WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 来し方行く末 1

来し方行く末 1

ワタシ達息子夫婦が爺婆様と同居して、7月で13年目になります。

当時、老人会の旅行だ、浅草観音様へのお参りだ、巣鴨へのお参りだ、靖国神社のお参りだ、正月皇居の一般参賀だと、

杖もつかずに自由自在に出歩いていた健脚大魔神(しかも歩くのも凄く早かった)の爺様が、

帰宅して、家に入る寸前の、玄関前の路上で転倒、
(疲労から来る痺れで、思うように足が動かなかったらしい)

一晩たっても痛みが引かず、それどころか痛みは酷くなる一方で、動く事も出来なくなり、

掛かり付け内科医に婆様が電話で相談したところ、救急車を呼ぶように勧められ、

搬送された◯田中央病院で、左の大腿骨骨折が判明。
ΣΣ( ̄◇ ̄;)!
(レントゲン写真見せてもらったら、綺麗にぼっきり折れてますた)

ボルト埋め込み手術となり、一ヶ月の入院の後、退院。

この時、爺様81、婆様71。
住まいは築35年の、トイレは和式、階段はハシゴ並みの急勾配、風呂に至っては後付けだったとかで、1mほどの外廊下の先の小屋に脱衣所と風呂場があるという、あまりにも古き良き時代の風情ある家屋で、
(結婚後、泊まりに行って、家の外の風呂に入るというのが何より怖かったっす)

80の爺様が骨折→取り敢えず歩けるようにして退院出来たが→年齢から考えて、早晩歩けなくなって、寝たきりになる可能性大→老夫婦だけの生活は無理

と判断したダンナさんが同居と、実家の建て直しを申し出、
( ̄Д ̄;)

話はトントン拍子に進み、バリアフリーの家が完成。

それまで、通勤徒歩10分だったダンナさんは、人生初の電車通勤が始まり、

某バラの包装紙の百貨店で、催事のバイトしてたワタシは仕事を辞め、専業主婦に。

そして、時は流れ、それなりに衝突も不穏な時期もあったけれど、

双方の努力と大人の対応で無事、事なきを得て、
(´∀` )
(あ、でも、離婚届用紙貰いに役所に行った事はあります ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)笑)
(原因はダンナさんじゃなくて、爺様)
(こんなジジイの居る家なんか、出てってやるーーーっ!て勢いで)
(戸籍係の人の説明聞いて、あまりのめんどくさにすぐ頭冷えたけど)
(それでも、怒りの噴火が治まる迄、ひと月、爺様と口利かなかった)

幸いにして家族の誰もが危惧していた、爺様寝たきりは未だ現実のこととはならず、
(移動は車椅子で、日がなベッドで寝てるけど)
(連れて行けばトイレで排泄出来るし)
(デイサービスにも通えてるし)
(自由に歩き回るのは出来ないけれど、全介助の寝たきりという訳じゃない)

頼みの婆様が脳梗塞で左半身麻痺になろうとは予想だにしていなかったし、

介護鬱で人格崩壊しかけたり、
抗鬱剤が合わなくて、廃人寸前になったりしたけれど、

通所介護とショートステイを利用したり、
皆様の温かいご声援を受けて、何とかここまで一人でやってこれました。
あ○o。.り○o。.が○o。.と○o。.う○o。.( ̄▽ ̄=)v-~~

「一人でやってる」って言うと、ダンナさん怒るんですけどね。
ダンナさんはダンナさんなりに、ワタシに協力しているつもりではいるらしい。
(でも、姉弟揃って、おシモ仕事は一切丸投げ)

続きます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

こんにちは~
編集
老健、って特別養護老人ホームとは違うのでしょうか。

母親の入ってる約して特養は収入に応じて入所料を払うので結構やすくあがります。でも最後まで見てくれると契約を交わしてはいますが、医療介護が必要になれば退所して病院を探さなくてはなくなりますが。
POTEさんの姑さん達よりずっと年上の我が親、老老介護は本当に精神衛生上良くないですね。
2011年06月30日(Thu) 09:27
>みかんさま
編集
特別養護老人ホーム 「特養」は正しく終の住処ですが、
介護老人保健施設 「老健」は帰宅前提の生活リハビリ施設であり、原則入所期間は最大三ヶ月ということになっております。
ただ、実際には、身寄りが無く、自立生活不可能な独居老人の方が特養に入る迄の待機拠点として入所されている場合も多いようです。
婆様の利用している老健でも、一年以上居る方もおられるし、時々他の施設に移って、また帰って来るのを繰り返している御夫婦もおられます。
本来、喜ばしい事である筈の長寿が、介護実態の深刻化によって、歓迎されざるものになっているというのは、介護される側にとってもする側にとっても、残念な事ですね。

お住まいの方は、暑さは大丈夫でしょうか。
東京下町は何処へ行っても気温湿度共に高く、夜になっても蒸し風呂みたいで辛いです。

コメント有り難うございました。
2011年06月30日(Thu) 10:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL