WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)


嫁はタダ(ではない)

  1. 2010/03/12(金) 21:10:00_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
POTEちゃんに頼めば、何でもやってくれる。

そう言われることは、嫁としての栄えある地位確立であり、政権奪取の実現であり、絶大なる信頼をかちえた、喜ばしい事態である筈なのですが、

その一方で、何か便利屋扱いされてるような気もしたりして、ちょっと複雑。(-"-;A

               ◇

千葉在住の義姉上は、週二回、ワタクシめを休ませて下さり(でも、病院付き添いが休みになるだけで、自宅にいれば居たで爺様の介助があるので、あまり休んだことにはなりまへん。あああ~、完全休養したい~)、

片道1時間半かけて病院に行って下さるので、

婆様が凄く心配して、交通費を出してやりたい、自分の年金が振り込まれる口座から少しまとまった金額のお金を下ろして持って来て欲しいと言う。( ̄ー ̄;

息子であるうちのダンナにも、休みの度に車出して爺様を病院に連れて来てくれるので、ガソリン代くらい出してやりたいと宣われ。( ̄∇ ̄;)

母親って有り難いもんだなーと思うんだけど、

すいません、そこで話は終わり、嫁にも何ぞ…という展開にはならない訳です。フー ( ̄‥ ̄) = =3

ワタシも、朝飯の支度に掃除洗濯、爺様のリハパン交換、目薬点眼、飲み薬用意、昼食が終わると、チャリですっ飛んでって病院に駆け込んで、洗濯物回収、リハビリ立ち会い、療法士の先生と意見交換、リハビリ室から病室への付き添い、飲み物用意、ハンドクリーム擦り込み、車椅子からベッドへの移乗介助、再びチャリですっ飛んで帰宅して、夕飯の支度、爺様の目薬、歯磨きと、まさしくお早うからお休みまで影のように寄り添う、自由時間皆無の完全在宅介護状態ですよ。

病院の看護師さん達は皆優しくて、朗らかで、丁寧で、一生懸命婆様のお世話して下さるそうですが、

いや、ワタシも三交代で給料が出るなら、もちっと愛想良く仕事出来ますけどね。(ノ_-;)ハア…

               ◇

ぬあんて、せこいこと考えて悶々としてましたら、

婆様のお友達の方で、お見舞いに来て下さる筈が、ご本人が自宅ベッドから落ちて、見舞いどころか自由に動けなくなってしまったのですけれど、

何回かお電話でお話しし、婆様の見舞いより先ずはお身お大事になさって下さいと申し上げましたら、

その方から婆様宛てお見舞金が郵送されて来まして、現金書留の封筒から、お見舞い袋の他に新渡戸稲造せんせーが一枚ぺろっと入ってまして、何じゃこれ?と思いましたら、

「POTEさんへ」と添え書きメモが貼ってありました。m(;∇;)m 夢かはたまた幻か?

ワタクシ、今回の件で、ワタクシ個人にお駄賃頂いたのはこれが初めてでございます。

いやー、ご褒美って嬉しいもんですねえ。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ

でも、自由時間ないから、折角のお小遣い使う暇がありません。

何か最近、動いてるか寝てるかのどっちかしかなくて、止まってぼーっとしてると、すぐ意識が遠のいて気絶するように寝ております。
(でも、和室で物音がすると、びくっとして飛び起きます)

               ◇

ところで、婆様の自宅外泊、退院後の生活は、以前は銷沈しているのを鼓舞する方便でしたが、ここに来て大分現実性を帯びて来たので、婆様にもデイサービスに行ってもらって、出来たら日曜外出してくれたら、息子夫婦としてはかなり助かるんだけどと婆様にちょっと話してみたら、

週二回くらいならデイサービス利用しても構わない。
但し、条件がひとつだけある。
お爺ちゃんと同じ施設は絶対いや。ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハア?

夫婦でデイサービス利用して、お爺ちゃんのKY行動にハラハラしたり、恥ずかしい思いするのはもうたくさんだし、POTE村さんの奥さんは半マヒなの、可哀想にと思われるのはもっと我慢がならないのだそうで。

同じ送迎車で出掛けてくれると助かるんだけどなー。(ノ_-;)ハア…

婆様の気持ちも理解出来るけど、そうすると一日に二箇所の送迎支度をしなくちゃならないPOTEの負担はやっぱり倍増。

実際にデイサービス利用出来るようになるのはもっとずっと先の話だし、その時誰がどうなってるかわからないけれど、あれこれ考えてたら何だかどっと疲れますた…((((_ _|||))))ドヨーン
2010_03_12  [ 編集 ]

<<恥を知ろう | BLOG TOP | 私にはスタートだったの>>

comment

  1. 2010/03/13(土) 11:16:06 |
  2. URL |
  3. まさひま
  4. [ 編集 ]
POTEさま、毎日お疲れ様です。

お婆様のお友達から、それとなく「嫁のおかげ」を耳元ささやいてくれるなんて、だめでしょうか。
嫁、主婦の仕事、外注した場合、結構な金額になるはずですよ。
在宅介護、主婦業、いやではないけれど、やって当たり前や、評価が伴わないのは、やる気がそがれます。
家庭の仕事が、普通に賃金労働と同等な価値と認めるられる日は来ないのでしょうか。

  1. 2010/03/13(土) 12:13:50 |
  2. URL |
  3. 山田あしゅら
  4. [ 編集 ]
「ブルータスよお前もかっ」ってな感じですね。
(意味違うけど)
介護されるおヨメさまはほとんど同様の思いをお持ちではなかと。
でも、「ありがとうね。」と一言言われると
ついホイホイ動いてしまう。
安いもんですわ。

きっとそのうちいいことあるさ~。
POTEさんはいいことあったのね。

でもなあ、自分の物を買いに行く時間もないではね。
実は私も、先の誕生日に義父から手紙と一緒にもらった商品券
箱に入ったままです。

お義母様、
デイサービスに行ってくださって
POTEさんに少しでも自由な時間ができますように。

  1. 2010/03/13(土) 20:31:25 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
>まさひまさま

そんじょそこらのヘルパーさんや看護助手さんより良い働き手と言う自負はあるんですけどね。

あちらは有資格、こちらは無資格。

仕事は同等でも、賃金評価は天と地ほど違う。

さもしいこと言っちゃイカンと思うのですが、時々どうしようもなく虚しくなります。

コメント有り難うございました。

  1. 2010/03/13(土) 20:41:41 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
>山田あしゅらさま

何も言われないと「ありがとう」ぐらい言えよ。
言われると「それで終わり?」
お小遣いもらうと「こんなもん?」

不満を言い出すと際限ないので、極力自分を戒め、理性的であろうと心掛けているのですが、実際はなかなか。

デイサービス利用も、最善なのか、自信がなくなって来ました。

爺様も婆様も体力低下は顕著だし、杖もつかず一人でピンシャン歩き回れる人ならともかく、移動の度に介助が必要な年寄りを外出させるのは、単なる嫁の我がままのような気もして…

でも、ワタシも休みは死守したいー。

まあ、食事宅配や訪問ヘルパーと言う手もあるし、色々考えて行きたいです。

コメント有り難うございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード