在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

ヒューマンエラー

13番さんのあな 山田あしゅらさま→■1 ■2 のところで、お題を頂き?まして、

高齢者の服薬管理は、どの御家庭でも苦労され、工夫しておられるようです。

ウチの近所の薬局でも、一包依頼されてる方は結構居られます。

最初はAの薬を飲んで、様子を見て、状態が変わらないようだったら、AをやめてBの薬に変えて飲むようにして、但しBは強い薬なので、他の薬と一緒には飲めないので、他の薬を飲んだら2時間は時間を空けて飲んで欲しい

と薬局で説明された時は、これ、ゼッタイ年寄りには理解不能(ワタシだってギリギリだったもの)と思った。

うちでも、まだ自分達で動けた頃は、本人達の管理に任せていましたが、それでも、飲んだかどうかすぐ忘れて分からなくなるし、目薬は目じゃなくて顔にばかりかけてるし、どーゆー服用(使用)頻度なんだか、何種類か処方してもらっている薬のうち、すぐなくなる薬があったり、その反対に、飲んでないのか?というくらい大量に余っている薬があったりして、

足りない分の薬だけ貰いに行くと、掛かり付け医の先生は、内心しょうがないなーと思いながら、処方箋書いて下さるけれど、

薬局に行くと、この前この薬は◯◯日分出てる筈ですがとか、薬剤師に色々言われて、まるで不正に薬もらおうとしてるみたいで凄く気分悪かったものです。

二人とも車椅子となった今、薬に関しては、完全にワタシの管理下にあり、
IMG_0059_convert_20110910093403.jpg
処方してもらった薬は、ダイ◯ーで買ったお薬ケースに、1週間分仕分け、
毎食後、やはり100均で買ったピルケースに、その都度飲む分を用意。
IMG_0062_convert_20110911093817.jpg
左の竹筒っぽいの(おせち買った時、イクラが入ってたヤツ)が爺様用
右の赤い蓋付きのが婆様用

あしゅらさんの記事では、高齢者が自分で薬シートから薬を取り出す作業は、自立の大事なトレーニングの一つであり、介助者の都合(待ってられないとか)で、手助けするのは如何か というご子息の指摘に触れておられますが、

私見ではございますが、

ゴミ出しだわ、トイレ誘導だわ、送迎時間逆算だわの、この朝の忙しい時間帯に、そんな悠長な見守りが出来ますかーーーッッ!!

飲食や整容と違って、正しく服用することを要求される服薬は、あるていど介護者が介入した方が確実ではないでしょうか。

婆様に聞いたところでは、老健のぞみ(仮名)では、とにかく決められた薬を正しく服用することにスタッフが目を配り、お茶でも味噌汁でもいいから、薬を飲むよう勧められる、
粉薬が処方されているのだけれど、上手に飲めない人がいると、白ご飯に粉薬を振りかけ、食事と一緒に摂らせるようにしているそうです。

尤も、うちでも、一応完璧を期して、与薬に努めておりますが、

懺悔しちゃいますけど、ケースに入れる時に爺様用と婆様用をとっ違え、婆様のワーファリン(血流を良くする薬)を爺様に飲ませちゃったことあります(汗)
(婆様が薬を飲もうとして気付き、これ、いつもの薬じゃないよと言われ、慌てて爺様の手元からケースを取り返したら、もう飲んじゃったあとだったという…)
(後日、掛かり付けのN医師や訪看さんに相談したら、1回位なら大したこと無いと笑われますた)
(ショートステイ目前の、猛暑ででへろへろしてた時でしたから~)
(以後、重々気を付けます)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

コメント

うちはメインの循環器科は一包にしてもらっていますが、受診科が他にもあり同じ日の受診にならないので、一包の薬に他の科の薬を私が毎晩テープで色分けしたタッパに分けています。
薬は毎食前と後に手渡しで飲ませます。
あしゅらさんのブログにありましたが、うちのオヤジも包材ごと飲み病院へ行ったことが数年前にあり、それ以来薬の管理は私の仕事です。
うちは朝と晩の食後薬が8~9錠もあり、3錠づつ飲ませます。
POTEさんの場合、ダブル介護だから管理も大変ですね。
うちはオフクロが生きてた頃は、インシュリンも打っていたので大変でした。気持ちがよくわかります。
ちなみに、うちの方は一包でもその日のうちにできます。
田舎だからかなぁ?
薬の管理は嫁がしています。義母も四肢麻痺でしたし、義父も右手麻痺なので、1週間分をセット、毎食後、1回分を一まとめにして、渡してのます
自立出来る事、出来ない事の線引きして現状維持が目標です。
最近は入院することが増え、その度に力の衰えが顕著になります。
病院では看護師の方達が至れり尽くせり、時間短縮の為、生活面はほとんどお任せ
退院後は鬼嫁の指導のもと、着替え、目薬点眼、車椅子への移譲等リハビリします。鬼嫁の私、今以上介護度があがると在宅から施設に移って頂きます。と宣言しているので義父も必死です

出来るごとは頑張って維持してもらう。私もその事は手出ししない
旦那や実子さんや最近は叔父叔母達から色々言われはじめますが、譲れない鬼嫁…の私です
優しいだけじゃ介護は出来ない…そう思います
うちは下剤以外は一包化してもらってます。
薬をもらってきたときに、薬包に名前のスタンプをぺたぺた押してます。
ショートやデイの時、改めて名前を書く必要がないので、暇なときに・・・。
そして、同じく100均で買ったケースに入れるのですが、面倒なので1ヶ月分まとめてぶっ込んでおきます。
焦るのは間違いの元なので、なるべく時間があるときに全て終わらせるようにしたいんですよ。

結局与薬だけはねぇ~、確実にしたいのよ。
私も他のことは見守りだけど、薬だけは錠剤を掌に乗せる念の入れようです。
いやはや。
クスリの一包化については反響が大きくてびっくり。

この後に及んで言い訳じみていますが
義母のクスリは今のところ数も種類も少なく
POTEさんの仕分けケースのような立派なケースではありませんが
一週間分仕分けできる小さなケース@百均で前もって仕分けておいて
それを朝、義母の食卓前にシールのまま出しております。

何となく、日常の習慣になっているようなところがあってそれでヨシとしてました。
実際、シールから取り出すのは日々困難になっています。
力の入れ具合が分からず、力みすぎて錠剤を割っちゃうことも。
(どんだけ~)
状況に応じて変えて行くべきところを見過ごしていたのかも知れませんね。反省です。
認知症の人は昨日出来ていたことが今日出来なくなっていることはザラですから。

とりあえず次回診察時より
一包化から試みてみようと思います。
薬は本人任せ~~、しらん。

ところがどっこい、ショートステイでは宿泊分をちゃんと容器に分別してこい、と言われたので前日に貰ってきたのを↑ のと同じように分別して持たせます。普段はノータッチ。あまり構うと何も出来なくなるので、なるべく自分でと思ってますが、96才ともなれば誰も本人が出来るとは思わないようで。出来ることは自分でがモットー。3日やらないと出来なくなるのです。3895
>うちのオヤジも包材ごと飲み

以前のお話ということでしたが、お父様、大丈夫でしたか。
あのシートって、うっかりすると指先切ったりする程固いのに、飲んじゃう高齢者の方って結構居られるんですね。
自分は出来るという自信もあるんでしょうが、油断してると、ホント、高齢者は何するか分からないので、見守り(実は監視ですよね)は欠かせませんね。

コメント有り難うございました。
ワタシも、一度完全にブチ切れて、爺様の襟首掴み上げて喚いたことがありまして、
後日、義姉上に、謝罪の意も込めて、そのことを打ち明けたところ、「お爺ちゃんには優しくして欲しいな」と言われたことがあります(笑)
おシモも綺麗にして、入歯も濯いで、歯磨きもして、ひげ剃りもして、理髪の予約と車椅子の送り迎えもして、三食支度して、10時と3時にお茶とおやつ運んでるんですけどねー。
優しい介護って、何でしょう。誰に対して、何が優しいんでしょう。
介護してる私って親孝行♡みたいな、自己満足をはき違えているような気がしてなりません。

コメント有り難うございました。
>与薬だけは、確実に

同感です。
家の中のことであれば、整容(プロフェッサーGのように、ズボンを着用、上衣を穿こうとする高等技術には叶いませんが)や、食事(プロフェッサーGの、全てを一緒くたにした上、掻き回すという、新手の賄いメシにも及びませんが)は、ある程度放置もやむなしですが、処方薬は正確無比にしたいですもんねえ。

急遽、体調不良で診察となった時に、「薬はちゃんと飲んでますか?」「さー、どーでしょう」なんて、介護者失格じゃないですか。

鬼嫁と誹られようと、与薬の責務は、最優先ですよね。

コメント有り難うございました。
予想以上の反響に、苦労と工夫されておられる同志がこんなにたくさん居られるのだと、ワタシも実感致しました。

高齢者は何種類もお薬を飲みますし、容態によって主治医の先生が薬を変えたり、同じ薬でもバージョンアップというか、錠剤の色が変わったりしますので、変化に付いて行けず、薬局で薬剤師に説明されたときは分かったつもりでも、家についてから、はて、何がどうだったかしら?と、落語の「どっこいしょ」みたいなことって、しょっちゅうあるんだと思います。

その為に、お薬情報書が薬のカラーコピー入りで同封されているのですが、面倒くさがり屋の年寄りはそれすら読もうとしないという実態に、医療関係の方々も困っておられるのではないでしょうか。

昔ウチの爺様は、ドライアイ用の点眼薬を5分毎に4回点眼して、「今日の分、終わり」とやってました。
正しくは、そのドライアイ用の点眼薬は、一日4回をメドに点眼し、他の目薬を点眼する際には、間隔を5分以上空けること なんですけど、薬局のお姉さんがそう言ったんだと、言い張ってました。
5分ということと、4回ということしか頭に残っていなかったらしい。

年寄りの、記憶と理解力なんてこんなもんです。

コメント有り難うございました。
ステイ先に提出する、お薬情報も結構面倒なんですよね。

飲み薬でも塗り薬でも点眼薬でも、施設の方にバトンタッチしてからは、あちらにお任せ的なところもありますが、

そういえば、うちの、この前のミドルステイ、常用薬はちゃんと飲ませてくれてたんですけど、爺様の緑内障の目薬二種類、新品を持たせたのに、何故か開封されること無く返されて来ました。
次回のショート申し送りに、そのことを書くかどうか、迷ってます。

割と、頼んだことはきっちりやってくれるところですが、以前も入歯洗浄剤持たせたのに、殆ど使わず返されて来たことがあって、そのことを問い合わせたら、その後、面会に行く度、スタッフから謝罪され、ワタシャ、モンファミですか?と恐縮させられたことがあります。

でもまあ、多床室ならともかく、個室料金取ってんだから、目薬も差してくれって、感じです。

コメント有り難うございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/513-af644056
<< いつまで暑い | TOP | 緑のカーテン >>