WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 一体どうなる (追記あり)

一体どうなる (追記あり)

先週、老健のぞみ(仮名)から連絡があり、爺様のショートが25日(木)~12月3日(金)取れたんですけど、

週明けに再度連絡があり、何と婆様も同時期でショートに入れることに!

お二人とも夫々の通所介護に出掛けていて留守だったので、電話を切るや、ワタクシ号泣してしまいました…
(助かった)
(苦しかった)
(これで、少しは凌げそう)

で、それで一件落着、一切合切が丸く収まったかというと、そうは問屋が卸さず、

かつて一時期完全寝たきり状態に陥っていた爺様は、その時の認定調査で要介護4(認定有効期限は来年夏)となっており、

婆様は当初要介護3だったんだけど、リハビリ成果が大いに認められ、自立度高しと判定され(泣)、要介護2。

爺様の介護サービス限度額がひと月30,000単位あるのに対し、婆様は19,480単位しかなく、介護ベッド、ベッド柵(二折れ 立ち上がり支援型)、4点ステッキのレンタルに加え、

週2回のデイケア、週1回の訪問看護で、婆様の利用出来るサービス枠の余裕は既にぎりぎり。

そこへ、POTEには天の助けのショートステイを組み入れると、どうしても限度額オーバーになる為、

ショート入所日を爺婆同日ではなく、婆様だけ一日遅くするとか、
ショート中、婆様のリハビリは無しにするとか(個別リハビリ加算を節約出来る)、
送迎を頼まず、自前で入所するとか(ワタシ免許持ってないので、その場合はタクシー利用)、
限度額オーバー分は自己負担するとか、

今朝から、ケアマネs氏と、老健のぞみ(仮名)A沢相談員が代わる代わる電話かけて来て、現在調整中。

調整中って言っても、今日もう24日なんだから、早いとこ結論出さないと、明日二人揃って送り出すのか、爺様だけなのか、婆様の処遇は一体どうなるのか、

こちらにも支度の都合があるし、婆様本人も不安がってるから、もー何でも良いから、とにかく決めて欲しいんだけどー。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝


追記

お騒がせ致しております。
結論としては、爺婆様は明日25日、同じ送迎車でショートステイ入所ということになりました。

リハビリ施設である老健の立場上、リハビリ無しのショートは有り得ないということで、実績加算(予め予定回数を決めておくが、利用者の体調、その日の気分等でお休みになる場合もあるので、実際は予定より少ないリハでした という帳尻合わせ?みたいな)という段取りになるそうです。

拍手、コメ諸々有り難うございます。
無事ショート入所に送り出して、落ち着きましたら、お返事させて頂きます。

今回のような、二人揃って(しかも婆様は希望通り個室 入所中の方で体調崩されて入院なさった方が居たらしい)のショートが今後も続くとは到底思えず、

婆様「二人揃ってじゃないなら、私はショート行きたくない」
(いや、このパターンは今回が最初で最後だと思います)
(こんな幸運、二度と無いから)
(老健はホテルじゃないんだし、どこの御家庭だって、一日でも良いから預かって欲しいと懇願なさっておられるのだから)
(そんなに世の中甘くない)

来月は年末攻勢で、婆様のことだからあっちこっちの(もー付き合いも形骸化してるような)交際関係に付け届けを指図して来るのは明らか。
(そんな金あるなら、今後の入院・入所利用料に取っておけば良いのに)
(◯◯先生(拝み屋)のお力で御守護頂いているんだから だって)
(神様がメシ作ったり、オムツ替えたり、洗濯したり、フルーツ切ったり、膏薬貼ったりしてるんですかーっ)
(葬式用の金は取ってあるって、今日び、葬式の前の方がよっぽど金かかるご時世だということがお分かりでない)
(その都度振り回されるこちらの苦労も、少しは考えて頂きたい)
(しかし、それを言っちゃあオシメエよ)
(姑とヨメじゃあ、立場も育ちも物事の優先順位も違うんだから)

で、今後のことも考え、今回のショート中に、ワタクシ心療内科を受診することにしました。
先週のように、辛くてしんどくて、向こうが死ぬか、こっちがくたばるか のような崖っぷちに追い詰められた時、薬の力で少しでも踏みとどまることが出来るのなら、専門医を受診し、処方薬出してもらった方がセーフティガードとして有効だし。

ダンナも義姉上も、私がそこまで追い詰められてるって思わないから、ズレた励ましとか気分を引き立てようと殊更賑やかに話しかけてくれるけど、正直なんもかんもうざったくて、殺意を押し殺すだけで大変です(笑)。

まー、これだけ捻くれた憎まれ口叩くことが出来るようになっただけ、幾分浮上して来れたと思うんだけど。
(先週はPCに触れる余裕すら無くしてた)
(ひたすら寝て、寝て、寝て)
(それなのにぜんっぜん疲れが取れなくて、もしかしてワタシが真っ先にお陀仏になるんじゃなかろかと本気で考えた)

とにかく、明日、無事に二人を送り出して、乳腺外科と眼科(緑内障)と心療内科の初診に行って来ねば。

二人ショートのことを義姉上に知らせたら、「良かった。POTEちゃんも少しのんびりと羽根を伸ばして」と仰って頂きましたが(真面目な良い方なんです)、遊びは二の次で、今回のショートは病院回りで終わりそうです。

Comment

とにかく良かった
編集
としか言いようがありません。
POTEさん、どうしたか、はらはら、どきどきしていたので。
明日、晴れて、ショートステイできていることを、お祈りしています。

2010年11月24日(Wed) 15:35
ほっ
編集
良かったですv-237
良き様になる事、祈ってまぁ~すv-344
2010年11月24日(Wed) 17:46
フ~
編集
書き込みがあったんで正直ホッとしてます。書きたいこと、申し上げたいことは山ほどありますが、ぎりぎり頑張っているPOTEさんを皆さんと同じく心配しておりました。

POTEさんの努力で家族全員で家で暮らすことの目的は達成したのですから、今度はPOTEさんが少しでも笑顔で生活(今は到底考えられないけど)できる努力をお二人にお願いするしかないですよね。
年をとっても多少の我慢とストレスは大切です。認知症防止の為にもお二人のショートは多少の費用はかかっても絶対必要かと思います。いいえ絶対必要。
それしか救いの道はありません。(なんだか宗教みたいだけど笑)

いつでも応援してます。

2010年11月24日(Wed) 22:54
安心しました
編集
とりあえずよかった。
精神的な疲れは肉体的疲れより時としてヘビーです。
心療内科で適切な処置は効果大かと(心理的な部分も含めて)

休めと言われてすんなりと休めない介護者ですが
どうか少しでもPOTEさんに平安訪れることを祈ります。
2010年11月25日(Thu) 10:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL