が早いような席でしたし、
正直、うーん、こんなものかな~と思ってました。

その翌週は、調子に乗って、帝劇の「エリザベート」観に行って、
やっぱり、ハコ(劇場規模)が違うと、グレードも違うわーなどと、勝手に偉そうに思っていたのですが、
(客層の平均年齢がそもそも違ってた)
(今日は三越、明日は帝劇 みたいな品の良い奥方様が如何にも高級そうな絽のお召しを優雅に着こなして)
(そーゆーワタシは、帝劇でもユニクロ。だって、去年も暑かったし)

ともあれ、

「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい」のコピー通り、若しくはそれ以上に、

オーケストラの生演奏で、
仮面の怪人が朗々とバリトンで歌い、
可憐なヒロインが天使のような歌声を響かせ、
アンサンブルダンサーが一糸乱れず舞い踊り、
巨大シャンデリアが落下する
(いや、ホントに落下したら大事故なので、実際には、舞台床すれすれで寸止めですけど、それでもかなりの迫力です)
オペラ座の怪人は
凄かった。


まさに圧巻でした。

そして、第1幕の終盤、

怪人を悪し様に罵った大道具係の男が無惨に吊るされ、その死体を見たダンサー達が恐怖の悲鳴を上げた、その瞬間、

マナーモードにして、ジーンズのベルト通しに引っ掛けておいた、ワタシのケータイが激しく振動した。
(きゃーああああーっ!!!総毛立つ)

続く




ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

【ジンクスは続く】
先日息子から野球中継を見るなと言われひたすら裏番組を見てました

昼にうっかりサッカー中継を見てたら案の定の結果(>_<)娘から警告を受けたんで、野球は禁止令を守ってました

いやあジンクス強いです。

POTE さんはミュージカル楽しめたみたいですね、羨ましい!!
田舎はせいぜい、映画位です
あー東京にいたら劇団新幹線見に行くのに~
POTEさん残りの休暇楽しんで下さいね~
【No title】
そりゃね、盛り上げるためには譲ることもしないとね。 ̄m ̄ ふふ

劇団四季、一度だけ見たことがありますよ。
「キャッツ」
生のお芝居ってやっぱり良いわよねぇ~。

ってか、電話気になりまするぅ~。
【どうしたの~~??】
せっかくお芝居を楽しんでたのに、腰の携帯の振動が気になるぅ~~

私なんかしょっちゅう携帯を携帯してないことがあるので、家電に伝言がごちゃ、っと入ってます。先日旦那さんのお友達がジジババ引き連れて突然の来訪、あげくにバアちゃんが玄関先でひっくり帰って流血騒ぎ。そりゃもうみんなでパニクりましたよ。
一人で歩けないジジババ二人も連れて来るなよ~でした。
【No title】
CSってのが嫌いで、今年は順当に両リーグ1位での日本シリーズなので、どっちが勝ってもいいかな?って感じです(ダメ?)
今回はずいぶん書き込みましたね。それだけ楽しかったのだと思っています。
ちなみに私の携帯は、オヤジのデイからの着
信音を救急車の音にしています。
無事に過ごされた事を祈っていますが・・・。
最近一番面白いのは、POTEさんの「続く」が続いていることです。
【>ツンデレさま】
昨日は、うちのダンナさんの帰宅は、試合終了後でした。
つまり、ダンナさんはTV観戦してません。
だから、ホークスナインは、憑き物が落ちたように、のびのびプレー出来たんだ(つまらんエラーもあったけど)と。
贔屓のチームに敗北を呼ぶ男として、ますます忌むべき存在になりつつあります。

サッカーはねえ…ピッチでやってるのはスポーツなんだけど、スタジアムは何か、政治大会みたいでちょっとコワかったですね。
(ああいう異様なアウェーでも、勝つのがFIFA上位チームの責務なんでしょうけど)

コメント有り難うございました。
【>こらいおんさま】
確かに、これで面白くなりましたわね(余裕)。

大画面の映画や、自宅でのブルーレイDVDも良いけど、舞台は俳優さんの表情や、後方の役者さん達の細かい所作、早変わりする舞台装置、照明効果等々、見所満載でした。
お芝居好きな方が、日参される気持ちがよく分かります。

そして、物語だけでなく、ワタシにも一瞬で冷水を浴びせた、ケータイのマナー振動の内容は、果たして?

コメント有り難うございました。
【>みかんさま】
お友達さんの、お爺様とお婆様ですか?
お一人で自立歩行出来ないってことは、留守番させておくのも心配なので、一緒に連れてらしたのでしょうか。
しかし、流血とは驚きですね。
お年寄りは、何でここで?というところで転ぶし、出血もし易いし、周りは振り回されて大変ですね。
大事なかったのでしょうか。

うちは家電は24時間留守電で、呼び出しが鳴っても出ません。
どーせ、お墓の勧誘やら、健康なんちゃら水やら、光通信のセールスなんですから。
用件がある人は、留守電にメッセージを入れるか、ケータイの番号を知ってる人は直接ケータイに掛けて来ます。
最近では友達とも疎遠になり、ワタシのケータイに掛けて来るのは、ケアマネと施設と病院と義姉上くらいです(仕事用じゃないのに、仕事用ケータイになってしまった)

コメント有り難うございました。
【>スティックさま】
特に、過去、ホークスはリーグ優勝したのに、CSで負けて、油揚げさらわれるトンビの如く、何度も日本シリーズ出場権を奪われ、その落胆ぶりたるや、気の毒で見てられないくらいでしたから。
がっぷり四つの試合をして、強いチームが強く勝ってこそ、日本一の栄誉は燦然と光り輝く称号たり得るのですから、落合おじさんの花道を飾りたいドラファンの気持ちも理解出来ますが、今度こそホークスには日本一になってもらいたいです。
それが済んだら、またG党に戻ります。

着信音、救急サイレンですか?
鳴っただけで、心臓に悪いような…(笑)

延々引っ張って参りました今回のエピソードも、多分次で終わりです。
今日の夕方、お二人も帰って来ちゃうし(泣き笑い)
楽しんで頂けたようで、良かったです。

コメント有り難うございました。
この記事へコメントする















POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30