で、歯医者の予約の電話して、

金曜日のデイサービスからの帰宅が4時30分なので、5時30分に入れて貰うことに成功。

爺様が送られて来て、今日予約取れたから、30分くらい休憩したら歯医者に行きますと予定確認し、スーパーにひとっ走りして夕飯の買物。

一刻も早く買物すませて帰りたいのに、そうゆう時に限って、開いてるレジが1つしかない。

ホントは2つ開いてたんだけど、1つのレジ担当者がビール箱買いするお客さんの注文で奥に引っ込んでしまい、唯一のレジに客が蛇腹のように並んじゃってエラいことに。

ビールの箱を抱えてレジのお兄さんがぜいぜい言いながら掛け戻って来ると、ようやく他のレジスタッフもどこからともなく現れ、都合4台のレジが開いたので、それからは割とスムーズに会計出来たけど、

夕方5時に、1台しかレジ稼働してないって、まずいだろ。

気ぜわしく会計を済ませ、自宅へ飛んで帰り、「はい、お待たせ、お爺ちゃん、それじゃ行きましょう」と和室の引き戸を開けると、

口開けて寝てますた。

「そろそろ支度して下さいー」と揺り起こし、洗面台に連れて行って、歯磨きして、帽子に、手袋、上着着せようとすると、

「そんなに着なくていいよ。暑くてかなわない」

爺様、外は寒いんですよ。デイサービスの送迎バスはドアトゥドアで、寒さ実感しないでいいけれど、

冷たい風が吹く中、車椅子で行くんですから、途中で寒くなっても、上着取りに来られませんよ と強引に着させ、出発。

案の定、ものの数分で寒風に晒され、「寒いなあ」を連発される。

言わんこっちゃない。早いとこ、歯医者の建物に入りましょうねとスピードアップ。

歯医者に着くと、すぐに治療台の方に呼んで頂き、何だかんだと自分で不都合を訴え、歯科医の先生は辛抱強く応対して下さり、入れ歯調整が完了したのは午後6時半過ぎ。

最後の患者だったので、会計済ませ車椅子に乗せようとすると、中から技工士さんが出て来て介助を手伝ってくれたんだけど、

日もとっぷり暮れて、外は暗いわ、足元はよく見えないわ、デイサービスから引き続きの受診になったので、爺様体力限界か、足が全く動かず、

「もうちょっと、ほら頑張って、ここ掴まって、そのまま腰下ろして」
「危ない、押すなよ」
「押してませんよ、支えてるんですよ」(# ̄  ̄)と、もー大騒ぎ。

どうにかこうにか車椅子に押し込め、さあ帰りましょう、お世話様でしたーと帰路につく。

その日の夕飯は7時(普段は6時半)。

流石に疲れたわーと思いながら、配膳してたら、

爺様「POTEちゃん、今日は済まなかった。買物行ったり、歯医者に連れて行ったり、アンタには世話かけるばかりで申し訳ない」

とか言い出して、「これ少ないけど、取っておきなさい」

と、差し出してくれたのは、50円硬貨1枚。( ̄Д ̄;;

…それ、さっき歯医者の会計950円に千円出したお釣りですよね。
つか、50円って…(いらねーよ!)( ̄皿 ̄;

仕舞っておきなさいと丁重にお断りしました。( ̄_ ̄ i)

そんなこんなで、土曜日はなんかぐったりで、病院は義姉上にお願いして、午後は爆睡してました。

夕方、夕刊取り出したら区の介護保険課からの通知が。

婆様の要介護認定通知だとピンと来たので、急ぎ封を切って中を改める。

そこに書いてあったのは!(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

続く(気を持たせてゴメン)
POTE
Posted byPOTE

Comments 2

There are no comments yet.
まさひま  

どうなるか心配でしたが、良い歯医者さんでほっとし「すまなかった、申し訳ない」で「えらい!」と思ったのに、、「50円」POPTEさんのご苦労がしのばれます。
入れ歯の出し入れ、リアル描写に、私年取って判断が鈍ってきたらやりそうで、実はどきどきしながら読ませていただきました。
だから、文頭の展開、ほっとしたのですが「50円とっといて」は、ばあちゃんになった私、やりそうで心配の種、増えました。

2010/03/22 (Mon) 14:17 | EDIT | REPLY |   
POTE  

>まさひまさま

歯医者さんの誠意には頭が下がります。
医療費1割負担の、面倒くさいだけの年寄りなんて、有り難くもない患者ですからねー。

50円玉お駄賃を丁重にご辞退申し上げたら、その後、無事カエルの小さい人形をくれました。

でも、その人形が爺様の財布に入ってたものであることをPOTEは知っています。
(要らないからって、人にあげないで)

コメント有り難うございました。

2010/03/22 (Mon) 21:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply