WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

そして今朝は

  1. 2017/05/11(木)
明け方AM5:00過ぎに、高らかに鳴り響く「お爺さんの時計」。

婆さまコールに飛び起き、階下に駆け下りると、

和室は無人、トイレ入り口に室内用車椅子と、

トイレ床に落ちてる婆さま 発見。
∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!


トイレを済ませ、和室に戻ろうとして車椅子に移乗し損ない、ずりずりずり〜とゆっくり落ちたようで、

どったーん!というような転落ではなかったらしい。


とはいえ、

現在婆さまの体重、ワタシの体重プラス9キロ。

簡単には抱き上げられない為、
(ワタシの腰が死にます)

トイレ内部の横手すりに両手を掴ませ、後ろから腰を持ち上げ、
(パジャマズボンも半ケツで掴み難かった 汗)

何とか、一度便座に座らせ、その後車椅子に移り、無事和室へ。ε-(;ーωーA フゥ…


動作と介助自体はそれほど難儀なものじゃなかったんですが、

最初、「じゃっくちゃんは?」とか「痛くてダメ」とかなかなか指示に従ってくれなかったのが大変だった。
じゃっくなんか図体がでかいだけで、トイレ内のような狭小空間じゃ介助のコツもわかっちゃいないのに

何とか手摺りさえしっかり掴んでくれれば、ワタシ一人で立ち上げられますって



今朝はじゃっくさん、早出で7時前に出勤していきました。

そして今日は眼科受診したい。
今日行っておけば、次回7、8月は薬だけ貰えるし。
ネックはいつ28℃の最高気温に上昇するか。
9:00にチャリで走って診察券先に出して、改めて車椅子で行く段取りだからなー。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
  • 日々のたわ言 / コメント:4

  • <<希望的観測 | BLOG TOP | 酷い娘の自覚有り>>

    comment

    1. 2017/05/11(木) 07:47:40 |
    2. URL |
    3. ツンデレ
    4. [ 編集 ]
    怪我がなくて何より、それに真冬の寒い時期でもなくて幸いでした
    自力で動き回れると介助はらくなのか、それともかえって迷惑行動なのか
    何度も私も思いました(危ないから勝手にベッドから降りるなって言っても聞かなかった義父)
    息子や娘に迷惑掛けたらいけない
    でも優しく気遣って欲しい

    そんな風に考えるなら嫁に負担掛けてるって自覚をもってくれと何度思ったか

    今日は暑くなるそうですがそろそろ梅雨にも入るそうです介護には怠い時期ですし自転車で駆け回れるのもあやしい季節
    御自愛ください(いや本当にこれしか言えなくてすみません)

    お疲れさまです

    1. 2017/05/11(木) 10:08:53 |
    2. URL |
    3. ドロップキック
    4. [ 編集 ]
    あっちからもこっちからもヘルプコールされ、これじゃあ気が休まる時がありませんね
    POTEさんだって生身の体なのに
    体調はいかがですか
    少しでもご自分の時間を確保して休養してください

    >ツンデレさま

    1. 2017/06/06(火) 07:41:05 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    油断するとたまにありますね。
    半マヒの超高齢者ですから、大きな怪我にならなくて本当に良かったです。

    コメントありがとうございました。

    >ドロップキックさま

    1. 2017/06/06(火) 07:42:32 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    優しいお見舞いありがとうございます。
    ワタシが生身の人間だと思ってくださるのはここに来てくださる人たちくらいです。

    コメントありがとうございました。

     管理者にだけ表示を許可する
     


    trackback