WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

戸は立てられぬ

  1. 2017/04/08(土)

大人だね。
つか達観してるよね。
ワタシなら、穴掘って七日七晩呪詛してんだろーなー。
二枚舌ー!嘘つきー!裏切り者ー!!とかさー(笑)。

でも、ま、聞こえないところで言われる分には、それはそれで言う側にも理由があるだろうし。
この場合、微妙なのは「ご注進」役の友人Bかも。
Bの真意がどうなのかで話の展開も違ってきそうだし。


人に裏切られたことなどない。
自分が誤解していただけなのだ。 高倉健






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
  • 日々のたわ言 / コメント:4

  • <<寒いので | BLOG TOP | それでも日常は滞りなく>>

    comment

    1. 2017/04/08(土) 11:47:35 |
    2. URL |
    3. ツンデレ
    4. [ 編集 ]
    あー、何だかBも判る気がする

    王様の耳はロバの耳かもしれないけれど裏で悪口を言ってるのに表面上は上手く付き合ってる
    悪口を言われてるのに大丈夫なのだろうかと告口してしまうB
    まぁ知らなければ知らない方が気は楽です
    知ったら知ったで気は病む
    どっかの芸能人じゃ無いけど
    浮気するなら絶対バレ無いようにって
    真理ですよね
    知らない方が人間幸せだから
    て事はやっぱりBはダメなんだ
    うーんこれ難しいっす

    人の間と書いて人間

    1. 2017/04/08(土) 15:36:38 |
    2. URL |
    3. 山田あしゅら
    4. [ 編集 ]
    ご無沙汰しまくり
    あいすみませぬ。

    引きこもり
    世間隔絶の介護者もそれなりに
    悩ましい関係の一つや二つはあるものです。

    世間の荒波にもまれる一般人ならなおさらのこと。

    結局日々被るストレスのほとんどは
    他人(身内含む)がらみなんですよね。
    でも、その関わりを断ち切ることは出来ない。
    因果なものです。

    より複雑化した現代では
    とりあえずスルー技術を磨くのが
    一番の防御策かも知れません。

    んでも
    難しいんだなや。これがなかなか。

    >ツンデレさま

    1. 2017/04/23(日) 20:57:39 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    良かれと思って伝えることもあるでしょうし、良かれと思って口を閉ざすこともあるでしょう。
    いずれも結果次第でその行為は讃えられる場合も蔑まされる場合もある。
    歴史は常に勝者によって語られるものだから。
    そして、人は変わる。心も変わる。
    交わることもあれば遠ざかることもある。
    そのくらいに考えていた方がいいかもしれません。

    コメントありがとうございました。

    >山田あしゅらさま

    1. 2017/04/23(日) 20:58:17 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    「因果はめぐる糸車、明日はわからぬ風車、臼で粉引く水車、我が家の家計は火の車、車は急には止まれない、すべて世の中堂々巡り」(新八犬伝)
    人は結ばれ、別れ、再び出会い、永遠に去る。
    新に得る縁、捨てることを余儀なくされる繋がり。
    人は一人では生きられなくもあり、一人でのみ生きるものでもあり。

    コメントありがとうございました。

     管理者にだけ表示を許可する
     


    trackback