婆様「夏場はちょっと長目に入れればと思うんですけどねえ」

s氏「それは、ひと月とかということですか?」

婆様「そうですね、そのくらいお願いします」

s氏「…お爺ちゃんも一緒に、ですか?」

婆様「はい、お爺ちゃんも一緒に、お願いします」

s氏「そうなりますと、入所申請しなきゃなりませんので、先ず往診に来て下さってるN先生にも書類書いて頂くようになりますね」

婆様「そっち(手続き)の方は、もう私らに出来ませんから、よろしくお願いします」

s氏「では(POTEに向かって)、N先生に書いて頂く医療情報診断票の用紙を後日お持ちします。それでは私はこれで」

婆様の予想外の申し出と、想定外の進展に、ここまで唖然ボーゼン、これは白昼夢か、はたまた疲労からの幻覚幻聴ではあるまいかと、半分幽体離脱(ヲイ)してたワタクシですが、
゚~~~(゚ω゚=)~~~゚ ポケー

俄に現実に立ち返り、s氏を見送る振りして、サンダルつっかけて玄関外に出て、

POTE「何?何、あれ?さんざっぱら、ショートでさえ行くの嫌で、今朝だって文句たらたらだったのに、ここに来ていきなり入所だなんて、ワタシ初耳ですよ。どうなってるんだろ」
s氏「そうなんですか?」
POTE「後でやっぱり行くの止めるなんて、言わなきゃ良いですけどねー」
s氏「じゃあ、気が変わらないうちに、早いとこ書類揃えちゃいましょう(笑)」

よろしくお願いしますと、自転車で帰って行くs氏を見送り、家に戻ってからも、ワタクシ、婆様に改めて確認する勇気がなく、
(いや、だって、ショートと入所がゴッチャになってるかもしれないし)
(ショートは日~週単位だけど、入所は月単位で基本、最長三ヶ月)
(独居で身寄りが無い等の諸事情で、一年くらい居る方もおられます)
(利用者本人のみならず、送り出す家族も受け入れる施設も、申請やら契約やら、それ相応の準備が要る訳で)
(行くって言ったのはショートの事よ、ひと月なんか行くわけないでしょ なんてしゃらって言われるんじゃないかと怖くて)
地雷回避のように、(その後、婆様からも何も言って来なかったし)入所云々に付いては完全スルーで、三ヶ月ぶりのショートに送り出しました。

で、後日s氏から届けられた「医療情報診断票」の記入をお願いすべく、N医院に出向き、事情を説明。

N医師「入所するの?で、これ、書けば良いんだね。分かった、週明けには書いておくからそれで良い?どっち行かせるの?お爺ちゃん?」

POTE「二人ともです。一緒にですよー。一人残されたら、結局仕事増えるだけで、ワタシの負担軽減にはなりません。all or nothingですっ」

N医師「そりゃそうだなー、失礼しました」

POTE「ショートにだって文句たらたらで、出発迄漕ぎ着けるの大変だったんですから。地震以降、何回かショートのお話し頂いたんですけど、一人ずつだっていうからお断りしてたら、三ヶ月無休拘束生活になっちゃって、夜中でも明方でもトイレ介助で呼ばれるし、研修医並みのハードワークでした」

N医師「いや、きょう日の研修医は、案外ちゃんと休み貰えてんだよ、シフトもそんなキツい組み方されないしね。キツいのはね、医者になって三年目。外来に、担当入院患者に、当直はあるし、休みでも呼び出しは当たり前だし、食事もおちおちとれないし、ホント、キツいんだ。研修医じゃなくて、アナタのしてるのは三年目医師と同格だよ。大したもんだよ」
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり そ、そぉ?いや、でも、それって褒め言葉すか?

POTE「終いには、鳴ってないのに、ホームコールが鳴ったような気がして、明方3時頃起きちゃうんです」

N医師「夜、安心して眠れないのはキツいねー。折角ショート行ってもらったんだから、のんびりしなよ。他の御兄妹とか居ないんだっけ?」

POTE「お義姉様が心配して、毎週来て下さってますけど、昼間おいでになるんで、親孝行で、お婆ちゃん達はとっても喜んでますけど、ワタシの仕事が楽になる訳じゃありませんし。来ている間だけでも休めと仰って下さいますけど、人が来てるとそうそう寝てられません。結局トイレ介助にはワタシが呼ばれるんですし」

N医師「完全に休むには、一泊旅行にでも行かせてもらうしか無いなー。二日だけ看てもらえば?そしたら、アナタも楽出来るし、ホントの実態が分かるだろうから」

そーれができたら、苦労はありまっせーーーん。
( ̄∇ ̄;)


娘可愛さに、婆様は「あの子は遠慮してるんだ」と擁護してますが、

婆様が退院して来て8ヶ月、爺様がオムツになって一年。
身体清拭、トイレ介助、オムツ交換、自宅入浴、やるべき事はてんこもりなのに、義姉上は未だ一切未経験。
「遠慮」も何も無いもんだ。ヾ(`⌒´メ)ノ

介護なんて、習うより慣れろなんだから、トイレ介助もオムツ交換も出来ない人に、爺婆預けて出掛けたりしたら、
(多分、そうした方が良いんだろうけど)
帰った途端、家の中が凄いことになってて、片付けでとんでもないことになりそう。
あーやだやだ、それ思うと、自分で貼り付いていた方がよっぽどマシ。
(それに電車乗り次いで帰る人だし、服汚しでもしたら大変)

遠慮して欲しいのは、うちの冷蔵庫勝手に開けることくらいですっっっ
(親の家のもんだと思ってんだろうけど)
(親の面倒みてる弟の家です)

N先生との雑談で盛り上がりつつ、
続く


追記で拍手のお返事しております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
>21日20時nさま
実現するにはまだ問題(二人一緒はやはり難しいらしい)は幾つもありますが、今まで諦めていた最初の一歩が踏み出せただけでも善しとするべきなのでしょう。

拍手からコメント有り難うございました。
POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply