在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

アナウンス

強い台風15号ロウキー(Roke)による暴風雨で、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
また、帰宅困難になられた方々は本当にお疲れ様でした。

雨に濡れた身体で、2時間も3時間もバスやタクシーの乗車列に並んで待ち続け、お風邪等引かれませんでしたでしょうか。

とにかく、凶暴なまでの暴風に翻弄された夜でした。

当方の住むe戸川区に、埋立てで造成された臨海町という、名前の通り、海に近いエリアがあります。
ヨットハーバーがあったりして、同じ区でありながら、ウチの近所の下町界隈とは別の街のような、都会的でお洒落なエリアですが、そこで、最大瞬間風速41m(人が飛びますって)を記録したとかで、

そらー、線路の殆どが高架の京Yo線、武蔵No線や、川を渡る常Ban線、東海Do線、東急Den園都市線等々が、最も暴風雨が激しい最中、運転見合わせになったのも、乗客の安全の為、仕方の無いことではありますが、

一度マヒした鉄道網は、運行再開したところで、駅構内、周辺に溢れた膨大な人数の帰宅者をそう易々と捌くことは不可能(しかも徐行運転とか間引き運行とかしてる訳だし)な訳で、

ウチのダンナさんも、8時過ぎに中Oh線に乗れたんですけど、御茶No水で総Bu線
(この線は、風だけじゃなくて架線断線で停電した為、他の線は順次運行再開してるのに最後まで動かなかった)(千葉方面にお帰りになられる方々、本当に大変だったと思います)
(隅田川に荒川に江戸川迄渡らなきゃならないんだから、徒歩帰宅は自殺行為)
に乗り換えようとしたら、車両は駅に居るんだけど、運行再開のめどが立たず、1時間近く待たされて、漸く動いた電車にすし詰めになって、10時頃帰って来ました。

で、聞くところによると、ダンナさんが乗って来た電車は、夕方、JR各線が運行停止してから、ずーーーーっと、御茶No水駅に停車してたらしい。

そして、3.11の時もそうだったけれど、動かない電車に(多少、気が立ってる人も居たようだけど)ブチ切れて、暴れたり、物を壊したりする人も無く、皆さん、本当に整然と、粛々と、行列に並び、辛抱強く運行再開を待ち続け、
タクシー乗り場では同じ方面に行く人が居ないか、声を掛け合い、乗り合いで、少しでも早く帰れるように協力し合い、
運行再開したものの、入場制限していても駅ホームは殺人的混雑で、電車のドアからはみ出して乗れない人の背中を、ホームに居る見ず知らずの別の乗客が押して、乗るのを手伝うという光景もあちらこちらであったようです。

日本人って、立派だなー。

勿論、鉄道、バス、タクシーといった、交通に携わる人達の懸命な努力も見逃すことは出来ません。

既出かもしれませんが、

車掌・駅員さんのアナウンスまとめ→

こういう人達が、誠実に、生真面目に、志を持って、時には職業規約を超えた言葉で、職務に励んで下さるのは素晴らしいことだと思います。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

コメント

何事も無くて良かったです。
何やら新宿、渋谷の両駅にはニュース中継のためのテレビ各局のスタッフがたくさんいて、かなり邪魔だったとか。
彼らも職務なのでしょうけど、何だか変ですね。
責任ある公的メディアとして、現場からの中継は必要なのでしょうが、その一方、ツイッターで、首都圏主要路線に関するツイートを一覧でupしてくれたりしていたので、あらゆる路線の乗客=特派員みたいな感じで、リアルタイム速報としてはそちらのほうが重宝でした。

コメント有り難うございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/519-d9476140
<< 台風被害 1 | TOP | とりあえず >>