東名バス事故

DCAHTlcVYAASYwC.png
東名バス事故は運が良かっただけで避けようが無いと言われているが、東神観光が安い中古バスではなく新型で安全性の高い いすゞガーラを運用していたことは評価に値することだと思う。
軽井沢スキーバス事故では古いバスの天井が潰れて大勢の死者が出た。
安全性の高いバスは偶然できたものじゃない。
いすゞガーラのフレームってそこまで強靭なんですね。

バス会社の社長が取材に応対している映像で、右目が結膜下出血(白目が出血して真っ赤)してた。
失礼ながら決して大企業というわけでもないようだし、事故の一報を聞いて、血圧が上がったり下がったりして大変だったのだろう。
(万一、バス側に過失でもあった日にゃあ賠償で会社清算だもの)

勿論、バス運転士さんの咄嗟の左寄せとバスコントロールも大いに被害減少に功を奏したわけなんですが、入院中のバス運転士さんの取材VTR、顔中切り傷だらけで、どれだけガラス破片浴びちゃったんだろうとゆー。

うちのじゃっくさんも校外学習や修学旅行で普段から観光バス同乗するので、正直他人事とは思えません。
普通に走行車線走ってたのに、中央分離帯超えて対向車両が横っ跳びに飛んで来るなんてねえ。


乗用車運転手の方が死亡されたのはお気の毒ですけれど、観光バスの乗客乗員が怪我だけで済んで不幸中の幸いだったと思います。
事故に遭われた皆様の1日も早い回復をお祈りします。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback