在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

入歯がああああ

爺様の下の部分入歯がまた割れますた…

前回はショート先で床に落として、真っ二つ。

中に鉄線2本入れて、補強して、接着して頂いたのですが~

落とした訳でもないのに、口の中で割れたらしい。

今朝、openと同時に歯科医院にチャリで駆け込んで相談したんですけど…

どうやら、作り直しになるらすいです…

もう、補修無理ってことで。

(いや、直せば直せるらしいけれど)
(多分、今後も落としたり割れたりが頻繁にあるのであれば、予備に新しいの作っといた方が良かろうと)

この後、11時30分に、車椅子押して本人連れて行くんですけど、

型取ったり出来んのかな。

入歯作るとなれば、最短でも5~6回通わなならん。

…するってえと、ショートは当分無理?

(あああ、ワタスの最後の希望が遠のいていく~~~ 泣)




ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

コメント

なぜにそんなに壊れるんでしょうね。
たかが歯 されど歯ですもの。
噛めないと脳の働きにも影響大きいし
何よりモノが食べられない。
年寄りには歯が命。
早く直りますように。
母親は自分の入れ歯を隠すのが得意で、しょっちゅう隠して、私が探してました。良い入れ歯を持ってたのですが、予備もたくさんあって隠されると、どれが当たりかわからなくなりました(笑)
それからすぐに合わない、と言いだしてはずしてしまい、二度とすることはなくなりました。だから今は流動食のみです。
朝、着替えさせた後、洗面所連れて行って、漬け置きケースから出して、濯いで、嵌めて、朝食だって普通に食べてたのに、
午前の買物に出て、さあ、お昼の支度をと思ったら、婆様が「お爺ちゃんの歯が取れた」と。
てっきり、最後の砦の自前の歯が抜けたのか(それって末期症状?)と思ったら、差し出されたのは「歯」じゃなくて「真っ二つになった下の部分入歯でした。
入歯無くても食べられるというので普通に支度したんですが、食べ始めたらやっぱり咀嚼出来ず、急遽味噌汁にご飯を入れて即席おじやにしましたけれど、あまり食べられませんでした。
それにしても、落とした訳でもないのに、何故?と不思議でしょうがない。
しかも、ショート入れたいと思ってるこの時期に。
…まさか、行かせるなってお告げですか?
前回のショートが震災直前(帰宅した翌日が3.11でした)だったから、もうふた月も休み無しなんですけど~。
(さすがに目が窪んできました)

コメント有り難うございました。
隠すんですか?
仕舞った場所を忘れてしまうのではなく?
(それはうちの爺婆)
入歯作るのって回数通わないといけないと聞きましたが、幾つも持ってるなんて凄いですね。
今爺様が使ってる入歯はかなりの年季ものですが、保険じゃなくて自費で作ったとかで、もうちょと元気だった頃はよく自慢されました。
「あの先生は凄い偉いんだ。何たって博士なんだから」
(…今時博士号持ってる開業医なんて普通ですけどねー)

コメント有り難うございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/445-c6380b52
<< 何でも言ってと言われても | TOP | 耐震ラッチ >>