WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 宵かがり 夢のあと

宵かがり 夢のあと

8月27日(日)この夜は花火三昧の日でした。

地元旧N川から隅田川の花火大会を望む 
SIN_1263_convert_20110828180704.jpg
川を渡っているのはJR総武線
奥に東京スカイツリー
上空、尾を引く光は報道ヘリ(7機くらい旋回してた)

隅田の花火終了後、こちら、地元メインの亀戸の花火が打ち上がる
SIN_1275_convert_20110828180632.jpg
左側木立の奥が亀戸公園でして、ここの親水区画(じゃぶじゃぶ公園)から打ち上げてるので、非常に近くて、迫力満点。

ふれあい橋にも、大勢の見物客が。
SIN_1288_convert_20110828180751.jpg
夜空に開く大輪の光の花を見上げつつ、
ワタクシの脳内では、井上陽水の「少年時代」→が流れておりました。




ところで、このアーチ式のふれあい橋、風や通行者が多かったりすると、割と簡単に揺れます。
揺れることで、地震の揺れを逃がし、被害を最小に食い止める免震構造というヤツです。

最初の隅田の花火を、大勢の人に混ざって、ふれあい橋で眺めてたら、結構揺れるものだから、地震と勘違いした小学生の男の子が物凄く緊張した様子で「揺れてる!地震だよ、お母さん、揺れてるよ!橋から下りよう!」と叫ぶもんだから、周りの大人も「ホントだ、揺れてる」とか言い出したんですよ。
だもんで、思わずPOTE振り向いて「橋だから、普通に揺れるんですよ。地震じゃないんですよ」と声を張り上げてしまいますた。

見物客が多いだけに、地震だと勘違いしたままパニクって、この暗い中、皆が一斉に逃げ出すことにでもなったら、お年寄りや赤ちゃん連れの人も居るし、ぶつかったり倒れたりするかもしれんし、そっちの方が怖い。

東北の震災以来、揺れに敏感になった人増えましたね。
揺れても居ないのに、一人だけ上を見上げたり、周りを見回して「揺れてる?揺れてるよ!」とか大声上げてる人、結構居ます。

ワタシ、外に居ると、急いでいることが多いので、(揺れてねーよ!)と思いながら、スルーして通りすぎちゃうんですけど、皆さん、3月の地震の恐怖がそれだけ強烈だったんでしょうね。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

いいな~^^花火
編集
大好きな花火。今年は見に行くどころか3階の窓から眺めるゆとりすらなかったです。

地震の後、揺れには過敏になってしまいますよね。
私の住む阪神間はほんとに揺れたことがなかったから、阪神大震災以後、17年近くも経つけど未だに生々しくて少しの揺れにも緊張してしまいます。

POTEさん、今しばらくの夏休みをゆ~っくり過ごして下さいね。
2011年08月30日(Tue) 01:18
編集
写真、見事に撮れてますね。

確かに集団心理、パニック、これが一番怖い。
被害倍増で良いことなしですもんね。
関東方面は未だ揺れが多いので、余計そう思うのでしょうか?
2011年08月30日(Tue) 04:17
編集
夜の花火、って写真で一番難しいですよね。
とってもきれいに撮れてますね、すばらしい!

やっと余震が減って、安心して暮らしてます。
でもやはり車で橋の真ん中当たりで止まると、怖いですね。
落ち着いて行動は本当に難しい。
2011年08月31日(Wed) 17:14
>piccoさま
編集
去年は、婆様は老健入所中で、爺様が家に居て、ダンナさんは出張中で、ワタシも花火どころではありませんでした。
今年は、猛暑でひいひい言ってましたけど、お二人が入所して下さったので、思いのほかのんびりさせてもらいました。
闇雲に、無我夢中で、駈け通しでやってきましたけれど、見かねた「誰か」が、ご褒美をくれたのかもしれません。

地震は、震度3の縦揺れだと、流石にひやっとしますね。
ホントに、何事も無いのが一番幸せです。

コメント有り難うございました。
2011年09月01日(Thu) 19:54
>こらいおんさま
編集
忘れ物の王者でも(爆)、さすが、うちの撮影担当は本職です。
この撮影の為に、このレンズを買ったんだと、鼻息荒く、自画自賛してます。

天災は忘れた頃にと言いますが、ちょっとやそっとでは忘れられない衝撃が、あの3.11にはありました。

コメント有り難うございました。
2011年09月01日(Thu) 19:58
>みかんさま
編集
地元のささやかな夏祭りなので、撮影ポイントも、見物場所も譲り合いの、長閑な下町です。
もっとも、ダンナさんが撮影してる脇で、ワタシはカメラバッグ(小)をたすき掛けにして、三脚持ったり、三脚ケース預かったりと、殆ど撮影助手として扱われてました(笑)

こちらではTVつけてると、頻繁に茨城や福島の地震速報が入ります。
ちょっとやそっとの余震では驚かなくなったとは言え、被災地とその周辺にお住まいの方々は本当に大変だと思います。

コメント有り難うございました。
2011年09月01日(Thu) 20:07
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年09月14日(Wed) 21:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL