WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 そこに自分の発病・実母との関わりという新たな局面が 荒野に俺は一人だけ(笑)
TOP日々のたわ言 ≫ パンドラの箱の底に残ったもの

パンドラの箱の底に残ったもの

人を見れば泥棒と思い、

誰も信用せず、

チャイムが鳴れば、迎撃用のカッターや工具類を後ろポケットに入れてからドアを開けるとゆー、疑心暗鬼の塊のオニヨメですが、
(昼はあまりやりませんが、夜遅いとやっぱり警戒します)
(より怪しい場合はチェーン必須)


子供を守る立場の人間が幼い命を奪い、

リフォーム業者が契約上のトラブルで顧客を刺殺し、床下収納に放置するという、

一体誰を信じればいいのかと暗澹たる思いになる一方で、

踏切に入った77才を助けようとして、間に合わず巻き込まれ命を落とした52才の地元銀行員のような方もおられ、

美談ではあるけれど、ご家族は複雑というか、他人を助けるよりも夫であり父である人に生きていて欲しかっただろうとも思うわけで複雑なのですが、

いずれのご家族にとっても大変辛く悲しい出来事に変わりはなく、

衷心よりお悔やみ申し上げるしかできないのだけれど、

こんな世の中だからこそ、

人は人と結び合い、支え合い、繋がり、相学び合うことができる希望だけは持ち続けていたいと思うのです。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL