WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 暑かった

暑かった

楽しかった連休も今日でおしまい、明日からはまた日常が始まるという今宵、
皆様は如何お過ごしか。

連日の好天続きに、行楽地に出掛けもせず、
介護ベッド配置の寸法取り、
飾り物戸棚の移動、
(夫婦茶碗やら切り子のペアグラス、こけし人形やら信用組合から贈られた七福神の金杯やらがぎっしり)
(爺婆様の人生をかいま見るような品々)
色んな引き出しを開ける度に出て来る、爺様のデイサービスレクレーションで制作した手芸、書道、カレンダー、
会葬礼状(最近のじゃなくてかなり古いもの 7年前に亡くなったうちの実父の会葬礼状まで出て来た時は、流石に噴きました)(つか、すぐには捨てられないかもしれないけれど、1年経ったら捨てよーよ)、
料理レシピの切り抜き(新聞記事の他、料理番組見ながらメモったらしい判読不明な文言の羅列、何しろ紙がもー黄ばんじゃって)、
頂き物の夫婦箸(1膳や2膳じゃなかった 全部で20膳以上て うち4人家族なんですけど)、
端切れ(用途不明)、
巾着袋(用途不明 頂き物?)等々山のような処分品の発掘、

ニ◯リで衣装ケースを購入し、押し入れ収納の整備。
(収納が足りない足りないと、しょっちゅう文句言われてたけど)
(収納が じゃなくて、単純にモノが多過ぎなのと、収納方法にかなり問題が)
(書類保管は優秀な婆様だったけど、衣料品の整理整頓は苦手らしい)
(有り得ないほど無駄な使い方してたことが判明)
(靴下がそこいら中から出て来るとか、黒のスラックスが5箇所から出て来るとか)
(これ、どーゆー法則なんすか?)
(適当その場凌ぎ分散収納としか思えん)
(だから、服一枚捜すのに、いつもあれだけ大騒ぎして掻き回してたのかー)
(用途別にしましょ-!)

そんなこんなで、爺様退院受け入れ態勢整備に勤しんだ5日間ですた…

あ、でも、ランチ外出に上野行ったり、浅草行ったり、銀座出掛けたり、近所のステーキ屋とか回転寿司にも行きました。
(きっと、爺婆様が帰って来たら、もう当分夫婦二人でランチ外出することも出来ないだろーなー)
(寝たきりと半マヒ置いて、出掛ける訳にもいかんしね)

明日は区の介護保健課に、婆様の装具医療費払い戻し申請に行って、
その後、爺様の病院で、ソーシャルワーカーとケアマネと三者面談、
午後には爺様のベッドが搬入、
で、夕方再度爺様の病院に行き、食事介助(入歯洗浄と目薬点眼)。

ただ、婆様の夜間のオムツのストックが残り少なくなっており、
(昼間は普通の綿パンツに尿取りパッドあてて、トイレで用足し出来るんですけど)
(夜間はテープ式オムツに夜用尿取りパッド2枚あててるので、そちらが残り僅少)

介護用オムツって結構ドでかパッケージなので、重くはないんだけど、かさばっちゃって持ち運ぶの大変。
ワタシ、車運転出来ないもんで、スポーツバックに詰めて持って行くか、自転車の荷台に括り付けて走っていくかなんすけど。

予定ビッチリの明日、果たして婆様の病院に行けるのか(明日オムツと尿パッドの補充が出来れば明後日は休める)、
それとも無理せず、婆様の病院行きは明後日にするべきか(今すぐオムツがなくなる訳じゃない 一週間くらいはストックがある ただ、週明け火曜に爺様が退院してからは、そうそう今までのようなペースで婆様の病院へは行けなくなると思われ)
(入院前は一人でトイレも行けたから、鍵かけて留守番してもらえたけれど)
(寝たきり爺さん置いて、何時間も出掛けるのもねー)
(やっぱり、身体が二つ欲しい)

さーて、どうしよっかなー。



ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

いやいや
編集
美しい夕焼けにたそがれたり
芽が20センチに伸びたじゃが芋にびっくりしてる
ワタシはまだ甘い甘い。
POTEさんには頭が下がります。

どうか、気をつけてv-222
2010年05月06日(Thu) 08:15
NoTitle
編集
こんばんは。
POTEさんみたいな方は身体が二つあったらまたそれなりに動いちゃうんですよ><
8つぐらいあったら一体ぐらいはのんびりできるかも?^^

本当に次から次へとありますよね・・・。
お身体気を付けてください。
2010年05月06日(Thu) 23:57
>山田あしゅらさま
編集
誰もが人生の重荷を背負い、人のを見て、あの人の荷は軽そうで羨ましいとか、この人は重そうでなんて気の毒なとか思っていても、自分の背中にのしかかるモノを見て、きっと周囲も同じように、羨ましがったり気の毒がったりしてると思うのですよ。
形状は違っても、負わなければならないモノの重さは平等なのでしょう。
因みに、ワタクシ、冷蔵庫でキュウリ溶かすの得意です(ダンナに見つかる前に速攻処分!)。

コメント有り難うございました。
2010年05月11日(Tue) 20:03
>cocoっくさま
編集
う…鋭い。
やっぱり、細胞分裂すれば楽になるかと思ったら、その分課題も一緒に倍加するんですかね。
楽したいと思う、心の弛みを戒めるほうが先決かもしれません。
それにしても、どうにか状況に適応出来たかと思うと、すぐさま新展開がやって来ます。
誰か、ワタシを試してるのかー?

コメント有り難うございました。
2010年05月11日(Tue) 20:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL