WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ つかこうへい氏 逝く

つかこうへい氏 逝く

友人、知人の皆様、つかこうへいでございます。
 思えば恥の多い人生でございました。
 先に逝くものは、後に残る人を煩(わずら)わせてはならないと思っています。
 私には信仰する宗教もありませんし、戒名も墓も作ろうとは思っておりません。
 通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます。
 しばらくしたら、娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています。
 今までの過分なる御厚意、本当にありがとうございます。

 2010年 1月1日 つかこうへい


カッコいいと思った。

一貫して、弱者の目線で作品を世に送り出し、
人間の脆弱さ、愚劣さ、残酷性を突きつけ、地にまみれながらも、その中で微かに瞬く愚直の温かさ、素晴らしさ、そこにこそ希望と未来があることを言外に知らしめ続けて来た、つか氏らしい遺言だと思った。
(決して単純なお涙頂戴な本なんかじゃない)
(行間から読み取れ と言わんばかりの)

ワタシは子供が居ませんし、年齢順に家族を見送った後(そう上手くいくかどうかはさて置いて)は、ワタシが自分の身の回りのことが出来なくなったり、死ぬ時と死んだ後は、多分甥っ子や姪っ子の誰かに厄介をかけることになります。
(直接世話してもらうのか、或は役所関係の書類のことか)
(書類関係も、相続人て何か色々大変そうなんだけど)

親でもないのに、あんまり苦労させると申し訳ないから、信頼の置ける第三者機関にでも委託契約しちゃおうかな~とか思ったりしてるんですけどね。

まー、自分の始末のこと考える前に、先ず、爺婆様を見送らないといかんのだけど、

なーんか、当分、それは無さそうですー。
( ̄∇ ̄;)お二人ともかーなーり元気になってきてますよーん



(私信)明日、御茶ノ水TI病院にて星会いされる皆様方へ

お天気がちょっと心配ですが、ワタクシの分まで楽しんでらしてくださーい。
d(゚∀゚)b !!

ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL