WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

サッカーワールドカップ開幕

開会式で印象に残ったのは、途切れることのない津波のように押し寄せるブブゼラの響きと、巨大なスカラベ(フンコロガシ)だけでした。。。

スカラベと言えば、ワタクシ的には サンダーバード スカラベ ナーガラージャ。

70年代後半に「なかよし」で連載されてた伝奇ロマン「遥かなるレムリアより」作・高階良子。
レムリアという伝説の大陸、インド神話、アメリカ神話、エジプト神話に地球空洞説まで出て来るお話でした。

すみません、分かる方殆どおられないと思います。
勉強もせんと、ひたすらマンガに没頭していた少女時代でございました。。。


話題をサッカーに戻しまして、

ドーハの悲劇も、
ジョホールバルの歓喜も、今は思い出す為だけの出来事。

オシムさんの急病で、急遽日本監督に就任した岡ちゃんも、周囲から好き勝手言われて大変だと思います。
サムライブルーの誇りに掛けて、選手の皆さんにはベストを尽くしてもらいたいものです。


ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
【 2010/06/11 (Fri) 】 日々のたわ言 | TB(0) | CM(2)
NoTitle
お久しぶりです。
ずっと読ませていただいてましたが、怒涛の展開とPOTEさんの奮闘ぶりに圧倒されていました。
すごいパワーでここまで乗り切られましたね。
私のところは、デイにいくようになり母は安定してきたのですが、どうも父が急に怒りっぽくなったようです。
老いて思うようにならない自分の体と、認知の症状を見せ始めた母の」様子にいらだっているのだと思いますが、今すぐには一緒に住めない現状で、どう取り持ったらいいのか、悩んでます。
週1くらいで様子を見にいったるんですがねぇ・・・

ところで、「遥かなるレムリアより」、知ってま~す。
単行本持ってました。
こういうの、大好きなんですよ。
今は実家の物置のダンボールのどれかにはいってるんじゃないかな・・・たぶん・・・

サッカーはいまいち夢中にはなれないんですが、普通に応援してます。
期待度№1は本田でしょうか。
頑張ってほしいものですね。
【 2010/06/11 】 [ 編集 ]
>しーさま
お久しぶりです~。
無我夢中でやって来ましたが、疲労の蓄積が限界値を超えたようです。
寝込むほどではないのですが、喉の痛みから咳、痰、鼻と不調箇所が移動してます。今は鼻詰まって苦しいでふ。
寝て、食べるだけで、治る若さはもう無いようです(笑)。

そういえばうちの婆様も、いやに怒りっぽくなったなーと思った時がありました。
後から考えれば、あの時のアレが予兆だったのかと分かりますけれど、その最中はなかなか難しいですからね。
そういう親御さんの不調に振り回されるのも、子供の務めなのかもしれませんが。
毎週通うのも大変ですから、どうか無理なさいませんように。

「レムリア」を御存知とは、驚きました。
掲載誌「なかよし」は「キャンディキャンディ」のような、ローティーン向けの清く正しい少女マンガ雑誌でしたが、高階良子さんの作品は今だったら絶対レディコミしかありえないというくらい、血はしぶくわ、手足はちぎれるわ、おどろおどろしい残酷シーンのオンパレードで、でもそこが結構好きでした。

コメント有り難うございました。
【 2010/06/12 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・91才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード