WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ お返事です

お返事です

>6/6山田あしゅらさま
問題は介護疲労のみに留まらず、嫁姑小姑問題も絡んできますので、なかなか対処に苦慮しております。
余計な雑音に惑わされず、やるべき事にだけ集中していれば良いのでしょうが、わざわざ追いすがって来てあれこれ言われるもんで、言い返さないよう我慢するだけで精一杯です(笑)
善意って、ホントに助かるなら有り難いけれど、ピント外れの余計なお世話でしかないことって、結構多いですねえ。
それでも、無碍には出来ず、儀礼的に御礼言わなきゃいけないのがまたストレスを倍増させるという悪循環。
去年から、うちの庭の花はやたら元気に咲き誇るようになりまして、もしかして雑草取ったり薬撒いたり肥料撒いたりする「ママ」の苦境を応援してくれているのかと、慰められています。

コメント有り難うございました。

>6/8昭子さま
有り難うございます。
一緒に喜んで下さって、怒って下さって、本当に嬉しいです。
ワタシだけがおかしいのだろうか?
ワタシの感情は変なのだろうか?と不安でしたが、共感して下さる人が居ると分かっただけで、励まされる思いです。
あちらでもこちらでも介護者が倒れたり、亡くなったりしておりますから、その轍を踏まないよう、てけとーに頑張ります。

コメント有り難うございました。

>6/8黒ゴマ7さま
ご心配下さって有り難うございます。
何か出来る事はと仰って頂けただけで、充分慰められ、支えられております。
それにしても、同じ言葉なのに、人によってかちんと来てしまうのは何故なんでしょうねえ(やっぱり嫌いだから?)

コメント有り難うございました。

>6/8ツンデレさま

利用している老健は、透析の病院も併設しており、今回は震災絡みで、短期間でしたが、被災地の透析患者さんを受け入れたりしたので、そういった事情もあって二人揃ってのショートはなかなか取れませんでした。
一人ずつなら…と打診を頂いた事はあるのですが、二人一緒じゃないとワタシの休養にはならない(それどころか仕事が増えるという恐怖の事態)ので辞退してたら、3ヶ月無休という有様になってしまいました。
折角夫婦揃って自宅で暮らしてるのに、二人揃ってだとショートが取れ難いというのは皮肉ですねえ。
こんなことなら、どっちか一人お姉様に押し付けて(その場合どっちがどっちを担当するのか)、一人だけ介護して、毎月ショート組み込んでもらった方が良かったかなあと、ふと思い迷ったりします。
…でも、長年連れ添った夫婦を引き裂くようなことをするのも如何なものかと。
でも、爺婆様の為だけにこの身を犠牲にして、ワタシが身体壊しては何にもならない。
早く終わらないかなー。
でもそれって、早く死んじゃえってことだよねー…
そんなことを堂々巡りに考え続けています。

コメント有り難うございました。

>6/8みかんさま
そうなんです~。
婆様は一つずつモノを提示して、どれを持って行くか、自分で決めたがるし(何だって良いじゃないですか)、
爺様は一切POTEが仕切って荷作りしてますが、こちらはこちらで着替えや生活雑貨揃えるより、薬の準備、お薬カードのコピー、排便記録、申し送りといった事務仕事が結構煩雑で大変なんです。
婆様はまだ自分で説明出来るし、自分の要望をスタッフに伝えて、老健側と相談する事も出来るけれど、爺様は自分の状態も満足に説明出来ませんから。
毎回、レポート用紙2枚びっしり記入した申し送りを入れるので、相当うるさい家族だと、スタッフから警戒されてるかもしれません。
まあ、でも、他にも手の掛かる利用者さんも居るし、忙しい職場だから、黙ってるとそれで良いんだと思って済まされちゃいますから、そんなに傍若無人な要求をしているつもりはありませんが、入歯落として割らないように、本人に取り扱いさせないでくれとか、すぐ洟を垂らすのでティッシュは一週間で一箱使い切っちゃうとか、気を付けてもらいたいポイントはきっちりお願いしてます。
ショートで休みが貰えるのは助かるけれど、この準備作業が結構大変で、吉凶半々というか、送り出す迄の繁忙さに毎回ひいひい言ってますので、ショート毎月=荷造り毎月 ええ~~、それはちょっとイヤかも…というのが正直なところです。

コメント有り難うございました。

>6/8山田あしゅらさま

ケアマネsさんは、良くして下さってますが、今回はsさん任せにしてたら、下手したら秋迄二人揃ってのショートは無いかも知れないとお先真っ暗の悲観的展望に、実はsさん飛ばして、直接老健に泣きを入れたんです。
ダンナさんからもプッシュされて、黙ってて、他所の年寄りにショート取られるくらいなら、直接掛け合ってみても良いんじゃないかと言われ、
電話したのは2(木)の午後。
前回から三月経ちました。ワタシ、もう保ちません。今月、二人一緒にショートお願い出来ないでしょうかと。
相談員のSさんも、急な話なので、調整して、お部屋が空き次第、ご連絡させて頂きますと言ってくれたけど、他の利用者さんの予定もあるし、せいぜい下旬くらいかなー、それまでどうやって凌いで行こうと考えてたら、
翌日朝一でsさんから電話が来て、「お二人でショート取れました。8(水)からですが、何日くらい希望されますか?」
POTE「もー、100年くらい入ってて欲しいですー!」
sさん「ははは…」

教訓、叩けよ、さすれば開かれん。
座して待ってるだけじゃダメだという事のようです。

コメント有り難うございました。
また、この度はリンクして頂きました事により、分不相応な上位にランキング叶い、訪問して下さる方も倍増、多くの見ず知らずの方から本当に有り難い応援と励ましを頂き、これもあしゅらさんのお陰と心より感謝致しております。
本当に有り難うございました。

>6/9いつも拝見しています さま
有り難うございます。
皆様にこんなに心配して頂き、一緒に喜んで頂き、POTEは本当に幸せ者です。

コメント有り難うございました。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

No title
編集
POTEさんの休暇(ほんとはショート)とれてよかった~。
一人の親を3人きょういだいが交代で看ているという場合もあるので、一人で2人の親のダブル介護は、大変なことと思っています。

少しでもPOTEさんの疲れが取れることが嬉しいです。
おからだ大事にしてください。
2011年06月10日(Fri) 10:14
>まさひまさま
編集
もうちょっと頑張れるかと思ったんですけど、お恥ずかしい。
普通、ショートステイは3ヶ月前からの予約で押さえる場合が多いのですが、うちがショートで利用させてもらっている老健は、キャンセル待ちで利用が決まるので、直前迄取れるかどうか不明です。
これが結構流動的なので、当てが外れたり、逆に急に入れるようになったり、予め予定しておけないのが辛いところです。
それでも、二人揃って、日にちも一週間前後、リハビリ迄させてくれるのですから、そう不満も言えません。

コメント有り難うございました。
2011年06月10日(Fri) 20:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL