WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

s心苑からの電話

6日(金)
通所介護サービスでお世話になってるs心苑のn大路さんからお電話を頂く。

その前日、月も変わったことだし、ずっとお休みのままの通所介護、デイホームyりの木さんとs心苑さん宛に、少しずつ元気になっていますという近況報告(あんまり音信不通だと死んだんじゃないかと思われそうだし)のお手紙を差し上げたので、それを受けて早速お電話して下さったのだ。

n「大変でしたねえ、でも、お元気になられたようでホントに良かったです。
s心苑の利用者さんの中にはおむつの方もいらっしゃいますし、通所介護の他、ショートステイ(短期入所生活介護)でお受けすることも可能です、ヘルパーさんがちゃんとお世話しますので、t雄さん(爺様)と御家族さえ良ければ、うちのほうはいつでもご利用をお待ちしてますから」

p「有り難うございます!(五体倒置の勢いで)
自宅に帰って来て、お爺ちゃんもやっぱり安心したのか、随分表情も良くなって来たんですけど、その分、家族は色々大変になってきてるもんですから、キツい言い方もしてしまいますし、お爺ちゃんも病院の看護婦には遠慮してたものが、家族相手だと甘えもあるから、あれしろこれしろと指図して、自分では動こうとしませんしね」

n「御家族は大変ですよね。それでも、こちらでお預かりする時間が出来れば、少しでも休めるし、御家族だけじゃなくt雄さん本人も気分転換が出来ると思います」

p「うちでカラオケ歌ってても、お婆ちゃんも私も毎度のことなんで、適当にあしらってますけど、s心苑さんで他の利用者さんや職員の方に褒めてもらって、持ち上げて頂ければ、それだけでもうご満悦でしょうから。
皆さんと一緒なら、体操もしますでしょうし、送迎バスから眺める季節の移り変わりも感じてもらえればと思ってます。
ただ、以前よりはかなり元気になったとはいえ、まだ起きている時間より寝ている時間の方が長いくらいですから、もう少し上体を起こしたままで過ごせるだけの体力が戻らないと、ちょっと難しいかなという気がします」

n「確かにまだ寒いですから、無理してお風邪でも引いたらいけませんね」

p「3月か4月か、桜の頃あたりなら、もっと体力も付いてるでしょうし、桜を見たいという気持ちも持ってくれるんじゃないかと思います」

n「そうですね。急ぐ必要はありませんから。でも、s心苑はいつでもt雄さんの参加をお待ちしてますから。元気になって、また参加して下さるようt雄さんによろしくお伝え下さい」

p「有り難うございます。申し伝えます」

お爺ちゃん、s心苑のn大路さんがお電話して下さったよ。
「t雄さんの復活をずっと待ってますから」って、元気になって、もうちょっと暖かくなったら、また行けるように頑張ろうね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード