WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 洗濯機の蓋を開けたら (加筆修正済み)

洗濯機の蓋を開けたら (加筆修正済み)

そこには、高分子ポリマーにまみれた洗濯物が…
∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

午後、切羽詰まった声の爺様に呼ばれ、和室に向かうと、

ズボンとモモヒキが濡れちゃってました。
(リハパン+尿取りパッド付けてたけど、確認したら、何故かち◯ち◯が真横にずれてますた…)
(>д<)

急ぎ、新しいオムツ、ズボン、モモヒキに着替え、念の為、防水シーツも洗濯。

この日は、婆様の通所介護(デイケア)初日で、もうあと30分位で帰って来る頃だったので、脱いだものを手早く洗濯機に放り込み、スイッチON。

その中に、使用済みリハパンと尿パッドがああああ~~~。
(何故、確認しなかったんだ。ワタシ)

呆然愕然悄然としながら、洗濯槽内部と糸くずフィルターの、悪夢のようなジェルくずを掻き出し、
(リハパンと尿パッドのダブルゲル攻撃なもんだから、量が半端なかったっす…
爆(┬┬ω┬┬)涙)
塩投入、再洗濯、

洗濯槽の方は、取り敢えず綺麗に出来たけど、防水シーツとモモヒキにはジェルくずだけでなく、繊維くずも一面に貼り付き、
ベランダに出て、これでもかとバタバタとはたき、
ガムテープで地道にぺたぺた、
掃除機で吸い込み、

防水シーツとモモヒキは、かろうじてどうにか使用出来る状態に漕ぎ着けたけど、

ズボンの方は廃棄せざるを得ませんですた…
(細かい繊維くずが、表裏生地ポケット縫い目あらゆる部分にこびりつき)
(爺婆就寝後、除去に1時間近く格闘し、ついに断念)
(新しいの買って来よ)
((((_ _|||))))ドヨーン

やっぱり、疲れてるのか…



ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

タイトル
編集
いや~
洗濯機、、のタイトルに、もしや?の不安で読ませていただきました。
洗濯機の中を片付けたり、衣類などを現状近くまで回復させるための
時間と金額的な損失がかなりのようですが、
POTEさんの気持ちへの影響の方が莫大ですよ。
お義父様がわざとやっている失敗ではないだけに
なんといってよいやら
神様の気まぐれ、いたずら、ですか?
2010年10月06日(Wed) 07:59
>まさひまさま
編集
始まりは爺様のお◯っこですが、まあそれも、昼食前に尿パッド交換したワタシに責任がある事なので。

いつもなら、外したオムツとパッドは古新聞に包んで専用ゴミ箱直行なんですけど、その工程がすこーんと抜けてしまいました。

疲れてへろへろだったとか、婆様の帰宅が迫っていて気が急いていたとか、色々ありますが、結局のところ、漠然と作業してるとそう言う失敗を犯すと反省。

複数在宅介護という重責を担う以上、些細な事でも油断せず、指差し確認で処理していかないとダメですね。

コメント有り難うございました。
2010年10月06日(Wed) 20:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL