まだ爺婆様が矍鑠としてて、完全自立だった頃、

トイレの失敗など有り得なかったので、洗濯は、爺婆も息子夫婦も一緒にしてたんですけど、

脱水が終わって、洗濯機から洗濯物を取り出すと、かなりの確率で、

爺様の下着が、ワタシの服に入ってた。

ワタクシ、全身ユニ◯ロのヘビーユーザーなんですけど、カットソーの袖とか、ジーパンからサルマタパンツが現れる度に、げんなりして、

洗濯機に向かって、何でやねん!と突っ込んでたものです。
 ̄  ̄)ノ ばしっ☆

ダンナや婆様の衣類だって一緒に洗ってて、あの人達のものは一度だって、ワタシの服の中に潜り込んだりしないのに、よりによって、何故か爺様のだけが、誰かこっそり押し込んでますか?という感じで入っているというこの摩訶不思議。

(やはり洗濯機の陰謀か?)
(だとしたら、おまー、ワタシに何の恨みがあるっていうのさ)

要介護4の車椅子常用者となった今は、オムツだし、諸般の事情で(失敗した場合はシーツから下着まで一切洗濯するのでやたら量が多いのと、何もなくとも何となく警戒して 笑)爺様の洗濯物は単独で洗うことが多く、ワタシの洗濯物の中から爺様の下着が発掘されることはなくなりました。

しっかーし!

雨の日(それも連日の長雨とか)に、狙いすましたように失敗して(まあ、その場合、べんべんじゃなくて小の方だけど)、

洪水状態のシーツ(普通のと防水シーツ両方)、パジャマ、下着まで一切合切即洗濯したは良いが、どこに干しゃー良いんですかいと頭抱えさせられるのが、最近の傾向です。

度重なる失敗と、延々続く洗濯と、シーツ・オムツ・下着交換に疲労困憊しつつ、

失敗は成功の母、苦難の時こそ創意工夫が導かれるのことわり通り、

ネットを駆使し、様々な体験談や技を収集。

結果、うちは他所様のように隣室で待機もせず、夜間早朝のオムツチェックもせず、
爺様の就寝後21時~翌日7時30分まで、放置状態なので、

男性用局部尿パッドの先端に、ハサミで切れ込み、
一晩でも安心の尿パッドの、股と尻に切れ込みを入れ、
パッドが飽和状態になっても、尿がテープ式オムツに誘導吸収されるようにしたところ、

朝、起こしに行ったら大洪水ということは、ほぼ、なくなりました。

「今の自分が絶対じゃないわ。あとで間違いに気付き、後悔する。
 私はその繰り返しだった。

 ぬか喜びと自己嫌悪を重ねるだけ・・・。
 でも。その度に前に進めた気がする」

「奇跡を待つより捨て身の努力よ!」by葛城ミサト (エヴァンゲリヲン)


そんな、失敗と試行錯誤ばかりの不毛な日々ですが、

脳まで煮えそうな猛暑の夏も漸く終わり、
今年も残すところ、あと3ヶ月となろうとしております。

これからは、寒さだの、乾燥だの、インフルエンザだのとの戦いになっていくのでしょうが、まー、あの、灼熱蒸し風呂地獄のトイレ介助に比べれば、

残りの3ヶ月なんて、おまけも同然、

今年も頑張ったな~~~的、安堵感がワタシの中には強かったのですがー、

今日の東京は、最高気温29℃、
久々に、ウチのトイレと廊下は暑かった。
( ̄Д ̄;)
ちょっと、イヤな予感…


午前の買物を終えて、帰宅したら、

爺様がトイレに行きたいと大騒ぎの真っ最中で、

そのまま、べんべん介助に突入ですよ。

しかも、買物行く前に、わざわざ婆様に声かけてから出掛けたのに、すこーーーん!と綺麗さっぱり忘れられ、

爺様がトイレに行きたがったので、ホームコールは何度も鳴らすわ、
いつもならすぐ駆けつけるのに、待てど暮らせどPOTEが現れないもんだから、庭仕事でもしてるのかと思い(庭仕事する時も、逐一断ってますし、ホームコールスピーカーを持って作業してますっっ)、
車椅子でリビングまで行って、窓の外に向かって、一生懸命POTEを呼んでたという…
(=n=;)それ、ご近所から心配されますって

で、こめかみから滴る汗を拭いつつ、

家族の誰よりも、健康的でぶっとくて長い爺様のべんべんを流し、
お約束のおシモ洗浄(肛門の筋肉が弱ってて、きれいにべんべんがキレないので、付着あり 結構手強い)。

涼しい日なら、もうちょっと楽なんだけど、
何故に、こんな暑い日にべんべんしますかいな。

もーホントにねー、誰かが、ワタシを苦しめようと画策しているとしか思えませんって




ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 4

There are no comments yet.
こらいおん  
No title

そうそう、パッドは2枚飽和作戦が一番良いみたいね。
まっ、うちはずらす&脱ぐ&出すだから意味ないけど。( ̄- ̄メ)チッ

今日(昨日か)こっちは涼しかったんですけどねぇ~。
ご苦労様でした。<(_ _)>

この際お払いとかしてみたらどうでしょう?
†ヽ(-"-;)悪霊退散悪霊退散。。。。。。

2011/10/01 (Sat) 04:35 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>こらいおんさま

流石に、11月には95になる爺様は、地味~に、去年より少しずつ体力低下しているようで、日がな寝ていることが多く、世話する方としては手も掛からないし、コントロールし易くなってきました。
それでも、朝、テープ式オムツからリハパンに替えようとして、パジャマズボン下げたら、リハパンのウエスト部分からポコ◯ンがコンニチワしてた時は、お祓い以前に、実力行使で、この手で抹殺してくれようかという思いに駆られましたね。
次なる課題は、自制心、平常心の維持でしょうか(笑)

コメント有り難うございました。

2011/10/01 (Sat) 22:44 | EDIT | REPLY |   
みかん  
No title

下の世話は本当に大変。
昨日まで孫っちの世話をしてて、何度か便の中に指を突っ込む状態になったけど、ちっとも苦にならなかった(笑)
だけど父親のは見るのも嫌だ!!
父親もプライドが許さないのか見せないようにしてるけど、トイレは汚すから同じなんだけどね。いつまで続くこの世界だわ。

2011/10/02 (Sun) 09:22 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>みかんさま

介護が終わることは、世話してる当の相手が居なくなる(死ぬ)わけですから、それを望むのってどうなんだろうと思いながらも、悪臭とブツの柔らかい感触に、早く終わらせてくれ~~~と、胸の内で叫ばずにはおれません。
先は…どこまで続くんでしょうねえ。

コメント有り難うございました。

2011/10/02 (Sun) 21:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply